fc2ブログ

CROSSFADE "INNOCENT DAYS"が6月30日(金)国内盤発売

crossfade04.jpg

イングヴェイ・マルムスティーンやジョン・ノーラムとの活動で知られる「MR.北欧ヴォイス」、ヨラン・エドマンを擁するAORプロジェクト、CROSSFADEの通算4作目となるアルバム、"INNOCENT DAYS"が6月30日(金)にビッキー・ミュージックから輸入盤日本仕様の形で国内リリースされます。

AORと言っても、HR/HMファンに馴染みがあるJOURNEYタイプのサウンドではなく、STEELY DANのようなHR/HM成分ゼロなバンドが引き合いに出されるような、完全にオトナ向けサウンドなので、本来であればこのブログで扱うべきサウンドではないのですが、ヨラン・エドマンという、HR/HMとの縁が深いヴォーカリストが歌っていて、あと単純に私自身この音楽を聴いていて心地よいと感じるので取り上げます。

まあ、近年はHR/HMファンも高齢化が進んでいて、コメントを下さる方も私より年上の方も多いので、恐らく今となってはこういう音楽に抵抗がなくなっているのではないでしょうか(?)。

本作の収録曲は6曲のみと、いわゆるミニ・アルバムなのですが、これはこれまた5曲収録だった前作"CAROUSEL"(2018)から続く3部作だからで、本作の後には"FALLING UPWARDS"と題された作品がリリースされることが予告されています。

先行公開されているMVを視聴すると、これまで通りジャズ/フュージョンやメロウなソウル・ミュージックからの影響も湛えた、非常に洗練されたアダルトなサウンドが展開されており、非常に落ち着きます。

よく引き合いに出されるSTEELY DAN、(マイケル・マクドナルド在籍時の)THE DOOBIE BROTHERS、TOTO、CHICAGO、PAGESといったアーティストとの違いはやはり北欧ならではの哀愁と翳りを感じさせるメロディで、これがヨラン・エドマンの歌声で歌われるのがたまりません。

ヨラン・エドマンは本当はこういう音楽で成功できた方が幸せだったのではないかという気もしつつ、そういう音楽のフィールドで成功していたらそもそもヨラン・エドマンというヴォーカリストに出会うことはなかっただろうし、個人的に大好きなヨラン・エドマン期のイングヴェイのアルバムも誕生しなかったと思うと、やはり「メタルを歌っていてくれてありがとう」という感謝の気持ちが芽生えてきますね(笑)。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

たまには…いかがですか?

CROSSFADEを聴いてると「たまには…こんな感じのサウンドもいかがですか?」…って、誰かにオススメしたくなります。もちろん、どのジャンルよりもHR/HMが大好きなんですけどね(笑)

前記事の(JAG PANZER)とは全く違う意味で、まさか"CROSSFADE"の作品がadoreさんのサイト/ブログでエントリーされるとは思いもしなかったのでビックリしたのと同時に、なぜか嬉しく照れてしまいました…まるで釣られた魚のようですね(?…ちょっと意味がわかりませんよね/笑)

引き合いに出されるアーティストやバンドとの違い…そう、そうなんですよ、超上質な落ち着いたサウンドに北欧ならではのメロディーライン、そして何よりも"ヨラン・エドマンの歌声"…あの私達がジョン・ノーラムの作品やイングヴェイ90年代の名盤作品…etcなどからのHR/HMシーンで聴き慣れ親しんだ、あの唯一無二の「MR.北欧ヴォイス」で歌われてるのですから、もうたまりませんよね。
この作品で聴ける彼の歌声・歌唱力こそが、まさにadoreさんの「より味わいを増したヴィンテージ・ワインのような趣き…」にピッタリですね(笑)

なんだか、またもコメントに力が入り出して長くなりましたので、この辺で…すみません(苦笑)
締めの言葉に「今作でも素敵な歌声をありがとう!ヨラン・エドマン」って、本人には届かないですけどね(笑)

>Kazuriさん

きっとKazuriさんはこのエントリーに反応してくださるのだろうと思っていました(笑)。

おっしゃる通り、本作の方がCRY OF DAWNよりもヴィンテージ・ワイン然としてますね(?)。

HR/HM以外の音楽(アニメソング、キタエリ、フラメンコギター系)も好む私ですが
さすがに、ここまでムーディーでアダルトな音像で仕上げられると
いくら大好きなヨランが絶品の歌声を聴かせてくれてても
購入しようとは思いません(苦笑)

ある意味昭和歌謡的なサウンドですよねw

いつの間にか4thとは
3rd見逃してました情報ありがとうございます

>夜蘭・江戸マンさん

このプロジェクト(バンド?)の音楽は個人的には非常に「洋楽っぽい」音楽で、昭和歌謡的だとは思いませんが、HR/HM的な音楽との親和性は低いと思いますので、歌い手が好きだというだけで購入に踏み切れないというのは理解できるというか、ある意味当然かと思います(笑)。

>janiさん

やはり日本盤が出ないとなかなかリリース情報を追えないですよね。

とりあえずリリース・インフォメーションとしてお役に立てたようで何よりです(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

MR.北欧ヴォイス降臨

ヨラン・エドマンは最も好きなメタルシンガーなので、取り上げていただくとテンションが上がります…マーク・ボールズも同じ位好きですが(⌒-⌒; )。

若い頃ならいざ知らず、オトナ向けサウンドが楽しめる年齢になって良かった。

> ヨラン・エドマンは本当はこういう音楽で成功できた方が幸せだったのではないかという気もしつつ、そういう音楽のフィールドで成功していたらそもそもヨラン・エドマンというヴォーカリストに出会うことはなかっただろうし、個人的に大好きなヨラン・エドマン期のイングヴェイのアルバムも誕生しなかったと思うと、やはり「メタルを歌っていてくれてありがとう」という感謝の気持ちが芽生えてきますね

私も全く同意見です。YNGWIE自身はヨラン・エドマン期のアルバムを評価していなさそうですが、私はトリロジーこそ最高傑作だと思いつつも、エクリプスが最も好きなアルバムだと30年間思い続けています。まさに理想の北欧ネオクラシカルメタルです。

コメント連投失礼します

Kazuriさんがおっしゃる通り、ジョン・ノーラムのトータル・コントロールやイングヴェイのエクリプスやファイヤーアンドアイスなどのHR/HM作品群でヨランの歌声の虜になっているファンが殆どだと思います。

ヨラン・エドマンのFANとして、特にこの3枚は必須として、他のアルバムはどのアルバムが人気が有るか気になります。

ちなみに私は1999年に発表されたヨハンソン兄弟のラストバイキングが大好きです。ヴォーカル:ヨラン・エドマン、ギター:マイケル・ロメオ、キーボード&ドラム:ヨハンソン兄弟の豪華布陣です。好き過ぎてBURRN!の人気投票で、アルバム、ジャケット、ヴォーカルの3部門で投票しました。

他には以前metal gateで紹介されたVindictivの1st(マーク・ボールズが歌う3rdも好き)か、ストラトスフィアが好きです。あとリチャード・アンダーソンのベストなんかも。

コメント"ヨラン・エドマン"編

adoreさん>
ゆうていさん>
"ネオクラ教授"ゆうていさん、私の名前を挙げて頂き大変に光栄でございます。
JOHANSSON…「The Last Viking」(笑)
いや、すごい、そのアルバムが"パッ"と出るあたりが流石ですね(笑)思わず「ああー!そうそう!そのアルバムがあった、持ってたよー!」と声に出す事は出来ずも、心の中で強く思いました(笑)
ほんと今、改めて見ても豪華なネオクラ界の最強メンバーですよね…GとBがマイケル・ロメオですもんね。個人的にはBがマルセル・ヤコブだったなら、まさに無敵でしたが…それじゃイングヴェイやジョン・ノーラムと大して変わらないでしょ?!って感じになりますね(苦笑)

ヨランの必須/必聴3作品以外ですと、何故かGLORYの「POSITIVE BUOYANT」「CRISIS VS.CRISIS」の2枚が意外と好きで、今でも時々聴きたくなるんですよね。
ほんとにタラレバで…今では叶わぬ願いになりますが、私としては1枚だけでも良いから…ヨラン・エドマン/ジョン・ノーラム/マルセル・ヤコブ/ヨハンソン兄弟でのネオクラ系フル・アルバムを…そして"TALISMAN"の1stと2ndのアルバムをヨランの声で聴いてみたかったです。(もちろんジェフも素晴らしいヴォーカルだと思います)

あ、マーク・ボールズ…あの御方は人間じゃありませんよ、あの御方は…超人/サイボーグです(笑)
あの「Gravity(2022)」は何だか聴けば聴くほど、また聴きたくなる中毒性が私個人的にはありますね。ネオクラ系(版)"ボヘミアン・ラプソディー"とでも言いましょうか、意外に好きです(笑)

あれ?

CROSSFADE は、アダルトすぎて完全スルーだったのですが、
ちょっと気になりまして・・・
ここまで MADISON 出てきてないですね(苦笑)
私的には、ヨラン・エドマンといえば、MADISON → ジョン・ノーラム → イングヴェイ で、そこで終わってますけども・・・
超ひさびさで、1st Diamond Mistress(神嵐の序曲!!)聞いてみましたが、”Lay Down Your Arms” 以外にも、意外(!?)といい曲ありますね。

やっぱり(笑)

papadphn1966さん

こんばんは!その節はありがとうございました。
…やっぱりでした(笑)これだけヨラン・エドマンの参加作品を語ってる中で重要となる本デビューのバンド"MADISON"が出てきてないので、きっと、どこかのタイミングで誰かが言ってくるのではないかと思ってました(笑)

さすがにMADISONの作品だけは完全に後追いで、一時期"バレリーナのシューズ?"の絵のジャケットだったような…そんなアルバムを1枚だけ持ってたのですが…あまり聴かず、全く曲も覚えてなくて…誰かに同級生にでも、あげたような(苦笑)
あまりに「トータル・コントロール」が好き過ぎて…またジョン・ノーラム自身も歌まで上手くて夢中でした(笑)

トゥシューズのほうですか・・・

Kazuri さん:
こちらこそありがとうございました。
ちょっとご無沙汰でございます。

MADISON トゥシューズ(!?)は、2nd 「Best In Show」で、1stから駄作へ転落したといわれていたALBUM なので手放しちゃうのも納得です(苦笑)

ジョン・ノーラムは、「Total Control」、「Face The Truth」までは、私もめちゃくちゃ好きでしたね。

電話

〇イングヴェイ:
おー、ヨラン、暇だよな。             ←名乗らない。
俺様の次のアルバムで歌ってもらうんだけど、     ←もう決定している。
重くて、速いけど、大丈夫かな?って思ってさ。   ←Mothreless Childだと思われる。

まぁ、前任のハゲなのにちゃらちゃらしてる奴より、 ←世界中の誰もコメントできない。
ハゲだけど、落ち着いてる奴のほうがいいよな。   ←意味不明。

じゃ、また連絡するわ。              ←次、イングヴェイのレコーディング中に連絡がきて、「なんだよ、今からこいよ。Vo入れるから!」となる。

〇ヨラン:
・・・                     ←一言も発していない。

>ゆうていさん

ジョン・ノーラムとイングヴェイの作品でヨラン・エドマンが輝いているのは結局楽曲が良かったからで、他に好きな作品というのも結局楽曲がいいと思えた作品、ということになってしまいますね。

私はネオクラと同じ程度かそれ以上にAORっぽい音楽が好きなのでこのCROSSFADEやSTREET TALKがパッと頭に浮かびますが、おっしゃる通りRICHARD ANDERSSONのベストも良かったですね。TIME REQUIEMの3rdも個人的には結構気に入ってました。

あとは邪道ですが、TALISMANの1stのデモ・バージョンはジェフ・スコット・ソートが歌った正規バージョンと同じくらい好きですね(笑)。

>Kazuriさん

JOHANSSONの"THE LAST VIKING"は、もちろん悪くないのですが、メンバーの名前で期待しすぎてしまい、リリース当時はやや期待外れに感じた記憶があります(苦笑)。

>papadpn1966 さん

MADISONは当時であればともかく今聴くとちょっと粗削りな印象なのと、ヨラン・エドマンのヴォーカルの良さが活かされている印象は受けないのが名前が挙がらない原因ではないでしょうか。

私自身、”Lay Down Your Arms”以外の曲は思い出せないのが実際の所です(苦笑)。

adoreさん:
JOHANSSONの"THE LAST VIKING"
当時adoreさんが期待外れと感じられたのも解かるところはあります。仰るとおり決して悪くは無かったです。でも「あれ?…こんな感じ?」
せっかく、あれだけのメンバーが揃ったなら、まだまだ練られた素晴らしい楽曲/作品が作れたのではと欲が出てしまってた私が居たのも事実…だから今はもう手元にアルバムは無いのだと思います(苦笑)

私は知らず知らずの内に自然と「HR/HM系のヨラン・エドマン」「AOR系のヨラン・エドマン」と、それぞれを聴くときに私の耳が"切り替わる"と言いますか…楽曲の聴き方、聴きどころが変わるんですよね、それは他ジャンルを聴く時にも全く同じ感覚でして…ちょっと何言ってるか、自分でわからなくなりましたが(笑)要はどちらのヨラン・エドマンも大好きですね(笑)

papadpn1966さん:
↑イングヴェイ…(苦笑)
なんという…あまりに一方的な(苦笑)
何情報からですか?(笑)

申し訳ありませんでした。

kazuriさん、adoreさん:

イングヴェイとヨランのくだりは、まったくもってただの私の妄想をコメントしてしまったことをここにお詫びいたしますm(__)m

>Kazuriさん

私も音楽ジャンルによって評価ポイントというか楽しみ方が変わるのでおっしゃることはよくわかりますよ。

>papadpn1966さん

イングヴェイ愛が高じた感じですかね(笑)。

papadpn"1966"マルムスティーン様。

もぉーそぉーかぁーーい!(笑)

俺のヨラン・エドマン BESTが火を噴くぜ!

1.Lay Down Your Arm
YNGWIEの2枚とジョンノーラムのトータルコントロールを聴いた後、次に手を出したのはヨランのデビュー作MadisonのDiamond Mistress (1984)な訳です。ヨランのボーカルが主役。そして若い頃の全力のパフォーマンスを期待して、あちこちの西新宿のレコード店を探し歩き、ようやく手に入れた本作品は入手困難だった為か期待のハードルを上げ過ぎたせいで、あれっこんなものか?と意気消沈しました。でも現在となっては80年代半ばの北欧メタルとして味わい深く聴けるようになりました。

2. Oh Rendez Vous
そのMadisonの2ndアルバムBest in Show (1986)のOPがこの曲になります。Madisonといえば1stでしょうし、metal gate読者にオススメ出来るのは先程の曲なのですが、私の心の琴線に触れるのはこちらになります。このアルバムをバレエのトゥシューズジャケットを含め愛しています(笑)。

3. Love Is Meant to Last Forever
4. Eternal Flame
5. Back on the Streets
YNGWIEのエクリプスのライナノーツにJohn NorumのTotal Control (1987)にゲスト参加した事が書かれていたので、早速アルバムを購入したところ、ヨランの凄まじいヴォーカルにぶっ飛びました。ベストパフォーマンスではないでしょうか?惜しいのは全ての曲で歌っている訳では無いところ。ジョンもそれなり歌えるのだが、ヨランと比べると…。

6. Save Our Love
7. Motherless Child
8. Judas
9. What Do You Want
10. Faultline
11. See You in Hell (Don't Be Late)
Yngwie MalmsteenのEclipse (1990)より6曲(笑)。YNGWIEの作品の中で最も好きな作品。暗くて悲壮感が溢れ美しい。私が追い求める北欧ネオクラシカルメタルが此処に有る。インストのEclipseも大好きだが、ヨランのボーカルベストの趣旨から外れるので敢えて入れていない。

12. Cry No More
13. Fire and Ice
14. Forever Is a Long Time
Yngwie MalmsteenのFire and Ice (1992)より3曲。Eclipseの時より路線が変わってしまった事にガッカリしたが、最も好きなボーカルと最も好きなギタリストの作品なので好きなことに変わりは無い。なおインストのPerpetualも好きなのだが(以下略)。

15. スタンディング・インヴィテイション
GloryのCrisis vs. Crisis (1994)を手にした時は大好きなバンドとヴォーカルの組み合わせということで、YNGWIEの作品の再来と期待したものだが、実際このアルバムを聴いた時に抱いた感情は怒りしか湧かなかった。はっきり言って失望した。でもこの曲のサビメロとkeyソロフェードアウトは好き。

16. The Last Viking
17. Forest Song
18. In The Mirror
JohanssonのThe Last Viking (1999)よりこの3曲。私は現在でも1999年のベストアルバムだと思っている。なおインストの(以下略)。

19. Golden Sea
20. Voodoo Treasure
21. Confusicus
Richard AnderssonのUltimate Andersson Collection (2005)よりこの3曲。リチャードの曲はイングヴェイの曲調のパクリ臭が鼻に突くのだが、この3曲に関しては良いネオクラシカル曲だと思う。それをヨランが歌っているのだから悪くなる訳が無いと思いきや、原曲の方が好きなんだよなぁ。好きだけどさぁ。なんて言うか、アレンジがダメ。リチャードにセンスが無いのか?それともヨランが微妙なポップセンスを発揮してしまったのか⁇

22. A SECOND LIFE
VindictivのVindictiv (2008)よりこの曲。adoreさんがここmetal gateで紹介したアルバムなのだが、adoreさんの好みの曲のメロディとは少しズレているらしい。でも私の好み(笑)。

23. Russian Summer
StratosphereのFire Flight (2010)よりこの曲。ここmetal gateで読者である学生メタラーさんが管理人のadoreさんに紹介したアルバム。先のアルバム同様にadoreさんの好みから少し離れているらしいのだが、何故か私にヒットしました(笑)。

24. Listen To Me
一番最後はCry of Dawnよりこの一曲。まずキラキラしたKEYが北欧感が溢れていて素晴らしい。そしてAORよりの音楽性がヨランに合っていると思う。あんまりメタルし過ぎていると合わないと感じるし。何より美麗なジャケットも素晴らしい。

とまぁ、私のヨランエドマンベストはこんな感じになります。metal gate読者が1人でも多くヨランに興味を抱いてくれたら嬉しいです。

>ゆうていさん

エントリー本文をはるかに超える、CD2枚組分の選曲お疲れ様でした。

ベストと言いつつリチャード・アンダーソンのアルバムについては難癖をつけているあたりがポイントですね(笑)。

ヨラン愛が・・・

ゆうていさん
ダダ漏れしすぎていますね(笑)
私が聞いた曲では、お気に入りがかぶっているので、ほっとしています。
The Last VikingのCDを屋根裏部屋から引っ張り出して、数十年ぶりに聞いてみましたが、ネオクラ爆発ですね。サァーームライ!サァーーームライ!!
なお、インストの Valhall Scuffle がスリリングで、(以下略)(笑)

>papadpn1966さん

サムライ、ありましたね。
あの曲を聴いて「ああ、このアルバムは日本人向けに作られた作品なんだな」と、当時学生なりに理解しました(笑)。