fc2ブログ

WINGER "SEVEN"が5月5日(金)国内盤発売

winger07.jpg

"Seventeen"や"Miles Away"などのヒット曲で知られるWINGERの"SEVEN"が5月5日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

ルックスに華があった(少なくとも当時は)ので、ヘア・メタル・ブームの一環として捉えられていたバンドで、そのイメージが90年代彼らを苦しめ、解散に至ったようですが、再結成後の彼らは本来の彼らの持ち味である、高度な演奏力に裏付けられたプログ風味のハード・ロックをプレイしており、これがなかなか味わい深い。

前作"BETTER DAYS COMIN'"(2014)はもう9年近く前にさかのぼるわけですが、同作のリリースから2014年にデビュー作の完全再現が行なわれたKAWASAKI ROCK CITY 2014LOUD PARK17と、二度も来日を果たしており、私はどちらも目撃することができたので、このバンドへの思い入れのようなものが高まっていました。

本作から先行公開されているMV曲も、派手さにはやや欠けるものの、ちゃんと印象に残るキャッチーさがある個性的なプログ・ハード・ロックを聞かせてくれており、バンドのクリエイティビティに衰えがないことを感じさせています。

前作には参加していなかったオリジナル・メンバーであるポール・テイラー( Key)が本作ではレコーディングにも参加しているというのはオールド・ファンにとってはポイントになるのでしょうか。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あら、グッドタイミングです(笑)

昨日、FAIR WARNINGの「AURA」初回限定盤を求めて中古CD店へ…("ヘルゲ追悼の意"で色々と作品を聴いてたら、それだけが通常盤だった為)
運良く、とても綺麗な状態で見つかり喜んでたら…「あららーっ?!」他にはキップ・ウィンガーのソロ作品やらWINGER再結成後の購入してなかった作品などもあり、全て1,000円以下でビックリして思わず全て購入(笑)「そう言えばWINGERって、もうすぐ新作…出る?」

そうしたら今日エントリーされてました(笑)
アルバム全体的に、どんな感じになるかは分かりませんけど、MV視聴した曲に関しては再結成後からの彼等らしいヘヴィでモダンなリフ/サウンドでコンパクトと哀愁漂う綺麗なキップらしいメロディー・ライン、もうこのバンドも高度な凄腕ミュージシャン、衰え知らずの職人の集まりですから信頼してます、どこか知的だし(笑)

>Kazuriさん

初回限定盤を狙ってちゃんと購入できるというのがすごいですね。

まあ、同作については通常盤より初回盤の方がプレス枚数が多いんじゃないかという気もしますが…(苦笑)。

WINGERについては何やらタイミングが良かったようで何よりでした。再結成後の彼らのアルバムはどれも作り込まれた良質な作品だと思います。"KARMA"(2009)は特に気に入っていますね。

Wingerがデビューした当時、まだ19才くらいでした…
人はみんな平等に年老いていくとは分かってても
自分の年齢を考えると落ち込みます(苦笑)

でWingerですがw アルバムジャケットが
プリティーメイズのジャンプ ザ ガンに似てたので
同じタイプのバンドだろうと思い込んで買ったら
全然違うサウンドでがっかりした思い出がありますw

「KARMA」いいですよねぇ。

新作「SEVEN」の全曲を"さらっと"聴いてみましたが、全体的にMVの曲を主軸にヘヴィでスローテンポな曲がちょっと多め?(ダークな感じで)
べテランらしい落ち着いた感じで何度か聴いてく内にハマっていく"スルメ・アルバム"になるのかなと思いました。

「KARMA」いいですよねぇ。再結成後で一番の良い作品どころか、彼等の全アルバムの中でも粒揃いの楽曲が多くバランス(またバラエティーさ)も良くて相当な作品だと思いますね。特に"Deal With The Devil"や"Pull Me Under"はヤラレましたよ(笑)他のアルバムですと「Ⅳ」"Four Leaf Clover"がシンプル・コンパクトに進行する曲ながら耳から離れない素晴らしいメロディー・ライン…たまりません。そうWINGERは前作だけ持っていなくて「AURA」と一緒に購入したのでした。(もちろん聴いた事はありましたが)
あらら…長々すみません(汗)

>鵜陰餓亜さん

WINGERがデビューした時に既に19歳だったということは、私よりちょっとお兄さんですね(笑)。

PRETTY MAIDSを期待してWINGERを聴いたら、それはちょっとガッカリしそうですね(笑)。

>Kazuriさん

まあ、前作の時点でも私のようなメタル耳な人間には少々スルメ気味だったので、今回もそういうことなのでしょう。

大人の渋味と解釈したいと思います(笑)。