fc2ブログ

SECRET SPHERE "BLACKENED HEARTBEAT"が11月10日(金)国内盤発売

secretsphere11.jpg

既に来日公演も決定しているイタリアのプログレッシブ/メロディック・パワー・メタル・バンド、SECRET SPHEREの通算11作目となるフル・アルバム、"BLACKENED HEARTBEAT"が11月10日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

オリジナル・ヴォーカリストであるロベルト・ラモン・メッシーナ復帰後の2作目となる本作の作風は「心理学者Julius Bの手法から心の闇を探る」というコンセプトをベースに、バンド史上最もダークでアグレッシブな「パワー・メタル・ストーム」になっているそうで、先行公開されているタイトル曲などは「SECRET SPHEREなりの"Painkiller"」といった趣だし、リリック・ビデオの"Confession"ではブラスト・ビートも炸裂しており、これまでになく攻撃的な印象。

個人的に彼らにそれほどブルータリティは求めていないのですが、今回バンドのオリジナル・キーボーディストで、個人的にはシンフォニック・アレンジに関してはメタル界隈でトップクラスの才能があると思っているアントニオ・アガットがオーケストレーションで関わっているということで、MVにならないようなインパクト重視ではない曲にこそ期待していたりします。









関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

これはすごく良いです。私の好みドンズバかもしれません。
kamelotっぽいゴシックさとイタリアンメタルらしいヴァース、ブルータルに振ったリズムセクション、全て好みです。

前作もロベルトさん復帰ということもあってかなり良かったのですが、何となく明るくてやはり昔とはちがうんだな...と感じていましたが、今回は何だか昔みたいなミステリアスなメロディーになっていて視聴曲だけでニヤニヤしてしまいます...笑

>結城真之介さん

これは来月今池行きが決定ですかね(笑)。

いや、しょっちゅう行ってらっしゃるのかもしれませんが。

>紅さん

紅さん的にも琴線にドンズバで触れているようですね(笑)。

このバンドは個人的にはとても魅力のあるバンドだと思っているので、その感覚が共有できると嬉しいです。

昔と完全に同じではありませんが、彼らならではのムードがいいですよね。

実は12/16のチケット押さえているんですよ。PV見てよりテンションが上がりました。本当に楽しみです。
adoreさんも名古屋にいらっしゃるのであれば、是非お声がけください。

私も好き~

ダークでありながら隠しきれない明るさ?が残るのはやはりイタリアのバンドだからでしょうか。
"Confession”のゾクゾクする感じもいいですね。
来月のライブレポ、楽しみにしています。

追伸:音楽事務所とつながりが持てたのは行動的な友人がいたからです。そして当時はまだHR/HMが好きと気づいていなかった私です。

センス良いバンドですね。

特に一番下のMV曲"Confession"が素晴らしく気に入りました、これはカッコ良い。攻撃的なブラスト・ビート炸裂+ダークでアグレッシヴなサウンド、その上に哀愁が漂うキャッチーな美しい歌メロとか最高過ぎますね。さらに壮大なオーケストラ・サウンドも素晴らしく、これは芸術的。
他のMV曲も良かったです。

それから、このバンドのアルバム・ジャケットのアートワークとか好きです。「LIFEBLOOD」「The Nature of Time」のジャケとか好きだなぁ。今回の新作ジャケも実にセンス良いですね(ちょっとKAMELOT作品みたいですけど/笑)

アントニオ

アガテ→アガット、表記変更ですかね。adoreさんが昔っから推し推しだったのを思い出し、過去記事を読み返してみて、一人で勝手に懐かしくなりました。飛び込みで名古屋行かれたこととか。(結城さんとのやりとりの根っこ)
そんな感じで薦められていたからではないですが、好きなバンドです。し、今作もまた、PVの感じから期待値が高いです。Rhapsody (of fire)の成功以後、数多のイタリアのバンドがデビューしましたが、今でも響く作品を送り出してくれてるのって、Secret Sphereくらい?

>結城真之介さん

既にチケット購入済みでしたか。

最近EVPの公演はビザの問題による中止/延期が立て続いているので、遠征前提のスケジュールを組むことにちょっとビビッています(SECRET SPHEREについては前科もありますし/苦笑)。

>なな吉さん

コーラスのメロディなどに明るさとは言わないまでも、単なるダークさに沈み込まない前向きなフィーリングが感じられるのが魅力ですね。

行動的な友人、なるほどですね。たしかにスタッフとかにガンガン話しかけてコネクション作っていく女の子っていますよね。心当たりあります(笑)。

>Kazuriさん

彼らは音楽にもアートワークにも美学というか独自の世界観があることを強く感じますね。

そういう意味ではKAMELOTもそういうバンドなので、通じるものがあるかもしれません。

>バモスラピドスたらさん

まさかアントニオ氏の名前の読み方に食いつく方がいらっしゃるとは(笑)。

いや、以前の日本盤ライナーノーツでは「アガテ」だったと記憶していますが、今回ワードレコーズの表記だと「アゲイト」になっていて、個人的に違和感があり、元々アクセサリーブランドの「agate」の読みが「アガット」で、そちらの方がカッコいいと思っていたので勝手にそうしました(笑)。

90年代末から00年前半くらいに出てきたイタリアのバンドで個人的に頭ひとつ抜けてるな、と思うのはこのバンドとDGMですね。

バンドやキャラとしての魅力より音楽的なクオリティを重視しているように思われる(?)『Frontiers Music』が契約した自国のバンドがこの2つであるのも故無きことではないかと思ってます。

なんかウケました(笑)

バモスラピドスたらさん『アガテ→アガット、表記変更ですかね。』

adoreさん『まさかアントニオ氏の名前の読み方に食いつく方がいらっしゃるとは(笑)。』

↑このやりとり、なんかウケました(笑)
たらさん、ほんとマニアックですね(笑)
adoreさん仰っしゃるように「アゲイト」って呼び方、なんとなくイヤですよね(苦笑)未だに私は「キスケ」呼びも受け入れる気持ちがありません。

イタリア・バンドでしたらDGMの新作アルバムがとても楽しみです。新曲MVの「TO THE CORE」が素晴らしく、実に私好みの曲でハマってます。

>Kazuriさん

まあ、大陸欧州人の場合、母国語読みと英語読みが異なったりするので難しい所ではありますが(キスケはドイツ語読みですね)。

アガテもアゲイトもアガットも欧米人が流暢に発音したら同じに聞こえる気はするのでどうでもいいっちゃいいのですが、なんとなく字面が気に食わなかったのです(笑)。

基本的にはレコード会社の表記に準じたいと思っているんですけどね。検索時のことなどを考えると。

No title

ライブ参戦予定です。DGMとのカップリングで来てほしかったです。

>しんさん

なんだかこのブログ読者の参加率高そうですね(笑)。

DGMと一緒というのも強力な組み合わせですが、私個人の都合を申し上げると既に見たことがあるDGMより、お初のSERENITYの方がありがたみがあります。

SERENITYもいいバンドですよ?(笑)

お久しぶりです

ブログ読者の参加率を上げているうちの一人です(笑)。東京のみですがチケット買いました。発売時間に購入し、その後ページを見たら東京のプレミアムなチケットは売り切れていました。
MVは大変気になる所ですが、購入したCDを初めて聴く時間が至福に感じる私は我慢しています。とても楽しみです。

>きーとすさん

VIPチケット的なものはすぐに売り切れますよね。
元々少数販売なので、熱心なファンが付いていれば瞬殺です。

ていうかVIPチケットが余っているという状態はバンドとしては結構切ないでしょうね(笑)。

アルバムを聴くまでMVを観ない、そのストイックな姿勢には頭が下がります。

でも、YouTubeがなかった昔はみんなそうだったはずなんですけどね(笑)。

No title

Confessionはまるで日本のSerenity In Murderのようなシンフォニックデスメタル感ですね。新報が出るということをadore様のおかげで知りました。ありがとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ

>LEEさん

Serenity In Murderをご存知とはなかなかのマニアですね(笑)。

SECRET SPHEREの新作が出ることをお伝えすることができてよかったです。韓国ではメタルの新作情報がまとまっている専門メディアはないのでしょうか?

ぜひ彼らの日本公演にもお越しください(笑)。

Serenity In Murder를 아시는 것은 꽤 매니아군요(웃음).

SECRET SPHERE의 신작이 나오는 것을 전할 수 있어서 좋았습니다. 한국에서는 메탈의 신작 정보가 정리되어 있는 전문 미디어는 없는 것일까요?

꼭 그들의 일본 공연에도 와 주세요(웃음).