fc2ブログ

カイ・ハンセン親子参加の"Eagle Fly Free"カバー動画 by エリク・グロンウォール

元H.E.A.T、現SKID ROWのヴォーカリストであるエリク・グロンウォールが時折公開している「歌ってみた」動画シリーズで、HELLOWEENの"Eagle Fly Free"が公開されました。



メインのギター・パートはこのカバー動画シリーズのパートナーになっているH.E.A.Tのヨナ・ティーがプレイしていますが、ソロ・パートはカイ・ハンセン(GAMMA RAY / HELLOWEEN)とティム・ハンセン(INDUCTION)のハンセン親子がプレイしています。

エリク・グロンウォールとカイ・ハンセンとの縁というのが見えませんが、まあ現代はSNSなどを通じて誰とでも繋がれる時代ですし、よく考えたらH.E.A.TもGAMMA RAYもSKID ROWも欧州の所属レーベルは『earMUSIC』なので、レーベル・メイト的な縁ですかね。

個人的にはエリク・グロンウォールというとどうしてもH.E.A.Tの印象が強く、SKID ROWもハイトーン型のメタル・サウンドではないので、あまりパワー・メタルを歌うことにピンと来ないのですが、先日はJUDAS PRIESTの"Painkiller"なんかもソツなく歌いこなしていましたし、この"Eagle Fly Free"もちゃんと歌えています(もちろん、オリジナルのマイケル・キスクとは趣が異なりますが)。

しかし、HELLOWEENのファンであればきっと皆不思議に思うのではないかというのが、なぜマイケル・ヴァイカート作のこの曲でカイ・ハンセンを呼ぶのか、という点ではないかと思います(笑)。

まあ、マイケル・ヴァイカートがこの手の動画にゲスト出演してくれるイメージはありませんが…。

であれば"I Want Out"あたりの方がエリク・グロンウォールのキャラにも合っている気がするし、カイ・ハンセンを呼ぶ必然性もあったと思うのですが。

ティム・ハンセン君の参加は、きっとカイ・ハンセンが出演条件として「息子も出してくれるなら出るよ」とねじ込んだのではないかと妄想しています(笑)。

いずれにせよ、HELLOWEENファンには興味深い、要チェックのカバー動画であることは間違いありませんね。

しかしエリク・グロンウォール、先日彼の体調不良で日本公演が中止になっていましたが、やはりワールド・ツアーをするようなバンドのフロントマンをやるには体力が充分ではないのではないでしょうか…。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

なかなかカッコ良いですね。

おっしゃる通り、我らがマイケル・キスクとは全く趣は違いますが(当然ですけどね)、私が今まで観て(聴いて)きた、色々な人の"Eagle Fly Free"の「歌ってみた」やカヴァー動画の中でも一番良かったかも(特別なハンセン親子の参加を抜きにしたとしても)…たしかに彼は"メタル"ってよりは、声質や容姿的にも完全に理想的な"メロハー"のフロントマン/シンガーって感じですけど、力強く歌唱力もありカッコ良かったです。

実は私、恥ずかしながら"H.E.A.T"ってバンド…名前だけは知ってましたが、今まで一度もアルバムを聴いたことなくて(名盤はありますか?)、さらにSKID ROWに関しても「Subhuman Race」を最後に全く後の作品を知らないので、今度まずはYTなどで彼が歌う作品を聴いてみようかな。

ハマれば、熱い幸せが・・・

MVは、いつものエリクの歌回しで安定感がありますね。
ここでのカイ親子共演とは、奥ゆかしい感じがしますが。

Kazuriさん:
adoreさんからのおススメもあるかと思いますが、
私的には、エリク参加後の 3rd「 Address the Nation」か、
エリク在籍最後の 「H.E.A.T II」(IIですが、6th)を、おススメとします。
ま、どのアルバムも良質で熱いメロハー満載となっていますので、
もし、ハマれば年内 H.E.A.T漬けとなることでしょう(笑)

"熱い"幸せを求めて…(笑)

papadpn1966さん:

ちょっとご無沙汰してました、お元気ですか(笑)
papadpn1966さんからの"H.E.A.T"オススメ作品、さっそく今から少しずつ聴いてみたいと思います"熱い"幸せ求めて…(笑)まずはコメありがとうございました!

>Kazuriさん

"In The Sky, A Mighty Eagle ~"の歌い回しで個性を出すエリクの歌もさることながら、MEMORIES OF OLDのドラマーの頑張りがこの動画のクオリティを上げている気がしますね。

H.E.A.Tのオススメはpapadpn1966さんのセレクトで問題ないかと(笑)。

"H.E.A.T II"は私にとって2020年のベスト・アルバムです。

ただ、代表曲は"Address the Nation"収録のこの曲かもしれません。
https://youtu.be/he5IEXtdjpE?si=Ox5Ke7ch7HEfPhc-

>papadpn1966さん

ということで私に代わってのオススメありがとうございました(笑)。

奥ゆかしい、というのはわざわざオリジナルを迎えることが、ということでしょうか?

エリック君の歌唱力はもはや説明要らずですが
それでも全盛期のキスケが歌ったこの曲を
ここまで見事にパフォーマンスしたことは驚愕です
キスケとは歌い手としてのスタイルが全く異なるのに、です

私の母が白血病だったのでよく分かるのですが
調子の良いときは全く問題なく活動中できるのですが
些細な病原菌などが体に入ると、一気に体調が悪くなります
幸いエリック君は若いので、免疫力や新しい組織の馴染みが良くなり
いずれは問題なくツアーを行えると思いますよ

これはこれで中々良いですね

ハンセン父子、Helloweenのライブでも共演してるみたいですね。
ちょっと気になったのですが、ティム君のような2世タレントって日本では結構バッシングの対象になりそうですが、海外では受け入れられるんでしょうか。

実際、自分としても特にネガティブな感情は無いんですが、それはカイのキャラクターのおかげだったり、『親のコネで映画の主役に抜擢!』といった、いかにもな形ではないからかもしれません。

もしくは、メタルというフィールドが革新よりも伝統を重んじる、どちらかといえば保守的な世界故に血統のようなものもポジティブに捉えられ易い、、、ってのは考え過ぎですかねー(笑)

>ゑ李句さん

お母様が白血病とは、大変でしたね…。

私は白血病についての知識がないので、不治の病的なイメージでしたが、回復するものなんですね。だとしたら良かったです。せっかく自分が大好きだったバンドに加入できたんですからね。

>暁坂さん

親の七光りとか言われて二世がバッシングされるのは、実力や下積みに対して分不相応な注目やポジションを得るからであって、自分のバンドで地道にやっている分にはさほど問題にならないんじゃないですかね。

HELLOWEENのライブにちょっとゲスト出演するくらいならかわいいものですが、サシャ・ゲルストナーをクビにして代わりにティム・ハンセン君を加入させる、みたいなことになるとさすがにバッシングする人も出てくるのではないかという気がします。

この動画の特筆すべき点はカイがヴァイキーのソロパートを演奏している事ですね。

親子共演

お、今回はギタリストで参加なんですね。ティム君とは仲良しのようで微笑ましいです。ウドとスベン君しかり、メタラーの親を見て自分もメタラーになってしかも親父とツアーしたりなんて、親父的には最高の息子ですね。

ところで久々に過去の親子共演を見ようとしたら、なぜかInductionの”Mirror Make Believe (My Enemy)”が削除されてますね。何でしょう、権利関係?よく無いものが映ってた?
Northtaleの”Future Calls”は見れました。

>ふぇれしあさん

HELLOWEENファンにとってはやはりそこが注目ポイントになりますね(笑)。

>バモスラピドスたらさん

たしかにINDUCTIONのデビュー・アルバムのMVは削除されていますね。

現在のティム・ハンセン主導体制になる前のINDUCTIONというのはもはやメジャー・デビュー前のPANTERAのアルバムのような「黒歴史」になってしまったのかもしれません。

怖いですねー。恐ろしいですね~。

来た!淀川長治さん!

今や、Inductionの記事、あるいはティムハンセン君の話題の際と言うべきか、では恒例となったヨドチョーさん降臨!もう頭の中、Friday Night Fantasyが鳴り止みません…

あっという間に業界大手となった感のあるアトミックファイア社が黒歴史は無かったことにしようとしてるのでしょうかね。なんだか彼らは(PV数などをみる限り)強めに押されてる感もありますし。ま、なんやかや、けっこう好きなんですけどね。

>バモスラピドスたらさん

INDUCTIONレベルのキャリアでも黒歴史などが生じるとしたらなかなか業が深いですが、『ATOMIC FIRE』がわざわざそれをするというよりは、ティム・ハンセン君自身がそうしているのではないでしょうか。実質バンド乗っ取りに近いことをしたのは事実ですし。

とはいえ私もINDUCTIONの最新作はなかなか良いと思いましたし、カイ・ハンセンの息子ということで応援したい気持ちはありますけどね。