fc2ブログ

REMEDY "SOMETHING THAT YOUR EYES WON’T SEE"が2月2日(金)国内盤発売

remedy01.jpg

2020年にスウェーデンの首都ストックホルムで結成されたメロディアス・ハード・ロック・バンド、REMEDYの、欧州では昨年2月にリリースされていたデビュー・アルバム"SOMETHING THAT YOUR EYES WON'T SEE"が2月2日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

ワードレコーズの商品紹介によると、バンドのコンセプトは「ジョー・リン・ターナー、Mr. Big、Def Leppard等、80年代、90年代のハードロック・アーティストたちから影響を受けたバンドをやろう」というものだったそうで、ジョー・リン・ターナーがやけにピンポイントだなと思いました(笑)。

よっぽどメロディアス・ハードの隠れ名盤として知られるジョーのファースト・ソロ・アルバム、"RESCUE YOU"が好きだったんですかね?(笑)。

とりあえずジョーは置いといて、MR.BIGやDEF LEPPARDを志向していると聞くとメジャーなアリーナ・ロックをイメージしてしまいますが、そこはやはり北欧スウェーデン産、そのメロディは哀愁が強く、北欧メロディアス・ハードの名に恥じないサウンド。

とはいえ北欧によくあるAOR系のメロハーとは違ってかなり明確にハード・ロックとしてのエッジがあり、そういう意味では確かにアリーナ・ロック・タイプ、H.E.A.TやECLIPSEあたりに通じる雰囲気もあります。

なお、そのECLIPSEのエリック・モーテンソン(Vo, G)が本作のプロデュースを務めているそうです。

クオリティ的には全く申し分なく、これはH.E.A.T、ART NATIONに続く逸材かも、という気がしつつ、ワードレコーズの商品紹介にある「ヨーロッパでのリリース時、CDのファースト・プレスは2週間でソールドアウトし、母国スウェーデンではアルバム・チャートのトップ10にランクイン」という謳い文句が、前者はともかく(プレス数が少なかっただけだと思うので)、後者はスウェーデンのチャートを掲載しているサイトでエビデンスとなる情報が見つけられず、ちょっと疑っています(笑)。

何せオリジナルのリリース元が『S-ROCK MUSIC』という聞いたこともないレーベルだし(チャンネル登録者数が600人もいないYouTubeのチャンネルにはこのREMEDY絡みの動画しかないので、実質自主レーベル?)、各MVの再生数を見ても、いかにスウェーデンの人口が少ないとはいえ、本当にTOP10入りしたならもうちょっと行くでしょう、という感じです。

まあ、別に「ナショナル・チャート」とは書いていないので、ストックホルムのメロハー専門店(そんなものがあるかどうか知りませんが/笑)の売上チャートだったとしても「スウェーデンのアルバム・チャート」であることは間違いないので、そこを問い詰めるのは野暮というものでしょう。HR/HMファンであれば音楽の素晴らしさとチャート成績の間に何の関係もないことはよくわかっています(笑)。

>>Amazonの商品ページ





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

JLTの『RESCUE YOU』は紛れもない名盤ですが

直前までRainbowというそこそこ成功したバンドに居たにも拘わらずアメリカではさっぱり売れなかったので、バンドの理想像とするのはどうか…と思ってしまいます。

No title

新バンドの紹介ありがとうございます。なかなかリフがいいですねv-218

言ったもん勝ち。

よくまぁ〜次から次へと、この手の良質なバンドが出て来ますよね。さすがはスウェーデン、強い(笑)

MV視聴させて頂きましたが、どの曲もサビが良くて、楽曲自体もアリーナ・ロック寄りのスケール感と北欧らしい哀愁メロが程良いバランスで良。

アルバム売上チャートなど"謳い文句"に関しては、その規模が実際はどうであれ、ウソじゃなければ、これもう言ったもん勝ちですね(笑)少しでも購買意欲を湧かせる、高める為には(笑)
なのに、あのジャケのアート・ワークですか…ちょっと苦手な感じ(苦笑)

かなり良いですね。ただ・・・

エントリーが魅惑のワードだらけでしたので、MVをがっつり視聴しちゃいました。

①LIVING ON THE EDGE
 ライヴは満杯(風)。ツアーはバス移動(風)。すでにBigBandですね(笑)
 メロイックサイン多発にちょっとやられましたけど、
 イケイケお姉さんが出ないので、-5点。Gのオブリはいいんですが、ソロ弱すぎ。

②I WANNA HAVE IT ALL
 お姉さんでないなー、って言ってるそばから出まくり(苦笑)
 なお、女の嫉妬は怖いよ。ってな、ど定番。
 ぶ厚いコーラスがいいですけど、Gソロ、も少し熱いのが欲しい。

③THUNDER IN THE DARK
 映画カラテキッドの丸パクリ。
 カミナリみたいなGソロがほしいなぁ。

しびれるメロディばかりで、楽曲はすばらしいのですが、返す返すもGがソフトすぎるのです。個人の意見ですが。

>周蔵さん

ジョー在籍時のRAINBOWはロニーやグラハムの時期よりはアメリカで売れたとはいえ、せいぜいTOP40レベルだったので、アメリカでは「元RAINBOW」はあまり「売り」にならなかったんでしょうね。

バンドの理想像としているかどうかはわかりませんが、彼らの楽曲には"RESCUE YOU"に収録されたいくつかの哀愁系の楽曲に通じるものがありますね。

>しんさん

ギター・リフにちゃんと存在感があるかどうかがAORになるかメロハーになるかを分けますね。

No title

広告会社に勤める人間としては虚偽広告や誇大広告はご法度なので、危ない橋渡ってるなという気がします(苦笑)。

突き抜けたものはないにせよ、スウェーデンならではの良質メロハーですよね。

ジャケットはたしかにメロハーっぽくないですが(笑)。

>papadon1966さん

たしかにギター・ソロはかなり控えめですね。

とはいえ80年代後半以降、この手の音楽で主張の強いギター・ソロを弾くと「楽曲のバランスを壊している」とか「ギタリストのエゴ丸出し」みたいな非難を浴びがちだったと思いますので、これは歌モノとしての完成度を重視した結果のあっさり感なのではないかと思います(?)。