fc2ブログ

夏だ!祭りだ!パーティだ! メタルのパーティ・ロック名曲5選

毎日暑いですね。東京では連日最高気温35度超えの猛暑/酷暑が続いています。

そんな季節にどんなメタルを聴くべきか。涼しそうなエリアである北欧のメタル? 暑い時には辛い物を食べよう、的な感覚でエクストリームなブルデスを聴くとか?

いや、ここは敢えて、ホットな(ホットだった?)パーティ・ロックでしょう。夏は祭りとパーティーの楽しいシーズンです。今年はコロナもなかったことになって(?)、各地でお祭りや花火大会が復活していますしね。

そう、90年代以降にメタルを聴き始めた人(私もそうです)には信じられない話ですが、かつてメタル(に分類されていた音楽の一部)がパーティ・ロックと呼ばれていた時期があるのです。

今となっては完全に死語、パーティーな音楽といえばダンス系のサウンドというのが21世紀のスタンダードですが(?)、80年代後半の一時期、メタルが世の中で一番享楽的な音楽とされていた時期があるのです。

そんなわけで(?)、私の考えるパーティ・ロックなメタル曲5選です。

◆MOTLEY CRUE "Same Ol' Situation (S.O.S.)"(1989)
個人的には「明るく楽しいメタル」をイメージするとこの曲のサビが真っ先に思い浮かびます


◆BON JOVI "Bad Medicine"(1988)
当時、日本でCMソングにも使われていたという全米No.1ヒット曲。


◆DEF LEPPARD "Pour Some Sugar On Me"(1987)
日本のメタル・ファンにとってはこの曲がDEF LEPPARDで一番売れたシングルであるというのはやや腑に落ちませんが、欧米人はこういう曲調が好きなんでしょうね。


◆WARRANT "Cherry Pie"(1990)
邦題の「いけないチェリーパイ」って何なんでしょうね(笑)。


◆POISON "Nothin' But A Good Time"(1988)
「ただ楽しい時間を過ごすだけ」という曲タイトルからしてパーティ・ロックですね。


メタルって元々IRON MAIDENとかJUDAS PRIESTとか、そういう音楽がスタート地点だったはずなのに、どうしてこうなってしまったのか(個人的にはこれらの音楽は大雑把に言えばVAN HALENの流れにある、ギターがハード&ヘヴィであるという以外はヘヴィ・メタルとは別の流れにあるものと解釈していますが)。

IRON MAIDENとかJUDAS PRIESTとかそういう音楽のファンにとってこれらのバンドが「同じジャンルの音楽」と思えるものだったのかというのが後追い組としては謎ですが、きっとジャンルにこだわりのある人には受け入れられないものだったのではないかと思いますし、ジャンルに対して無頓着な人にとってはIRON MAIDENもBON JOVIもカッコいいじゃん、みたいな感じだったのではないかと推測しています。

90年代、NIRVANAに始まるグランジ/オルタナティブ革命で淘汰されたのはこういう音楽だったわけですが、これはやっぱり80年代後半の空気にしかなじまない、時代のあだ花だったということなのでしょうか。

この手の音楽が好きかどうかはともかくとして、こういう享楽的な空気はもはやノスタルジーの世界にしか存在しないと思うと、それはそれでちょっとさびしいですね。

とはいえ、WARRANT の"Cherry Pie"のMVが6,300万回(2023年7月現在)以上の再生回数を記録しているのはちょっと驚きました。


21世紀以降にメタルを聴き始めた人にとってのパーティ・ロックといえばやはりこの曲なんでしょうかね。

◆ANDREW W.K. "Party Hard"


80年代とは時代の空気が変わったことを感じます。これはこれで楽しいですが。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

誰の落書き 困るぜ♬

Bad Medicineのサビ部分でこのそら耳を思い出してしまう悲しい習性のなな吉です。笑
この当時日本はちょうどバブル期で、そりゃパーティーな気分なのもあってよく耳にした曲たちですね。
私はまだ自分が好きなジャンルがメタルだと気がついていなかったので、ただ楽しく聴いていた感じです。
そしていまもノスタルジーを感じながらも好きな楽曲ですね。
BON JOVIのライブで思い出すのは夏の横浜スタジアムで、暮れかかる空のもとで大合唱したYou Give Love a Bad Name。あの頃の夏はこんな猛暑じゃなかったなあ。。

adoreさん5選のMV、金髪グラマーなお姉ちゃんが出てくるところ、Voが金髪ロングヘアで細身イケメンなところが共通しているのは偶然かしら?
そのVoの共通事項には当てはまりませんが、個人的にduran duran のthe reflexも加えたいです~

キラキラ華やかですね。

いや…ほ、ほんと日本列島(世界中?)ここ毎日が
"危険な"暑さですね(汗)adoreさん、常連コメンテーターの皆さんや時々コメンテーターの皆さんも…ありきたりな言葉ではありますが、こまめな水分補給etc…ほんと熱中症対策などお互い十分に気を付けましょうね。

adoreさんのパーティーロック名曲5選のMV。
バンドの好き嫌いは別にして、どれも華やかで楽しいですね、懐かしくもあるし(笑)なな吉お姉さ様が仰っしゃる"金髪グラマーお姉ちゃん"や"Vo.が金髪ロングヘアーで細身イケメン"に+プラスして"アリーナ級のステージ上で爆発花火上がりがち" "だいたい"Vo.がステージ上で両足広げてジャンプしがち"です(笑)

私がパッと浮かんだ、パーティー=ダンス、盛り上がる、ハジける、みんな笑顔みたいな(笑)聴いてると、ついつい手拍子しながら腰を横フリフリしたくなるような…私個人的にそう感じて、ノっちゃう好きな選曲です。↓
◯EXTREME「DECADENCE DANCE」
◯BONJOVI「LAY YOUR HANDS ON ME」

No title

数多のバンドがパーティロック大本命Queen”we will rock you”的な曲を作っていて上記の5曲では特にWARRANT "Cherry Pie"は近いと思います。
知名度的に弱いですがGORKY PARK"bang"もここに入れたいレベルです。

しかし、パーティノリはいいのですが、日本のフェスにありがちな、「みんなで一緒の身振り手振りで踊る」みたいなノリは気に食わんですね。あれのドコがロックやねん、幼稚園のお遊戯じゃないっすよ。

80年代のPVのノリはよかったですねぇ。今の考え→セクシーな女性=女性蔑視、セクシーな女性を排除=フェミニズム。というのは全く理解できません。

bad medicineは夏の夜とビーチとバドワイザーって感じですね。
poisonは難しい。どの曲とってもそんな感じですけど、ドライブだったらtalk dirty to meかな。

パーティ・ロック

自分が真っ先に思い浮かべたのは、モトリー・クルーのKickstart My Heart。

それからDavid Lee RothのYankee RoseのMV。

歌詞分からんから、まぁ曲の印象のみの判断なのですが、歌詞の訳を見たらシリアスだったりするのでしょうか(⌒-⌒; )?

Van HalenのJumpやPanamaなんかも、能天気な現在を楽しもう感に溢れているなぁと思っています\(^^)/。

No title

偶然ですが、昨日北海道(中心付近)も猛暑でしてDr.FEELGOODとオブスキュラをヘビロテしてました笑
kick start my heartは永遠の名曲ですね

あと1曲

せっかくのパーティ・ロック名曲5選の記事なので、あと1曲我らがインギーのHeaven TonightかTeaserを挙げようと思います(o^-')b !


オブスキュラならクリスティアン・ミュンツナーによるギタープレイ動画が好きですね(*´∀`)♪

……デスボーカルが苦手なんです。

>なな吉さん

Voが金髪ロングヘアで細身イケメンで、金髪グラマーなお姉ちゃんにモテモテな男だったからこそ、当時のメタルは人気があったのでしょうね(笑)。女性は本能的にモテそうな男を好きになるようなので(聞きかじり)。

ここにDURAN DURANを加えたい、と思うのが一般的な80年代洋楽ファンらしい感覚なのだと思います。

90年代に一世を風靡したV系ミュージシャンがルーツを語る時に、VAN HALENやM.S.G.と同列にDURAN DURANやTHE POLICE、THE CUREなどの名前を挙げていて、ミュージシャンになるほどの人でもジャンルとか気にしていなかったんだな、と思った記憶があります。

>Kazuriさん

今日もすさまじい暑さでしたね。ご無事でしたか?

この手のジャンルの音楽の人気がなくなって、アリーナでパイロをバンバン使うどころかそもそもアリーナでライブをやれなくなってしまったというのが悲しいですね(苦笑)。

EXTREMEの2nd辺りが最後の「パーティ・ロック」ノリが許されたギリギリの時期でしょうね。

>名無しのメタラーさん

WARRENTは実際"We Will Rock You"をカバーしていますね。

"Cherry Pie"自体は個人的には"I Love Rock 'n' Roll”に似ていると思いますが、いずれにせよ意図的に合唱を誘うアンセム・タイプの曲を作ろうとして作ったようなので、そういう意味ではライブにおいて"We Will Rock You"と同じ意味を持つ曲でしょうね。

私は「ロックらしさ」みたいな精神論にはあまり興味がありませんが、「振り」が決まっている曲ってオタ芸と何が違うの?とは思いますね(笑)。

セクシーな女性を使うことが女性蔑視というのは行き過ぎだというのは同感です。じゃあ女性アーティストのMVにイケメンが出てきたら男性蔑視なのかと。

まあ、こればっかりは歴史的な文脈がある話なので難しいですが…。

>結城真之介さん

夏の夜とビーチとバドワイザー、そういうイメージを喚起できるというだけでも名曲と言えますね。

>ゆうていさん

これらのパーティ・ロックの直接的な元祖はVAN HALENだと思ってます(もう少しさかのぼればKISSですが)。

"Kickstart My Heart"はパーティ・ロックなんて軽薄な言葉で語ってはいけない超名曲だと思います(笑)。

イングヴェイの"Heaven Tonight"や"Teaser”はイングヴェイなりにパーティ・ロックを狙った曲だと思いますが、パーティ・ロックになり切らない所がイングヴェイたる所以でしょう。

>black&greenさん

北海道ですら熱いとなるともはやどこに行っていいかわかりませんね(いや、エアコンが効いている所に行けばいいのですが/笑)。

"DR. FEELGOOD"はタイムリーでしたが、OBSCURAは激辛カレー感覚でしょうか?(笑)。

猛暑のメタル企画

ありがとうございます。
こちらは、もうおいぼれなので、
涼しい部屋で、キレッキレメタルを堪能することに専念したいところです。

ただ、パーティソングといわれて、パッと浮かぶのは、下記でした。
KISS - Rock And Roll All Nite
VAN HALEN - Panama
Y&T - Summertime Girls
CINDERELLA - Shake Me
Y&T には、本当に度胆を抜かれましたねぇ。

私、80年代からメタルを聞いていますが、
ANDREW W.K. がとっても苦手だったことを思い出しました・・・
当時、人気の瞬間風速が凄かったですけど。

DANGER DANGER crazy nitesを推します。これでもアルバムは91年ですね。パーティーやろうとしたら誰もいなかったみたいな。

>papadpn1966さん

私の(ほぼ)ひと回り上の方らしいセレクトですね(笑)。

KISSの"Rock And Roll All Nite"は元祖パーティ・ロックだと思います。

ANDREW W.K.はHR/HMと言われると違和感がありますね。私も当時は畑違いの音楽だと思っていました。

そして21世紀の今、老いぼれなんて自称していいのは後期高齢者になってからです(笑)。

>とおりすがりさん

DANGER DANGERの"Crazy Nites"、これまた名曲ですね。

本当に彼らは「遅れてパーティ会場にやってきた人」でした。デビューがあと3年早ければきっとビッグになっていたと思うのですが。

たまにこういう記事があるからMetalgateやめられません。

LAメタル(ヘアメタル)の中でも特にポジティブというか、能天気なバンドまたは楽曲、というくくりかと思います。80年代後半、わずか数年で世界的ブームとなり、そしていつの間にか終了という、まさにパーティーでしたね。もっとも、80年代後半は音楽界は世界的に色々あって、ポップスやらユーロビートやら、日本でもザ・ベストテン全盛で、チャートの変遷が月単位でしたね。作り手的には今と違って楽曲のライフサイクル短くて非効率ですが、聞き手的には忙しくも贅沢な濃い時代でした。あ、そうそう、スラッシュ四天王や、ジャーマンメタルなどもこの時期ですね!

さてさてパーティーロック。皆さん仰る通りバンヘーレンのジャンプ(‘84)が始まりでしょうか、以降代表格モトリーを筆頭に沢山のバンドがいました。広く見たらガンズンローゼスもそうですかね。今まで出てないとこで、イケメンボーカル+派手目のリードギター+大袈裟なドラマー+バカ騒ぎ+セクシーな女性+両足広げてジャンプ+冒頭の寸劇、みたいなPVは、
L.A.Guns - Sex Action
RATT - Round and Round
この辺もそうですかね、あ、あとこれも。
DragonForce -Strangers

お後がよろしいようで。

>バモスラピドスたらさん

そうですね、たまにこういう記事を書くようにしています(笑)。

80年代は私好みの音楽が世の中に満ちていたという意味で素晴らしい時代でした。当時まだ小学生だったのでそのことに気付いていませんでしたが(苦笑)。

こういうチャラい曲が溢れかえらなければ、グランジみたいな「反動」は起きなかったのでしょうか…。

今となってはDRAGONFORCEのその曲のMVのように、パロディの対象になるばかりですね(苦笑)。