fc2ブログ

2023年 印象に残った10枚

地震やら飛行機の事故やら、あけましておめでとうございます、と言うのも憚られる幕開けの2024年ですが、1年の不幸を冒頭2日間で全て出し尽くしたと考えたい所ですね。

2023年はとにかくライブの復活が印象的な年でした。(興行成績は微妙だった感じですが)LOUD PARKが久方ぶりの復活を果たしましたし、HELLOWEENの日本武道館公演、MOTLEY CRUEとDEF LEPPARDのジョイント公演、そしてSECRET SPHERE & SERENITYなんていう俺得公演含め、個人的にも楽しみましたし、秋口の来日ラッシュはメタラーを破産させるのではないかという勢いがありました。

いわゆる「年間ベスト」的なものを公開するのはこの手のブログの「義務」のようなものだと思いますので(?)、あらためて振り返って考えたわけですが、候補に挙げたくなる良作は多かったものの、「これぞベスト・アルバム!」という決め手には欠けたので順位ではなくアーティスト名のアルファベット順で記載します。

angusmcsix01.jpg
ANGUS McSIX "AND THE SWORD OF POWER"
元GLORYHAMMERの弁護士ヴォーカリスト、アンガス・マクファイフことトーマス・ウィンクラー氏によるスーパー・キャッチーなパワー・メタル・サウンド。

bloodycumshot02.jpg
BLOODY CUMSHOT "DEFLORANTISM"
ZEMETHでその恐るべきクサメロ・センスを発揮するJUNYA氏による、クサさとメタリックな攻撃性のバランスをとった(?)高品質メロデス・サウンド。

crowne02.jpg
CROWNE "OPERATION PHOENIX"
これぞ北欧メロディック・メタル。哀メロの充実は往年のソナタを彷彿させるほど。アレクサンダー・ストランデル(Vo)はART NATIONでも素晴らしい作品をリリースしていた今年度MVP。

delain07.jpg
DELAIN "DARK WATERS"
今年の女性ヴォーカルもので一番個人的な琴線に触れてきました。儚げな印象の新ヴォーカリストの声が好みです。

edufalaschi02.jpg
EDU FALASCHI "ELDORADO"
ANGRAの新作も良い出来だったのですが、やはり私にとって「ANGRAの声」としてしっくり来るのはこちらなのです。あの超ハイレベルなANGRAのサウンドを完全再現できているのが驚き。

gloryhammer04.jpg
GLORYHAMMER "RETURN TO THE KINGDOM OF FIFE"
キャラの立ったVoの脱退でパワーダウンするかと思いきや、シンフォニック・パワー・メタルとしてはむしろ楽曲のクオリティが上がっている印象(チャート成績的にはやはり下降したようですが…)。

lovebites04.jpg
LOVEBITES "JUDGEMENT DAY"
まさかここまで強力なパワー・メタル・アルバムを出してくるとは思っていませんでした。コロナ禍で足踏みを強いられましたが、ぜひ海外で頑張ってほしい。

magnuskarlssonsfreefall04.jpg
MAGNUS KARLSSON’S FREEFALL "HUNT THE FLAME"
『Frontiers Music』のメロディック・メタル・マスターによる実力派ヴォーカリスト博覧会は今回も鉄板の完成度を誇る劇的メタル作。

serenity08.jpg
SERENITY "NEMESIS A.D.
予想外に(?)ライブも素晴らしかった、これぞ欧州メロディック・パワー・メタルの美学。

theocracy06.jpg
THEOCRACY "MOSAIC"
ここに挙げた中ではかなりB級なのですが、個人的な琴線に触れてくるメロディや展開が多く、完成度で勝る他のアーティストのアルバムを押し退けて選出したくなりました。


上記10選に漏れたものとしては、ANGRA、KAMELOTといったこのサイト/ブログの「定番」(どちらも前作より良かったと思ってます)、DGM、SECRET SPHERE、TEMPERANCE、FROZEN CROWNといったイタリア勢(これもどれも良作でした)、浜田麻里に陰陽座といった日本人アーティスト、そしてメロハー系ではART NATION、CREYE、ECLIPSE、FIRST SIGNALといった『Frontiers Music』勢に、これはHR/HMというにはソフト過ぎるかもしれませんがMODXは個人的な80年代趣味的にツボで、デス声のものではKALMAHやSCAR SYMMETRYなどはメロディ派の私を納得させる優れた作品で、良作の多さという意味では今年も豊作でした。

メタル・ジャーナリズム界隈ではメジャー所ではMETALLICAにAVENGED SEVENFOLD、アンダーグラウンドな所ではSLEEP TOKENにJESUS PIECEあたりがアツかったようですが、例によって個人的な琴線には全く触れず。

近年「平均点」は上がっているので、今年も楽しめる作品がリリースされてくるであろうことは心配していないのですが、今年は「これぞ今年を代表するアルバム!」と確信できるような飛び抜けたアルバムの登場を期待したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

まさかの連続

本年もよろしくお願いします。
昨年は、私的に余命を告げられた(!?)かのように、まさかのLive参戦連発でした。
初LOUD PARK、ARCH ENEMY×2回、武道館×2回、なかなか忘れられない年になりました。

〇U.D.O. "Touchdown"
 ここに来てのまさかのガチメタル大傑作アルバム。
〇MAJESTY "Back To Attack"
 まさかの解散前の大傑作。
〇LOVEBITES "JUDGEMENT DAY"
 日本そしてレディースバンドのまさかの究極メタルアルバム。
 ライヴBDもめずらしく繰り返し見ちゃいましたね。
〇CROWNE " Operation Phoenix"
 まさかの北欧スーパーバンド。とにかく楽曲が良すぎ。
〇ART NATION ”Inception”
 見た目は苦手なストランデル君にまさかのドはまり。
〇THEOCRACY "Mosaic"
 まったくのお初バンドでしたが、まさかの良曲ばかりで、うれしい誤算。
〇THE DEFIANTS "Drive"
 こんなにいい曲ばかりのアルバムって、そうそうないかと。
 まさかの1st、2ndも後追いで聞きまくりでした。
〇IMMORTAL GUARDIANS "Unite and Conquer"
 こんなにこのバンドにハマるなんて、まさかの想定外でした。
〇EDU FALASCHI ”Eldorado”
 反対意見も多いかと思いますが、
 まさかのANGRAを超えるような傑作ですね。
〇ECLIPSE ”MEGALOMANIUM”
 安定の溌溂とした傑作メロハーアルバム。
 バンドもアルバムも「まさか」の使いどころが無い(苦笑)

今年も傑作アルバムで胸躍らせたいですね。

本年もよろしくお願いします

毎年高確率でadoreさんと選出アルバムが被っている自分ですが今年は4枚でした。
 TWILIGHT FORCE
 KAMELOT
 TEMPERANCE
 NOVERIA
 ART NATION
 WONDERS
 DGM
 ADRIAN BENEGAS
この辺りも非常に良かったと思います。
例によってパワーメタルばかりですが。
KAMELOTは個人的にVoがトミーに変わってから最も全盛期に近い充実したアルバムでしたし、ART NATIONの素晴らしい歌メロとフック、疾走曲全編満載のWONDERSは特に印象に残りました。
またロニー・ロメロがVoを務めるADRIAN BENEGASは今年のネオクラ一等賞をあげたくなる作品です。
ぜひネオクラ愛好家のゆうていさんにも聴いていただきたいですね。
今年はとりあえず見えているところで
METALITE
RIOT
RYUJIN
が楽しみです。
名曲”In Silence”を発表して以降音沙汰のないペルーのNAUTILUZやデビュー作が素晴らしかったMOON REVERIEの新作を個人的に首を長くして待っております。

2024年(令和6年)宜しくお願い致します。

adoreさん、今年もどうぞ宜しくお願い致します。(明けましておめ…とは言いづらい)
元旦早々、信じ難い波乱の幕開けですね…胸が痛みます。一人でも多くの無事を祈るばかりです。

私も2023年(令和5年)個人的ベスト・アルバムというよりは"耳に残った好印象アルバム"を選出させて下さい。
①OPERA MAGNA…『OF LOVE AND OTHER DEMONS』
②REVOLUTION SAINTS『EAGLE FLIGHTS』
③THEOCRACY『MOSAIC』
④FROZEN CROWN『CALL OF THE NORTH』
⑤SARAYASIGN『THE LION'S ROAD』
⑥DGM『LIFE』
⑦SECRETSPHERE『BLACKENED HEARTBEAT』
⑧KAMELOT『THE AWAKENING』
⑨PYRAMAZE『BLOODLINES』
⑩SERENITY『NEMESIS AD』 

まだまだ高品質の作品が沢山ありましたが、個人的に、パッと思い出すのは、こんな感じでした。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
新年早々、速報が流れるようなニュースばかりで本当に気が重くなりますが、禍福糾える縄の如し、と思いたいです。また、北陸の一刻も早い復旧を心から願います。これ以上悪いニュースが続けば、改元遷都大仏建立以外対策が思い当たりません。

さて、昨年のリリースは本当に当たりばかりでしたね。記事を読んでいて、陰陽座のリリースあったかなと思い焦りましたが、龍鳳童子は1月でしたね…。すっかり2022だと思い込んでいました。
毎年恒例挨拶のようになっていた、LOUD PARK復活、Helloween来日も叶ってしまって、今年はこれと言った祈願も思い当たらないのですが、LOUD PARKの定年開催を心より祈願したいと思います。

本年もよろしくお願いします

昨年はadoreさんにご紹介頂いたアルバムを数枚購入し、どれもヘビロテしています。
その中で一番私的お気に入りはTHEOCRACYの Ghost Shipって5年前のアルバム。笑
今年もまた「生きてこの曲に出会えて良かった」と思える名曲たちとの出会いを楽しみにしています。
そして今年こそライブに行きたい!
毎日ストレッチして備えていまーす。

2023年を振り返る

私の2023年BESTはこんな感じになりました。

第1位ーThe Winery Dogs『STARS』
第2位ーNARNIA『GHOST TOWN』
第3位ーKENT HILLI『NOTHING LEFT TO LOSE』
第4位ーEXTREME『Rise』
第5位ーLOVEBITES『Judgement Day』
第6位ーWARMEN『Warmen Are Here For None』
第7位ーDelain『Hideaway Paradise』
第8位ーKamelot『Bloodmoon』
第9位ーCIRCUS OF ROCK『Heavy Fire』
第10位ーFIFTH ANGEL『On Wings Of Steel』

adoreさんにはいつもお世話になっております。
私が未だにHR/HMに興味を持ち続けているのは、BURRN!とMETALGATEのおかげだと思っています。ネットで音楽を聴くようになってから、楽曲単位で音楽を聴くようになったので、アルバム単位で評価出来なくなりました。出勤時車の中聴いているアルバムはMr.BigとThe Winery Dogsばかりです(笑)。

元学生メタラーさん、ADRIAN BENEGASを教えていただきありがとうございます。YouTubeで2曲視聴した処、間奏が素晴らしいと感じました。私的には2023年ネオクラ1等賞はNARNIA『GHOST TOWN』、2等賞はWARMEN 『Here for None』、3等賞はFIFTH ANGEL『WHEN ANGELS KILL』だと評価しています。

>papadon1966さん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

コロナ前であればライブに行く機会などいくらでもあったと思うのですが、子育てが落ち着いたとかそういう状況変化もあったのでしょうか。

いずれにせよメモリアルな年になったということであれば何よりです。年齢を重ねるとそういう年も少なくなっていきますしね(?)。

MAJESTYやIMMORTAL GUARDIANが入っている辺りがキャリアのあるメタラーならではという印象のセレクトですね。

>元学生メタラーさん

THEOCRACYとKAMELOT、GLORYHAMMERとTWILIGHT FORCEは本当にどちらを入れるべきか悩みました。

KAMELOTはおっしゃる通りトミー・カレヴィック加入後の最高傑作(というか一番わかりやすいキャッチーなメロディ/コーラスが多いアルバム)で、入れるべき作品だったのですが、ちょっとマイナーなアーティストも選びたい、というこういうサイト/ブログをやっている人間ならではの(?)色気というか自己顕示欲が出てしまいました。お恥ずかしい。

NAUTILUZはホントにどうしたの、って感じですね。MOON REVERIEは5年に1枚ペースかな…と思ってます(笑)。

>Kazuriさん

ホント、「おめでとう」と言いにくい年明けですね。せめて身の回りだけでも良いことの多い年にしていければと思いますが。

OPERA MAGNA、REVOLUTION SAINTS、SARAYASIGNのセレクトがKazuriさんのメロディの嗜好というかこだわりを感じさせますね。

>結城真之介さん

現実的には万博もままならないのに大仏建立はなかなか厳しそうですね(苦笑)。

陰陽座に限らず毎年思うのですが、1月にリリースされてしまうと年間ベストに選ばれにくくなりそうな気がしますね。

LOUD PARKはあの集客ぶりだともう二度と開催されないのではという気がしています…。

>なな吉さん

THEOCRACYの"GHOST SHIP"自体は紹介していませんが、THEOCRACYというバンド自体をご紹介できたということですかね(笑)。

しかしNOVERIAといいTHEOCRACYといい、なな吉さんは80年代のメジャーなアリーナ・メタルで育った割には失礼ながら結構ご趣味がB級ですね(笑)。

そういう方だから今なおメタルをお聴きになっているのだと思いますが。

>ゆうていさん

『BURRN!』と並べていただけるとは恐縮です(笑)。

たしかにもはや楽曲単位で音楽を楽しむ時代ですね。こういう「年間ベスト・アルバムの選出」というのは40代以上の文化ではないかという気がしています。

今年もよろしくお願いします。

新年おめでとうございます。

昨年は、ANGRAやDGMを期待通りのアルバムを出してくれましたね。

自分も、昨年印象に残った10枚を選んでみました。
PRIMAL FEAR以外は、少しマイナーなアーティストかもしれませんが、いつか来日するくらいになってほしいです(笑)
DEGREED "PUBLIC ADDRESS"
HEAVEN'S EDGE "GET IT RIDE"
JASON BIELER AND THE BARON VON BIELSKI ORCHESTRA "POSTCARDS FROM THE ASYLUM"
MYSTIC PROPHECY "HELLRIOT"
PRIMAL FEAR "CODE RED"
SECRET "STOP THE WORLD"
SILVER BULLET "SHADOWFALL"
THE LIGHTBRINGER OF SWEDEN "THE NEW WORLD ORDER"
TEMPLE BALLS "AVALANCHE"
WALK WITH TITANS "OLYMPIAN DYSTOPIA"

今年も、音源やライブ、そしてブログ閲覧くらいは楽しめるような年にしたいですね!

>なっつさん

これはまたなかなか通好みなセレクトですね!

WALK WITH TITANS の"OLYMPIAN DYSTOPIA"は私のようなSTRATOVARIUS好きにはたまらないパワー・メタル・アルバムでした。

音源やライブ、そしてブログ閲覧くらいは、なんて慎ましいことを言わず、人生最高の年にしていきましょう!(笑)

2023年の振り返り

なんだか会社っぽいタイトルですが、昨年、何を聞いてたかなーと思い出すと、やはり会社のこととかが一緒に出てきてしまうんですね。(ン十年に亘るリーマン体質の悲しいサガ)
で、わたくし、そんなに沢山のアルバムを聴いたわけでもないないので、このトピックでadoreさんや、コメント書いてくださっている皆さんから、あらためて情報を得させてもらってます。そんな形で私のメタルライフはmetalgateのおかげで、かなり充実しています。あらためて感謝申し上げるとともに、本年もよろしくお願いいたします。

2023年の前半は、Ascensionと、Lovebitesが超ヘビロテでした。そこにFrozen Crownをたまに入れて。連休明け辺りからは、Walk With Titans、Mystic Prophecyを聴くことが多かったですね。そうこうして夏ごろからは、Atomic Fire Recordsの波状攻撃にまんまとやられ、U.D.O,、Primal Fear、Theocracy、Angraと、年末まで。皆さん仰る通り、AngraよりもAngraっぼいEdu Falaschiも何度も聴きました。こんなんで10個出ちゃいましたね、年末に出たEvermore、Chamelion等は、聴き込んでいたら入れたかも。

2024年は、DragonForceが出してきますね。あと多分、Unleash The Archersが出そうで、これは楽しみ。イタリアの新星、Elettra Stormも聴いてみたいですね。そしてなんとまあ、ドイツのScannerが復活だそうで。私の中では初期2作(Hypertrace, Terminal Earth)は殿堂入りなので気になるのですが、先行の何曲か聴く限りは、その後のパッとしない路線のようなので期待はしてませんが。

2023年 ジャケと楽曲内容のギャップ第1位(笑)

角度を変えた2023年振り返り…ダサ過ぎるアルバム・ジャケットに、一体どんなB級…いやC級的な楽曲なのだろうかとナメて聴いてみたら、VoもGもかなり上手くて、なにより楽曲が素晴らしく、個人的「そのギャップにビックリしたでしょうアルバム」第1位です(笑)↓adoreさんやコメントされてる方々とかは御存知の方なんでしょうか。

https://youtu.be/1FlOR-Jv5nU?si=VgFcMHgznt4iroWn

>バモスラピドスたらさん

このブログが私よりもメタル歴が長く、恐らく硬度も高いメタラーであるバモスラピドスたらさんのメタル・ライフの充実に貢献できていたら幸いです(笑)。

SCANNER、私もちょっと興味を引かれました。"The Earth Song"という曲は往年のB級ジャーマン・メタルを思い出させる曲で嫌いではないですが、2024年クオリティとしてはやや厳しい感じですね(苦笑)。

でも、GAMMA RAYも来日し、RAGEも新譜を出すということで、今年はちょっとしたジャーマン・メタル・リバイバル・イヤーになるかもしれません(?)。

>Kazuriさん

『BURRN!』の輸入盤レビューのコーナーで目にしたことがあるアーティスト名ですが、まったく聴いたことありませんでした。

ジャケットのアートワーク同様、80年代B級正統派パワー・メタル路線ですが、メチャ良いですね。大好きな音です。

作詞作曲全パート演奏ヴォーカル全てこのレベルやれるのは凄いですが(しかも本人のルックスも悪くない)、ビジネス的にもうちょっと頑張ってほしいですね。せっかくの才能がもったいないと思います。

2023年私の印象に残った曲ベスト5

皆さん凄く玄人向けですね!
2023年私の印象に残った曲ベスト5は、
No.1 Theocracy Mosaic
No.2 Galneryus Run to the edge
No.3 Ashrain I still burn
No.4 Angra Generation warriors
No.5 Majustice Ancestral recall

こんな感じです。アルバム単位じゃありませんが、上記の5曲をずいぶん聴いていましたね(笑)。

>40台サラリーマンさん

日本のギター・ヒーロー・タイプのギタリストを擁するメロディック・メタルがお好みのようですね。

サブスクで音楽を聴くのが一般的になり、アルバム単位というよりは曲単位で聴くのが一般的になりましたよね。

本当はもはやベスト・アルバムではなくベスト・チューンのみを選出する方が時代には適合しているのかもしれません。

ありがとうございます

Kazuriさん、
年明け早々にナイスな情報ありがとうございます。貼って頂いたサイト(とNWOTHMのサイト)は定価的に見回っているのですが、コレ、気付きませんでした、というか多分、ジャケ見てスルーしてました。ルッキズムのこのご時世、見た目だけでの判断はキケンですね。

adoreさん、
なるほどこの方は一人で全部やってるのですね。METALGATE 的に実は2023年の人気ナンバーワンだったのではないかと思われるTheocracyも、初期はマツトスミスが一人で全部やってませんでしたっけ。いつの日かこのバレンチノフランカビラさんも、そんな人気バンドになるのでしょうか。

adoreさんコメントありがとうございます。

その通りです!ジャパニーズギターヒーロー系大好きです。
しかし、陰陽座やラブバイツのような、可愛い女性ボーカルだと、どんなに素晴らしいメタルでも毛嫌いしてしまいます。おじさんの悲しいサガです(笑)。
今年も、ジャパニーズギターヒーロー系の紹介楽しみに待ってます!

adoreさん&バモスラピドスたらさん

Valentino Francavilla『Midnight Dreams 』を聴いてみて下さって、コメントもありがとうございました。バモスラピドスたらさん、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

実は私も一度スルーしかけたのですが、ジャケはダサいのに中身内容は意外にも素晴らしかった、みたいな"メタル作品あるある"のパターンもありますから念の為チェック…やはり油断出来ませんね(笑)

前回コメントする時に再度聴いてたら、私ちょっとハマってしまいまして…新年明けたのに(笑)どこか懐かしく耳馴染みの良いパワーメタル・サウンドでアグレッシブな楽曲、そして何気に好みな歌メロが多くてクセになります。アルバム内③Midnight Wolfのサビ/コーラスの感じとか好きですね。

しかしadoreさんが教えて下さった、全ての事を一人でやってるのは凄い才能ですよね。仰っしゃるとおり埋もれたままでは勿体ない、CD化されてないようですから、ここはイタリア人で楽曲も80年代パワーメタル路線…「Frontiers Records」からリリースどうでしょう?AOR系やHRじゃなきゃダメかな…(苦笑)
それ以上に!私の年間①選出した、OPERA MAGNAの『OF LOVE AND OTHER DEMONS』どうにかアルバムCD化ならないかなぁ…本当に今一番CDで欲しい作品です…絶対、即購入するのになぁ〜切ない(涙)

レコード会社のお話

Kazuriさん、
この手の路線は、同じイタリアでも、Scarlet Recordsならば食指が動くものと思われます。マイナーですが。

adoreさん、
ジャーマンメタル、B級含めてまた盛り上がると嬉しいッスね。惜しまれつつも親会社の身売りかなんかで無くなってしまったNoise Internationalは特にお気に入りでしたね。Disc Heaven行ったらまずNoiseレーベルのものを探してました。
と思ってWikiってみたら、なんと密かに復活してるんですね、Noise Records。新規リリースはしてない、過去の版権で生きてる管理会社のようですが。

>バモスラピドスたらさん

THEOCRACYが人気バンドなのかどうかは微妙な所ですが(笑)、このValentino Francavilla氏はマット・スミスに劣らぬ才能の持ち主と思われるので、ぜひもっとスポットライトを浴びてほしいですね。

ちゃんとしたレーベルに所属してプロモーションされれば、それなりに人気出そうな気もするのですが。

>40台サラリーマンさん

普通のおじさんは可愛い女性が好きなのではないでしょうか?(笑)

実際、ガールズ・メタル・バンドのファンはおじさんばかりという話ですし。

>Kazuriさん

CDを買いたい人にとってはなかなか厳しい時代になってきましたね。

逆にValentino Francavilla氏やOPERA MAGNAクラスのアーティストとっては在庫を持つリスクなしに音楽を発表できるようになったということでもありますが、CDが売れる方が利益率は高いようなので、難しい所ですね。

Valentino Francavilla氏が所属するとしたら、レーベルのコントロールが強そうな『Frontiers Music』よりバモスラピドスたらさんがおっしゃるように『Scarlet Records』の方が音楽的にも向いているような気がしますね。

>バモスラピドスたらさん

『NOISE』はジャーマン・メタル・ブームの時代には「レーベル買い」したくなるレーベルでしたね。

Wikipediaなどで過去の所属アーティストを見ると結構錚々たる面々なのですが、なぜ勢いをキープできなかったのでしょうかね。

HELLOWEENやRUNNING WILDやRAGEなどが今でもちゃんとやれているのがせめてもの慰めでしょうか。

adoreさんコメントありがとうございます。

確かにそうですね(笑)!
普通のおじさんなんで、可愛い女子すきなんですけど、メタル=男臭いって感じを持っています恥ずかしながら(笑)。
克服しようと思うんですけど、イマイチ盛り上がらないというか…。古い考え方でスミマセン(涙)。自分が少数派だと思います。

>40台サラリーマンさん

たしかに「メタルは男がやるもの」という感覚を持っている人は結構いる気がしますね。

女性が歌う(演奏する)メタルが結構好きな私でさえ、その感覚は理解できなくもないので。