fc2ブログ

SONATA ARCTICA "CLEAR COLD BEYOND"が3月8日(金)国内盤発売

sonataarctica12.jpg

フィンランドのメロディック・パワー・メタル・バンド、SONATA ARCTICAの、前作"Talviyö"(2019)から2枚のアコースティック・アルバムのリリースを挟んで通算11作目となるフル・アルバム"CLEAR COLD BEYOND"が3月8日(金)にマーキー・インコーポレイティドから日本盤リリースされます。

日本盤リリース元のAVALONレーベルは盛んに「原点回帰」を謳っていますが、正直な所、これまで何度も「原点回帰」のタタキ文句に肩透かしを喰らってきたので、もはや真に受けてはいません(笑)。

今回も最初に公開された"First In Line"を聴いた時には「オッ?」と思いましたが、続いて公開された"A Monster Only You Can't See"、 "Dark Empath"を聴いて、「ああ、やっぱり」と(苦笑)。

トニー・カッコ(Vo)自身「ヘヴィなアルバム」と自負しているようですし、実際、"First In Line"以外にも速い曲がいくつか収められているようですが、まあでもやはり初期のあの「蒼い煌めき」は若くないと表現できないものなのだろうと諦めてます。

いやまあ、「あの」SONATA ARCTICAだと思って聴かなければ全然悪くないんですけどね。速い曲があろうとなかろうと、ちゃんと独自の世界を持つメロディックなメタル・バンドとして評価できる音だとは思います。

>>Amazonの商品ページ





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

よくTwitterで『ソナタは倍速で聴くと初期っぽい』と言われているのを思い出しましたね...
別バンドとして聴けば確かに楽しめますね!

ああソナタよ…

2014年作のPariah's Child以後、毎回同じ事を聞いているような気がします。
自分のやりたい事をやるのか、メロディックなメタルをやりたいのか?
まぁ、今回もそこそこ気に入ると思います。
ただ、初期の3枚が眩しいだけなんですが。

First In Lineは久しぶりにおっ!と思わせる楽曲ですよね。まぁ、やっぱり初期のキーで歌うことが出来ない以上、あの感じは出せないとは思いますが…(苦笑)

ここ最近のアルバムでも1曲1曲の単位で見れば好きな曲もあるんですがねぇ。(前作ではMessage from the sun,前々作だとlife)

「原点回帰!」という謳い文句は、原点回帰できてないから、なので(苦笑)
レーベル側も初期を引き合いに出すことは
逆に売り上げを落とす要因だといい加減気付くべきです
そもそもメインコンポーザーのトニーカッコが
最早パワーメタルに何の興味もないのですから

今回も賛否あるかもしれませんが

個人的には新譜結構期待しています。
最近のソナタの何がまずいって疾走しないことよりも変にモダンだったり微妙にアメリカンにかぶれてみたりメロディックメタルの魅力がなくなっていたことでしたからね。

先行公開されている3曲を聞く限り終始疾走していなくても中期(3rd~4th辺り)の冷ややかで切なげな雰囲気は戻ってきたなと思いました。
シンセの音がピコピコ音ではなくストリングスやチェンバロメインなのもポイント高いです。
正直久々にサブスクで済ませず買っちゃおうかなと思いました。

間奏部の疾走感は

「オッ!?ついにか!?」と期待するのですが、ミドルテンポに戻ると「あー…」ってなっちゃいますね。

思うにやっぱりボーカルが相当キツイんだと思います。もう初期の音楽性はやりたくてもできないんでしょうね。
でも今もメロディには独特の雰囲気があって悪くはないんでokです!

>Lokiさん

メロディの雰囲気は残っているので、倍速で聴くと多少それっぽさが出るかもしれませんね(笑)。

「別バンドとして楽しむ」が私も正解だと思います。

>ゆうていさん

やはり初期の3枚が眩し過ぎましたよね…(苦笑)。

>ごえたさん

ハイトーンで歌ってこそ、メロディのバリエーションも広がるし、サウンドに緊張感も生まれますからね…。

作曲センス自体はまだあると思うので、いっそ自分はキーボードとかに退いて、ハイトーンで歌えるヴォーカリストを迎えるという手もあると思っているのですが(笑)。

>そなた、悪ってか?さん

「原点回帰」の狼少年になってしまいそうですね(苦笑)。

トニー・カッコ本人には興味がなくとも、トニー・カッコにパワー・メタルをやってほしいというファンがいて、周囲がそれをやらせようとするからこういうことになるんでしょうね。

>C.Tさん

「原点回帰」は無理でも、初期に寄せよう、という雰囲気は感じられますね。

私も期待し過ぎずに聴いてみようと思っています。

>周蔵さん

雰囲気はあるし、「いい瞬間」もあるんですけどね(苦笑)。

その「いい瞬間」を継続し、広げていく上ではトニー的にはキツい高音域が必要、ということなんでしょうかね…。

No title

インタビューで、ソナタは昔のパワーメタルスタイルに戻すから、別プロジェクトをやるんだ....

みたいなことを言っていたのですが、聴いてみた感じほんとに疾走感がある曲が多いですね....

ただ、なんかこうメロディーはキャッチーだけどマイルドな風味も強いので、昔とは印象派異なりますね....

No title

初代ギタリストが音信不通らしいのですが・・・。

>紅さん

意外なほど速い曲が多かったですね。

ただやはりトニー・カッコが無理なハイトーンを避けて限られた音域でメロディ回しをしているので、やはり初期のような鮮烈さはないですね。

それでもなんだかんだここ数作よりだいぶ楽しめていますが(笑)。

>HDMさん

音信不通を理由にINSOMNIUMを解雇されたというニュースがありましたね。

単にINSOMNIUMが嫌になっただけということであればいいですが(いや、社会人としてはよくないですね/苦笑)、親しい人とも連絡が取れないような状況だとしたら心配ですね…。

No title

前のアルバムだったTalviyöがSONATA ARCTICA全体のキャリアの中で最悪だったと思って、むしろ「これほどなら大丈夫」と思ってしまいましたね。もちろん過去全盛期時代に比べるとB-SIDEやボーナストラックくらいのクオリティだと感じられる部分がありますが...

>LEEさん

本作が"RECKONING NIGHT"に続くアルバムだったら物足りなさを感じたと思いますが、"Talviyö"に続くアルバムとしては良いアルバムだと思えますね(笑)。

본작이 "RECKONING NIGHT"에 이어지는 앨범이라면 아쉬움을 느꼈다고 생각합니다만, "Talviyö"에 이어지는 앨범으로서는 좋은 앨범이라고 생각하네요(웃음).

No title

限られた音程の曲でも過去のblack sheepや8th commandment(ギリギリ直近よりだとflag in the groundとか?)みたいな緊張感というのかシリアスさがあればカッコいいなと思えた気もします。曲調が陽性なのにボーカルラインの音程が狭いからかフックを感じ辛いですね。何回か聞いていたら変わるかもですが。

>takoidetさん

かつてのメロディのフックと求心力の強さを思うと、物足りなさは否めませんね。

それでもフックがないなりに「いい感じ」に聴かせられるのはこのバンドの(トニー・カッコの?)才能だと思いますが。