fc2ブログ

LIV MOON "YOU LIVE IN ME"が3月8日(金)発売

livmoon08.jpg

元タカラジェンヌのAKANE LIV(Vo)をフィーチュアしたシンフォニック・メタル・ユニット、LIV MOONの、久方ぶりのアルバムとなった"OUR STORIES"(2022)に続く4曲入りEP、"YOU LIVE IN ME"が3月8日(金)にWalküre Recordsからリリースされます。

このブログでは通常、収録曲の少ないEPはあまり紹介していないのですが、今回、私にとって2010年代にリリースされた楽曲の中で最も大切な曲のひとつである名曲"アマラントスの翼"のリメイク・バージョンが収められているということで、取り上げてみました(笑)。

元々このバンドの創設者というかバンマスだった西脇辰弥(Key)は本作には関わっていないようで(前作はいくつかの曲の作曲のみ)、本作はAKANE LIVの他MASAKI (B: DAIDA LAIDA、CANTA、地獄カルテット、元ANIMETAL他)、KENTARO (G: DAIDA LAIDA、元GARGOYLE)、前田遊野 (Dr: 仮BAND他)、星野沙織 (Vln:soLi他)という、"OUR STORIES"のメイン参加メンバーによって制作されています。

ぶっちゃけ、西脇辰弥氏の書くピュア・メタル魂に欠けるちょっとモダンな曲と演奏が私がこのプロジェクトにハマりきれない要因だったので、個人的にその点はむしろウェルカム。

トレーラー映像を視聴してもどの曲もなかなかよさげで、"アマラントスの翼"のリメイク以外の曲もしっかり楽しめそうです。

ドヴォルザークの『新世界より』第四楽章のカバーは、RHAPSODY (OF FIRE)もかつて取り組んでいましたね。星野沙織のヴァイオリンがAKANE LIVの歌唱に劣らず目立っている現在の体制だからこそのカバーと言えそうです。

このプロジェクトがメンバーのスキルと音楽のクオリティに見合った評価や商業的成功が得られているとはとても思えず、もはや彼(女)らがどうやってこのプロジェクトに対するモチベーションを保てているのか私のような俗人には理解できませんが(笑)、ありがたく聴かせていただきたいと思います。

>>Amazonの商品ページ





OK MUSICのLIV MOON インタビュー
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

海外市場を狙った方が‥‥

今年はLovebitesが満を辞してワールドツアーを敢行。とっても期待しておる訳なんですか、LIV MOONというか、アカネさん、海外市場の方が受ける気が(ずっと前から)してます。英語できるし、歌は上手いし、セクシーだし。さすがにWithin Temptation、Nightwish、あたりは高望みとしても、Delain、Epica、Kalidia、Visions of Atlantis、Xandriaあたりとは良い勝負できると思うんです。良いプロデューサーやコンポーザーに巡り合えてないのかな。
もうそろそろ良い年齢かと推察しますので、ラスト、ワンチャンと思って、次回フルアルバムで飛躍して欲しいと切に願っております。

>バモスラピドスたらさん

このメンバーがそれこそ20代で、他のプロジェクトは殆どやらずにこのバンドで成功する、という決意を持っていたら、きっと海外で勝負するという選択をしたでしょうね。

このバンドの場合、残念ながら皆それなりのキャリアがあって、他のこともやっている(むしろこのバンド以外がメイン)ので、なかなか欧州を何カ月もかけてツアーする、みたいなことは難しいのではないかと思います…。