fc2ブログ

ELDRITCH "INNERVOID"が12月8日(金)国内盤リリース

eldritch13.jpg

イタリアのプログレッシヴ・メタル・バンド、ELDRITCHの通算13作目となるスタジオ・アルバム、"INNERVOID"が12月8日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

このバンドは1991年に結成、1995年にアルバム・デビューしているかなりのベテラン・バンドで、前身バンドであるZEUS(1988年結成)から数えれば既に35年選手なわけですが、日本での知名度は相当低く、恐らく日本盤が出るのも初めてなのではないでしょうか(違ってたらすみません)。

このバンドの中心人物はそのZEUS以来のメンバーであるギタリストのユージン・シモーネなのですが、本作では、そのユージンと共に30年以上も活動を共にしてきたオリジナル・ヴォーカリストのテレンス・ホラーが脱退しており、新たにアレックス・ジャルーソというシンガーが加入しています。

やや歌い回しに癖が強かった前任者と違って新加入のアレックスはクリーンでエモーショナルな、一般的な意味で「いい歌声」の持ち主で、楽曲が俄然わかりやすく響くようになったことが、今回日本盤が出た理由なのでしょうか。

ちなみに1991年のデビュー以来のメンバーであるキーボーディストのオレグ・スミルノフは、2000年代から2010年代にかけてはこのバンドを離れていたのですが、その間はVISION DIVINEやLABYRINTHで活躍していたので、もしかすると日本では一番知名度のあるメンバーかもしれません(とはいえあくまでマニアの間限定ですが)。

その他、日本のメタル・ファンの間で多少なりとも「引き」がありそうな話としては、本作を含む過去5作のミックス&マスタリングはシモーネ・ムラローニ(DGM)が手掛けており、過去3作のアートワークはフェデリコ・モンデッリ(FROZEN CROWN, BE THE WOLF他)が手掛けています。

まあでも先行公開されているMVを視聴する限り、やはりVoの変更が大きいですね。一気に歌モノ色が強まってMy琴線に触れてくるようになりました。

今年リリースされたDGM、NOVERIAといったイタリアのプログレッシヴ・メタルの良作が気に入った方や、個人的な感覚では近年のPYRAMAZEやTHRESHOLDなんかに感じるものがある人はチェックしてみてもいいのではないかという気がします。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ようやく落ち着いて…(汗)

ゆっくりadoreさんの記事を読ませて頂き、コメントをさせてもらう時間が戻りました(涙)ここ数日間、毎日のルーティン+妻が寒暖差から風邪でダウンし家事全般…さらには妻が参加予定してた娘のイベント事にも急遽ピンチヒッターで手伝い参加と…(苦笑)だが私はOPERA MAGNA『Of Love And Other Demons』に超ドハマりしながら、日々をフル回転&バタンキューでやり遂げました(笑)

毎回、長々すみません…話をMETALに(汗)
ELDRITCH、そんなに長く活動してたのですね、ぜんぜん知らないバンドでした(苦笑)
先月、たまたまMV曲「ELEGY OF LUST」を観て、かなり私の琴線に触れてくれるタイプの歌メロ/楽曲でVoの声質も良く好印象でした。
演奏技術はDGM/NOVERIAには到底及ばないにしても、楽曲的にはadoreさんの個人的感覚(近年のPYRAMAZEやTHRESHOLD)、まさにそれですね。
それなのにMV全体の雰囲気が暗くむさ苦しい感じで(廃墟?)不気味、気持ち悪い…楽曲のイメージ?ちょっと残念ですね…(苦笑)

後で再度"ジェル―シック"の記事も読みます。

おはようございます

確かデビューアルバムは国内盤が出てましたしBURRNでもレビューされてました。覚えてるぐらいだから気にはなってたんだと思いますが優先順位が後ろだったので手が出ず未聴のままです。もうBURRNも購入してないし忘れてた存在だったので思い出させてくれてありがとうございます。

>Kazuriさん

年の瀬のお忙しい時期に無理してコメントしていただかなくても大丈夫ですよ!(笑)

風邪、流行ってますよね。私の周りでも家族内感染している人がぼちぼちいるので、お気をつけ下さい。

MVの暗さは、ムーディーであると解釈してあげるのが優しさかもしれません(笑)。

>名無しのメタラーさん

国内盤出てましたか、失礼しました。

デビュー・アルバムがリリースされた95年秋以降の『BURRN!』誌を何号か見返してみましたが、レビュー欄に見つかりませんでした…。

もしかしたら他のアルバムだったかもしれませんが、いずれにせよ彼らの存在を思い出すことで何かしらポジティブな気持ちになっていただけたのであれば何よりです。

おはようございます

掲載されてないなら僕の大きな勘違いだったみたいですね。忙しい中をわざわざ見返していただき申し訳ないです。まだ未聴なのでAmazon musicで1stアルバムを聴いてみます。ありがとうございました。

>名無しのメタラーさん

デビュー作のリリース日近くの号は確認しましたが、無名バンドのデビュー作となると海外のリリース日と日本盤のリリース日が大きくズレている可能性もあるので、もしかすると1年後とかの号に載っているのかもしれません。

国内盤は

私が初めて買ったヤング・ギターの1996年8月号に載っていましたので(たまたま最近懐かしんで読み返していました)、もしBURRN!に載っているならその辺りかなと思われます。

>胃痛の男さん

この2023年にたまたま1996年のヤングギターを読み返して、しかもこんなマイナーなバンドのレビューが目に留まっている方がこのブログを読んでいるというのは凄い偶然ですね。

そして大当たりです。『BURRN!』も1996年8月号にレビューが掲載されていました。海外でのリリースが1995年の10月なので、やはりほぼ1年遅れの国内盤リリースだったんですね。

ちなみに82点でした。