fc2ブログ

ヘルゲ・エンゲルケが死去

4月28日に、FAIR WARININGおよびDREAMTIDEのギタリストとして知られるヘルゲ・エンゲルケが亡くなったというニュースが飛び込んできました。

これまでヘルゲ・エンゲルケが何歳なのか考えたこともありませんでしたが、61歳だったそうで、まだあまりにも早すぎる死でした。昨年DREAMTIDEのニュー・アルバムもリリースしていただけに、まだまだ元気なのだと思っており、完全に不意打ちを食らった気分です。

なんでも、2日前に発見されたばかりの結腸腫瘍の合併症で病院で亡くなったとのことですが、そんな急な話もあるものなんですね…。

やはりミュージシャンというのは健康診断とか人間ドックのようなものは受けないのか、と思ってちょっと調べたら、ドイツではミュージシャンに限らず定期的に健診を受けるという意識が一般的ではない(病院というのは悪くなってからかかればいい、という考えが一般的)そうなので、恐らくヘルゲもその例にもれなかったということなのでしょう。

私のように90年代にメロディアスなHR/HMを好んでいた人であればFAIR WARNINGは避けて通れない存在で、本国ドイツですら全く無名にもかかわらず、日本ではデビュー・アルバム発表年に『BURRN!』誌の年間投票でブライテスト・ホープに輝き、セカンドは当時13万枚、サードは14万枚を売り上げる大ヒットを記録しました。

単に曲が良いだけ、演奏や歌が上手いだけのバンドとは一線を画す「特別な何か」を感じることができた数少ないバンドで、私も当時非常に愛聴しており、デビュー作からサードまでの3作は当サイトの年間ベストでも上位に選出しています。

正直、再結成後のアルバムにはかつてのような「熱さ」が感じられず、今一つのめりこめませんでしたが、それでもやはり彼らは私にとって特別なバンドであることは間違いなく、ヘルゲはその重要なピースのひとつでした。

いや、実際に素晴らしいギタリストで、セカンドまで使っていたスカイギター、その後オリジナルで開発したハイフレットのギターを駆使した「天空フレーズ」の数々には何度も胸を熱くさせられました。

どんなに素晴らしいものを作っても正当な評価を受けるとは限らない、という「世の中は不条理である」という真理を教えてくれたのがFAIR WARNINGというバンドでした。

何しろYouTubeでオフィシャルにMVを観ることさえできないのですから…(正直、彼らのMVは彼らの音楽に不釣り合いなチープな仕上がりで、わざわざ観る価値は薄いというのも事実ですが…)。









関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

本気かっ!(◎_◎;)

ギタリストとしてはもちろんソングライターとしても優れており、マルセル・ヤコブ、ジーノ・ロート、アンドレ・マトスらが亡くなった時と同様の悲しみを憶えています。

すべてのメロハーファンへ

悲しいニュースですね・・・
80-90年代に活躍していたミュージシャン達とのお別れは、悲しいものがあります。
これからもこのようなニュースが増えるのでしょうね。

もし、 FAIR WARINING を未聴の方がいらしたら、
1st~4th までは、ぜひとも聞いてみてほしいですね。どれも名盤なので。

私もGWは FAIR WARNING に浸りたいと思います・・・

ウリ・ジョン・ロートが好きな自分は、当然その影響を強く受けたヘルゲの演奏も大好きでした…。
今は天国でジーノやアンディとセッションしているかもですね。

RIP

私も再結成後は離れてしまいましたが
4枚目まではポップさとハードさがバランス良く
北米ならまだしもヨーロッパでさえ泣かず飛ばずだったのが
全く信じられないくらい素晴らしいアルバムでした

優秀なビジネスマンの力だけでビッグな
中身の伴ってない大物が多い(殆ど)中で
彼らは純粋に音楽の素晴らしさで評価できました

ご冥福をお祈りします

唯一無二のFAIR WANING節。

驚いたのと、ただただ残念でなりません…。
adoreさんの仰るとおり、私も彼等には他のバンドとは違う「特別な何か」を感じ「天空フレーズ」には何度聴いてもシビれていました。

そして皆さんも仰るとおり1st〜4thは本当に素晴らしい名盤で、今でも時々聴いたりしてました。再結成後のアルバムには、確かにかつてのようなまでの「熱さ」は感じられ無い部分もありましたが、それでも、だいたい"1曲目"だけは(笑)必ずと言って良い程ヤラれて胸を熱くさせられてました。(絶対1曲目だけはキメてくれる笑)
そんな独特のキャッチーで哀愁漂う泣きのメロディー…唯一無二の大好きな「FAIR WANING節」とへルゲの「天空フレーズ」は最高です…いつまでも。

RIP…へルゲ・エンゲルケ。

突然の訃報にとても驚きました。FAIR WARININGの哀愁がありつつポジティブなメロディには落ち込んだときに励まされました。FAIR WARININGにしかできない素敵な音楽をありがとうとヘルゲに伝えたいです。どうか安らかに。

RIP

ああ…これは本当に驚きました。悲しい。フェアワーニングは韓国でも3,4集アルバムがゴールドを記録するほど人気が​​あったバンドでした。 (当時韓国のゴールド基準は1~2万枚以上と知っています。) SAVE MEと同じ場合は韓国でサッカー選手のパク・チソンが出てくるビールCF挿入曲でかなり有名でした。私もドリームタイトの1,2集アルバムは本当に好きなアルバムだったが…。良い音楽を提供してくれた彼が零面に入ることを願う。

No title

ご冥福をお祈りします。
60代ですか。ほんまはまだ働かないといけない年齢なんですけどね。
私の好きなギターソロは基本アンディのものだったりするんですが、まあどうでもいいことです。
微妙に個性の違う(だいぶ違う?)A級リードギタリストがそろって喧嘩せずなサウンドが素晴らしい相乗効果を生み出していたのは間違いない。他にはナイトレンジャー?探せばもっといるか。
1Stはブルース・メロディアスHRの名作ですよ。ブルージーさはトミーの要素が大きいですが。(Adoreさんから教えて頂きました。ありがとうございます)
ゆっくりお休みください。

たくさんの名曲をありがとう(涙)

いや~ショックです。
いまadoreさんがリンクを貼ってくださったクラブチッタ川崎のライブ観ているのですが、あの時の感動が蘇って涙出てきました。
初めてFAIR WARININGを聴いたときの浮遊感と疾走感は衝撃でした。
唯一無二の素晴らしい名曲の数々と、それを聴いたときの感動を残してくれたことに感謝してご冥福をお祈りします。

>ゆうていさん

ヘルゲ曲には強力なものが多かったですよね。
90年代に親しんだミュージシャンの死はどれも早すぎるものばかりで胸が痛みます。

>papadpn1966さん

FAIR WARNINGの初期作品は聴き継がれてほしいですよね…。
いつか再評価されてほしいとずっと思い続けているのですが。

>名無しのメタラーさん

アンディ・マレツェクはまだ存命ですが、ジーノとは「お互い早すぎるな」と苦笑しながらセッションしているかもしれませんね。

>天空ギターさん

いわゆるメタル然とした音楽と違ってメロディアス・ハードという音楽はヨーロッパでも90年代以降は「ひと昔前に流行った、過去の音楽」扱いだったようなので、FAIR WARNINGは「時期が悪かった」ということなのでしょう。

もっとも、もし80年代に彼らが登場していたら、もっとポップな音楽をレコード会社に強いられていたかもしれないので、もしかすると90年代という時代だからこそあの天空サウンドが実現したのかもしれません。

>Kazuriさん

たしかに再結成後のアルバムも1曲は期待に応えてくれる曲がありましたよね。

あれはもしかすると日本のオールド・ファンに対する義理立てで作っていたのかもしれませんが…。

あの「特別なサウンド」は、少なくともリアルタイムで感動させられた人間には聴き継がれていくことと思います。

>わたなべさん

そう、哀愁に満ちているのになぜかポジティブな感動を与えてくれるのが彼らの特別性でしたよね。

スタイル的にはオーソドックスなメロディアス・ハード・ロックなのにもかかわらず、まさに彼らにしかできない唯一無二の音楽でした。

彼らの音楽に出会えたことには感謝しかありません(そういう意味では『BURRN!』誌に感謝、ですかね/笑)。

>LEEさん

韓国の方ですね。
わざわざ日本語でコメントを寄せていただきありがとうございます。

FAIR WARNINGが韓国でも人気があったとは知りませんでしたが、彼らが日本以外でも支持されていたと知って嬉しいです。

彼らの音楽には我々東アジアの人間の心に響く何かがあったのかもしれません。

한국 쪽이군요.
일부러 일본어로 코멘트를 보내 주셔서 감사합니다.

FAIR WARNING이 한국에서도 인기가 있었다고는 몰랐지만, 그들이 일본 이외에도 지지를 받고 있었다고 알고 기뻐요.

그들의 음악에는 우리 동아시아의 인간의 마음에 울리는 무언가가 있었을지도 모릅니다.

>名無しのメタラーさん

アンディのソロはエモーショナルでとても良いですよね。なんとなくヘルゲが「メイン・ギタリスト」扱いを受けていましたが、アンディ派だという人は結構多いような気がします。

日本以外ではさっぱり人気がないバンドだったにもかかわらず、あれだけ優れたミュージシャンが集まっていたのがやはりFAIR WARNINGの特別性を証明していると思います(残念ながら皆、今ひとつ華に欠けたのは事実ですが…/苦笑)。

なんとなく今の日本では70歳までは働け、みたいな空気になっていますが、本当は60代で引退できるくらいに豊かな暮らしを送れる社会が実現してほしいですけどね。

表舞台で名前を聞かなくなってから20年後くらいに訃報を聞く、くらいがちょうどいいと思っているのですが。

>なな吉さん

そのおっしゃりようは、このクラブチッタ川崎にいらっしゃったということですか。素晴らしい思い出をお持ちですね。

当時FAIR WARNINGの来日公演における女性比率はかなり高かったと聞いていますが、なな吉さんもその一員だったわけですね。

日本以外ではまともな規模でライブができていなかったにもかかわらず、ライブ・パフォーマンスも素晴らしかったというのがFAIR WARNINGの不思議な所ですね…。

No title

まだ若いのに、本当に驚きました。
トミーハートの力強い声と、マッチングした抒情的なメロディと、彼のギターが大好きでしたよ。本当に残念です。

健康診断は毎年会社の指示で受けてますが、本当に大事ですね。

あと、ウリが案外若いのに驚きました。まだ70歳になってないんですね…。
FAIR WARININGのGOはゼロコーポレーションだったのも驚きです。

No title

ヘルゲはアルバムごとの曲数こそ少ないけどいつもクオリティ高くて素晴らしかったです
ハートオンザランのイントロは最初笛かと思ったのでギターの音と知って驚きましたw

>ドイツではミュージシャンに限らず定期的に健診を受けるという意識が一般的ではない(病院というのは悪くなってからかかればいい、という考えが一般的)
ということはハロウィン、ガンマ、ブラガといった80年代からやってるメタルバンドのメンバーもそろそろピンチ訪れてもおかしくなさそうってことですね…(特に体形から健康的じゃなさそうなピーヴィー・ワグナーとか…)

>結城真之介さん

日本人の平均寿命が欧米諸国と比べて長い一因は、食生活とも言われますが、健康診断があるからなのかもしれませんね。

FAIR WARNINGの"GO!"はゼロ・コーポレーションを代表するヒット作の1枚でしたが、その2年後にレーベル閉鎖してしまったので、リアルタイム経験者以外の人にはその印象が薄いかもしれません。

>名無しのメタラーさん

ハイフレットの高音は通常のロック/メタルを聴いていると遭遇しない音域なので驚きますよね。彼らの音楽、そしてヘルゲのギター・プレイにはそれが効果的に活かされていたと思いますが。

ドイツ人の平均寿命は80歳前後と、決して短くはないので、「ジャーマン・メタル」の皆さんもまだまだ大丈夫だと信じたいですね。

たしかにピーヴィーはちょっと不健康な胴回りをしていますが(笑)。

ショックだ…

HR/HMにハマり始めた高校生の時、このバンドの事を知り、2ndをBOOK・OFFで購入して家で聴き始めて直ぐになんでこんなにカッコイイバンドを知らなかったんだ!!って思ったのを覚えています。

後追い世代ですが、このバンドが日本以外で売れなかったのは今でも信じられません。

もう活動しなくなって結構経ちますが、もうFair warningが再開することは無いのは本当に惜しいですね。現状、音楽活動をしてるのもトミー・ハートだけですし。

ご冥福をお祈りします。

「思い出貯金は身を助く」なのです

はい。このライブ会場にいました。もしかすると映像に映っているかもな位置にいましたが、ちびっ子なので埋もれているでしょうね。笑
90年代のメタルライブには結構行っていましたが、あの素晴らしい思い出のおかげで札幌に戻ってからの十数年を乗り切れたのかもです。
FAIR WARNINGとTENとROYAL HUNTのライブは女性比率が高かった記憶があります。

>ごえたさん

FAIR WARNINGってリアルタイムではかなり盛り上がっていたんですけど、解散後は正直今ひとつで、あまり後追いでファンになった人っていないんじゃないかと思っていたのですが、存在が確認できてよかったです(笑)。

こちらに寄せていただいたコメントによると韓国でも少し人気があったようですが、このクオリティのバンドが日本以外でまともに活動できなかったというのは、時代が悪かったとしか思えませんね…。

新作はもう期待できないのかもしれませんが、彼らが遺した名盤は一生聴き継いでいきたいと思います。

>なな吉さん

札幌に戻られた事情などを存じ上げないので何と申し上げればいいのかわかりませんが、素晴らしい思い出が人生の支えになることは間違いないですね。

FAIR WARNINGとROYAL HUNTに女性ファンが多かったのはなんとなく納得ですが、TENのライブもそうだったというのは個人的に驚きです(イケメンいましたっけ?というのはバンドにもファンの方にも失礼ですね/笑)。