fc2ブログ

LIONHEART "THE GRACE OF A DRAGONFLY"が2月23日(金)国内盤発売

lionheart04.jpg

元IRON MAIDENのデニス・ストラットン(G)が在籍しているバンドとして紹介されることが多いイギリスのメロディアス・ハード・ロック・バンド、LIONHEARTの2016年の通算4作目となるフル・アルバム"THE GRACE OF A DRAGONFLY"が2月23日(金)にワードレコーズから日本盤リリースされます。

1980年の結成当時には元TYGERS OF PANG TANGのジェス・コックス(Vo)をフィーチュアしたいわゆるNWOBHMの流れにあるヘヴィ・メタル・バンドで、1982年に"HEAVY METAL HEROES VOL II"というオムニバスに提供した"Lionheart"というバンド名を冠した曲は、荒々しく疾走するヘヴィ・メタル然とした曲でした。

しかし、折からのヘヴィ・メタル・ブームに乗ってメジャーの『CBS』と契約したことで(当時の感覚で)「売れるための音」にシフトし、REO SPEEDWAGONやSTARSHIPを手掛けたケヴィン・ビーミッシュをプロデューサーに迎えて制作したファースト・アルバム"HOT TONIGHT"(1984)は、当時「産業ロック」などと呼ばれたサウンドに接近した、Keyを大フィーチュアしたメロディアスなハード・ロック・アルバムで、NWOBHMファンには受け容れられず、かといって思惑通りにメジャーなポップ・ロックとして売れるには少々野暮ったいサウンドだったこともあり、欧米では全く売れず、1986年に自然消滅に近い形で解散してしまっていました。

先述した通りこのバンドには元IRON MAIDENで、その後PRAYING MANTISに加入するデニス・ストラットンが在籍しており、それ以外にも、その後M.S.G.に加入するスティーブ・マン(G, Key)が在籍しており、そういう「ブリティッシュHR/HM人脈」が好きな日本のHR/HMファンの間では"HOT TONIGHT"は「隠れた名盤」として評価されており、未発表音源集"UNEARTHED -RAIDERS OF THE LOST ARCHIVES-"(1999)は日本だけでリリースされていました。

そんな「日本のマニアにのみ評価されていたバンド」がなぜ2016年に今さら再結成したのかやや不思議(経済的合理性という意味で)でしたが、その後ほぼ3年おきくらいの感覚でアルバムのリリースを重ねています。

時にSURVIVORなどが引き合いに出されることもあるのですが、そんなに洗練された音楽ではなく(失礼)、湿った歌メロのセンスはやはり英国のバンドといった感じで、その見事なコーラス・ワークによるハーモニーによって想起されるのはやはりPRAYING MANTISなのではないでしょうか。

PRAYING MANTISのような「ツイン・リードのギターによる妙味」こそないものの、その哀愁を帯びたメロディのセンスと、サビで発揮されるコーラス・ハーモニーは個人的には結構ツボで、現Voのリー・スモール(元PHENOMENA, SHY等)の安定した歌唱力もあって、少々レトロ感はありつつも、心惹かれるものがあるサウンドです。

>>Amazonの商品ページ






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

高齢化

あやうくコメントなし記事になりそうでしたので、駆け込み?的に失礼しますが、Lionheart、恥ずかしながら?聴いたこと無かったです。いや、バンド名は聞いたことあったんですが、当時は今ほど簡単に視聴も出来なかったし、なんとなく逃してましたね。
結成44年ということは、たぶん今60歳は超えてるんでしょうし、8年前の再結成時も、50は超えてたと思われ、確かになぜ?今さら?ですね。よほど仲良しだったんですかね。
しかしまあ最近この業界、ロートルが元気ですね。スレイヤーとか、プリーストとか。アクセプトも新譜出るようですし。高齢化=若手が育ってない、という歴史ある会社には有りがちな構図がこの業界にもあてはまっちゃってるようですね。

余談ですが、LionheartのあとJudasPriestの話題になったので、ロブハルフォード作曲の”Heart Of A Lion”(Racer-X)が聴きたくなり、そして今、鬼リピ中です。

>バモスラピドスたらさん

お気遣いどうもありがとうございます。
別にコメントなし記事になっても全然気にしませんので大丈夫ですよ(笑)。

ロートルが元気というか、ロートルの活動くらいしか話題にならないのが(日本だけかもしれませんが)HR/HMの問題ですね…。