fc2ブログ

JUDAS PRIEST "INVINCIBLE SHIELD"が3月6日(水)国内盤発売

judaspriest19.jpg

鋼鉄神JUDAS PRIESTの、前作"FIREPOWER"(2018)以来約6年ぶりとなるオリジナル・アルバム、"INVINCIBLE SHIELD"が3月6日(水)にソニーミュージックから日本盤リリースされます。

前作"FIREPOWER"はきっとキャリア晩年の代表作として語られることになるだろう力作で、当時"NOSTRADAMUS"(2008)と”REDEEMER OF SOULS”(2014)が個人的にはやや退屈だったので、もうJUDAS PRIESTを「現役バンド」とは半ば見做していなかった私でさえ、意外なほど楽しめました。

しかしそこからさらに時は流れ、メタル・ゴッドと称されたロブ・ハルフォード(Vo)ももはや70歳越えの後期高齢者目前。2022年に悲願の『ロックの殿堂』入りを果たしているし、今度こそ名球会入りの引退選手か…と思っていたのですが、先行公開されているMVを視聴すると、なかなかどうして、これが悪くない。

これはやはり、前作に引き続きプロデューサー/エンジニアを担当し、ツアーではパーキンソン病でステージに立てなくなってしまったグレン・ティプトンに代わってギタリストも務めているアンディ・スニープの手腕が大きいのではないかという気がします(リッチー・フォークナーという若いギタリストが入ったことも影響していると思いたいですが、どうも彼からソングライティングのセンスはあまり感じないんですよね…/苦笑)。

いずれにせよ、2020年代になってなおメタル・ゴッド健在はめでたい限り。ただ、このサンタさんみたいな髭はいかがなものかと思っております(苦笑)。

>>Amazonの商品ページ(ボーナス・トラック入りデラックス・エディション)

>>Amazonの商品ページ(通常盤)










関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

アンディは見た目もステージアクションもあまりプロっぽくないので、ロックスター然としたリッチーの存在はライブでは大きいですね。(ザック・ワイルドみたいなギターのトーンはPriestに合っていないと思いますが…)
このバンドにロッド・スモールウッドのような敏腕マネジャーが付いていれば「これだけ儲かるぞ」とメンバーを説得してアンディの代わりにKKを戻すんでしょうかね。

      

ロブ・ハルフォード氏、70歳越えでこの声(ダジャレではなくて)なかなかですね。
ハイトーンではないからこそでしょうか。
にしても元気な先輩の姿には勇気をもらいますね。
ご紹介のMVの中ではCrown of Hornsが好みです。メロディーにどこか懐かしみを感じます。

正直、歳も歳だし前作で燃え尽きてしまうかと思ってました(失礼)

アンディ・スニープの手腕も然ることながら、やはりKKには負けたくない思いも楽曲のクオリティの後押しになってる気がします。

個人的にはやはり本家プリーストの方が好みで、メロディをどの音域でも歌えるロブと楽曲を引っ張る事も支える事も出来るスコット・トラヴィスのドラミングが大きい気がしますね。

リッチー・フォークナーは見た目がカッコイイと思うので華の面で充分貢献してると思います(笑)

ロブ復帰後のプリーストは元祖ヘヴィメタルバンドとして、一定の質のアルバムを出してきたと思いますが、前作のFirePowerは全盛期の作品に匹敵する久々の力作でした。

6年ぶりの新譜の本作は、MVを聴く限り前作の延長線上の音楽で、硬派なサウンドに良質なメロディを兼ね備えたプリーストらしい、威厳のあるアルバムに感じます。

20年前から限界が指摘されてきたロブのヴォーカルも、いがらっぽい中音域を中心にパワフルに歌い上げており、また要所では尚切れのあるハイトーンを披露していて、こうなったらとことんまでやってやるという気概が見えます。

ペース的にはあと1枚くらいアルバムは出すと思うのですが、プリーストの新譜をリアルタイムで聴くという体験をあとどれくらい経験出来るのでしょうね。

>OBさん

たしかにリッチーの存在はライブのステージでは映えますね。ルックス要員?(笑)

K.K.を戻すメリットってありますかね? 失礼ながら「K.K.がいないプリーストなんて聴かない/ライブに行きたくない」という人は寡聞にして知りません。

「なんとなくオリジナル・メンバーの方がいいなあ」くらいに思っている人はいるかもしれませんが…。

IRON MAIDENにとってのブルース・ディッキンソンと、JUDAS PRIESTにとってのK.K.ダウニングではプレゼンスが全然違うので、ロッド・スモールウッドがマネージャーだったとしてもK.K.の復帰にはそれほど熱心にならなかったのではないでしょうか。

そして多分、リッチー・フォークナーの給料はK.K.の半額以下だと思うので、他のメンバーはK.K.がいない方が取り分が増えたりするのではないでしょうか(笑)。

>なな吉さん

72歳でこの声の艶、発音のクリアさ、凄いと思います。流石はメタルゴッド、ですね。

"Crown Of Horns"は、彼らの曲の中ではキャッチーな部類の曲ですね。おっしゃる通り、親しみやすいメロディの曲だと思います。

>ごえたさん

私も失礼ながら前作は「ロウソクが消える前の最後の輝き」のようなものではないかと思っていました(笑)。

KK’S PRIESTは基本的に"PAINKILLER"以降のPRIESTサウンドを再現しようとしていますが、本家は黄金時代だった70年代末~80年代前半に近いアプローチにしているのが勝因のような気がします。

リッチーはやはりルックス要員ですか(笑)。

>周蔵さん

近年のリリース・サイクルが守られるのであれば、さすがに次あたりがラストでしょうねえ。

本作が結果的にラストになってしまっても驚きはしません。

縁起でもないですが、ロブ・ハルフォードが急死したら、もうさすがに新しいヴォーカルを入れて続けよう、というわけにいかないと思います。このバンドの場合。

でも、おっしゃる通り未だメタル・ゴッドたる威厳を感じるサウンドをキープしていますし、本人たちも続けられる限り続けよう、という気概がありそうですね。

No title

一刻を争う状況での心臓の大手術後、「僕は今、文字通りメタルでできているんだ」とコメントできるリッチーのセンスは結構好き

>のなめさん

あの発言はポジティブかつユーモアがあって最高でしたね。

そういう人柄だからこそJUDAS PRIESTの他のメンバーもリッチーをクビにしてK.K.を戻そう、ということにならないんだろうなという気がします。

胸が苦しいほどです・・・

とにかくMVを毎日視聴しっぱなし、なのですが、これほどのHMがここに来て聴けるなんて、本当に感動ですね。
当時、高校生活真っ只中で、”復讐の叫び”(あえて邦題)のレコードを買って帰って、家のステレオで聞いた時の感動はいまでも克明に記憶しています。
明日のCD到着が待ち遠しくて、寝られないかも。

>papadon1966さん

JUDAS PRIEST全盛期リアルタイム世代の人をここまでワクワクさせるとは凄いですね。

きっとカイ・ハンセンとマイケル・キスクが復帰したHELLOWEENのアルバムを待っていた時の私のような感覚なんでしょうね。

一昨日からずっとリピートして聴いています。
平均95点近いBurrn!のクロスレビューはちょっと高すぎかと思いますけどキャリアを考えると十分佳作と言える出来ですね。
ボーナス曲を入れると1時間を超える長さでちょっと胃もたれしそうなので、
Living After MidnightやHot Rockin’のようなシンプルでキャッチーな曲が合間に2、3曲入っていると尚良かったかも。
(せっかくロックの殿堂にも入ったしメタラー以外のロックリスナーにも届きそうな曲という意味でも)
私が買ったのはBlu-spec CD2なのですが、PCに取り込んでスマホで聴く場合は意味ないみたいですね…。

まさかここまで熱い作品を作り出すとは、良い意味で完全に期待を裏切られました。個人的に一番好きなのは「背徳の掟」で、後半が退屈なのですが、今作は最後まで1曲目の勢いそのままに聴かせてくれるので、かなりの傑作に感じます。
ギタリストが3人もいるからなのかな?(あれ?メイデン…) あと矢張りロブって歌が上手だなと。この安定した中低音のコントロールがあるからこそ、リッパーには申し訳ないけど唯一無二の存在であり続けられたのだろうと再認識しました。出来ればグレン共々長生きして、次の作品も聴きたいです。
貴サイトでレビューなさるか分かりませんが、メイデンのブルース、元KISSのエースのソロもかなりの傑作でしたので、そちらも是非。今後は更にRAGE、Accept、Rhapsody、Riot… と、まだ2024年始まったばかりなのにハイペースでリリースされるので、レビュー大変ですけど宜しくお願いします!

>OBさん

私もまさかここに来て"FIREPOWER"を超える作品を送り出してくるとは全く予想していませんでした。

『BURRN!』についてはもはやメタル・ゴッドにはそういう点しかつけられない、ということかと思いますが(苦笑)、実際アルバム全体で見て彼らのカタログで上から数えた方が早いくらいの傑作だと思います。

CDでどれだけ高音質でも、ロスレスではない形でPCに取り込んでしまうと圧縮されてしまいますし、そもそもCD用のステレオ機材とスマホのイヤホンの差があるので、あまり意味はないかもしれませんね…。

>お目がさん

私もまさかここまで良いアルバムになるとは予想していませんでした。

JUDAS PRIESTはアルバム前半にハイライトがあって、後半ややテンションが下がるというのは代表作であっても共通する傾向で、私は今回もその傾向を感じましたが(笑)、楽曲の平均点という意味では彼らのカタログでもかなり上位なのではないかと思いました。

今年は昨年よりも正統的なメタルの注目アルバムが多そうですね。頑張って追いたいと思います(笑)。

無敵のヘヴィメタル!

とんでもないHMアルバムがリリースされましたね。
もう不世出と思われるほどの奇跡の大傑作だと思います。

まだ3月ですけど、今現在2024年のベストアルバムですねぇ。
それどころか、私も生い先が短いので、
本作以上のHMアルバムに出会うことはあるのかな?
なんて思ったりしてます。

メンバーはHM神の領域にいるのでしょうけど、
adoreさんのコメントにもありますが、
アンディ・スニープもその領域に踏み込んでますね。

こりゃ凄いや(笑)

メタル・ゴッド(ズ)に、未だこんな超強力な作品を叩き付けられたら…ただただ、ひれ伏すしかないでしょう(笑)これは畏敬の念を抱かずにはいられない程に素晴らしい。遅ればせながら私も買おうかな…PAINKILLER以来だけど(爆)

上記でpapadon1966さんも仰っしゃられてますが、まだ3月ですけど…もはや某音楽雑誌や多くのHR/HMファンの間での2024年/年間ベストアルバム"1位"に関しては、これで決まりなんじゃねぇ?説(笑)

>papadon1966さん

やはり80年代にヘヴィ・メタルをリアルタイムで体験した人にとってはこれこそがヘヴィ・メタルということなんでしょうか。

思い入れのあるバンドがキャリアの晩年に素晴らしいアルバムを出してくれるというのは嬉しいですよね。

老い先はまだまだあると思いますが(笑)。

>Kazuriさん

あれだけB!誌が持ち上げたロブ復帰作の"ANGEL OF RETRIBUTION"さえスルーしていらっしゃったんですね(笑)。

まあ、そのB!誌の年間ベスト・アルバムが本作になることは想像に難くありませんね。

近年は読者投票よりは編集部各人のベスト・アルバムの方がメイン扱いのようですが。

インストパートタイマーの出来が秀逸ですね
ロブ復帰時点でまともにプレイできていなかったグレンから
リッチーにギターパートの主導権が移行した恩恵ですね
ロブの歌は復帰時点でライブでは最早聴いてるのが辛いレベルでしたが
なん十回でも歌い直して切り貼りできるスタジオでなら
まだまだこれだけのパフォーマンスができるのですね

あとはKKを意図的に追い出したネガティブな歴史を
バンド終焉まで続けるという愚かなことを続けないで欲しいですね

インストパートタイマーってなんだ?w

>老武 春婦翁怒さん

「タイマー」は予測変換の悪戯ですね(笑)。

ライブについてはもう「やってくれるだけでありがたい」の境地の人たちなので今さら指摘するは野暮でしょう(?)。

K.K.については、先日のグラミー賞での共演でバンドとしては義理を果たしたつもりではないでしょうか。

オリジナル・メンバーである彼が復帰できないのはそれなりの理由があるのだろうと思うので、私は今さらK.K.が復帰するとは思えません(本当の最終公演でゲストで呼ばれる、くらいのことはあるかもしれませんが)。