fc2ブログ

C.J.スネア(元FIREHOUSE)が死去

90年代初頭に人気を博したアメリカのハード・ロック・バンド、FIREHOUSEのヴォーカリストとして知られるC.J.スネアが4月5日に亡くなったそうです。

まだ64歳ということで、現代の平均寿命を考えると若すぎますが、2020年9月にステージ4の大腸ガンと診断されていたそうで、2021年に受けた手術で一旦は持ち直し、2021年には27回、2022年は39回と、決して少なくない数のライブもやっていましたが、2023年10月に二度目の手術をした後一気に衰弱し、今回の訃報となったようです。

FIREHOUSEはC.J.スネアの体調が悪化した後はネイト・ペックなるシンガーを迎えてツアー活動を続けており、C.J.スネアが亡くなった4月5日もテキサスでライブをやっていたとか。

今回の訃報を受けてあらためてYouTubeでFIREHOUSEの曲を検索してみると、全米5位まで上昇した彼ら最大のヒット曲である"Love Of A Lifetime"は9,000万回以上、それに続く全米8位のヒットとなった"When I Look Into Your Eyes"が3,800万回以上、そして何とグランジ/オルタナティブの台頭によってHR/HMの人気が凋落していた1995年にリリースされ、全米66位という成績に終わったアルバム"3"収録の"I Live My Life for You"が7,500万回以上、"Here For You"が2,400万回以上も再生されていることに驚きました。

これはリアルタイムで同レベルの成功を収めていたWARRENTやWINGERのヒット曲を大きく上回る数字であり、何なら彼らより大きな成功を収めていたPOISONよりも上と言える再生回数です(2024年4月時点)。

FIREHOUSEは純粋な新曲によるアルバムは2003年の"PRIME TIME"以降20年以上リリースしていませんが、これだけ過去のヒット曲(バラードばかりですが)に求心力があるのであれば、ライブでこれらの曲を聴きたいというニーズは(アリーナ規模ではないにせよ)コンスタントにあったことでしょう。

それらの曲がYouTube上で公開された2010年以降もずっと聴き継がれるタイムレスなクラシックになったのは、曲の良さもさることながら、その曲の良さを完璧に引き出すことができたC.J.スネアが歌ったからこそだと思います。実際、80年代以降数多く出てきたアメリカの人気ハード・ロック・バンドの中で、歌唱力という点では抜きん出ていましたね。

本当に早すぎる死でした。ご冥福をお祈りします。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

64歳。。若すぎますね。
FIREHOUSEは、最近もYouTubeで2019年のライブを観たばかりで、この訃報はショックでした。
CJスネアの今も衰え知らずのボーカルは本当にスゴいです。
2008年、2014年、過去2回来日公演を観ましたが、2020年に来日が計画されていたと聞くと、もう一度ライブ観たかったなぁと残念です(涙)
ファイヤーハウスは90年ファーストアルバム発売ですが、ハードロックが一番盛り上がっていた86~88年頃にデビューしていれば、もっと売れただろうと思うので、それも残念。

>happychildsさん

2014年の来日公演は私も観ているので、同じ場所にいたかもしれませんね(2008年はNIGHT RANGERも含めて観たかったのに忙しくて観られませんでした…)。

私もFIREHOUSEは86~88年にデビューしていたらもっと成功していたのではないかと思います。

突然の悲報に接し...

突然の悲報に接し... 韓国で最も有名な曲は、意外にも韓国好みのバラードではなく、Overnight Sensationでした。来韓した2012年にプレゼントを差し上げました。彼らの1集は不滅で残ると思います。 80年代のロッカーたちが一つ二つずつ時間の流れの中に消えていく度に心が痛いですね。

R.I.P…"C.J.スネア"

adoreさんの記事で知りまして、驚きショックを受けてます。そうでしたかぁ…また一人HR/HM界から…本当に良い声で歌唱力ある素晴らしいシンガー・フロントマンでしたよね。

FIREHOUSEの1Stアルバムが発売された当時から、特に『All She Wrote』と『Overnight Sensation』が、とても大好きでして、今でも時々聴いたりします。言わずもがな超名曲ですね。

非常に残念ですが…ご冥福をお祈り致します。

ご冥福をお祈りします。。。

あらためてMVを見ると、本当に胸に染みわたるような歌声と素晴らしい歌唱力にHR/HM界の宝の一つを失ったという気持ちになりますね。
我が家では夫婦で大腸がんの検査を毎年受けていますが、adoreさんもコメントメンバーズ、ロムメンバーズの皆さまも気を付けてくださいねえ。
できるだけ長く元気にHR/HMを楽しみましょう。

No title

Y&T / Winger / Firehouseのジョイントライブに2014年行ってきました。(Adoreさんも行かれた)

Y&Tが桁違いにヤバかったですが、Firehouseも十分凄かったです。
Firehouseが終わった瞬間、「今日は満足した!」って思いましたもの。
ONピアノでラブバラードをしっとり歌い、ただのHRバンドとは違うよ、
と見せつけました。

仲違い?で2003年以降オリジナルアルバムをリリースしなかったそうですが、残りのメンバーたちは、さぞ後悔している事でしょう・・・。
(超名曲揃いの1STを超えることはなかったとは思いますが。)

ルビコン・クロスなるアルバムもありましたっけ?「いやFirehouseのを出せよ!!!!」と思いました。

>LEEさん

韓国の方が好むバラードはマイナー調の曲というイメージなので(STRATOVARIUSの"Forever"が人気を博したと聞きました)、FIREHOUSEのバラードは当てはまらないかもしれませんね。

私が持っているKim Kyung Hoというシンガーのライブ・アルバムではFIREHOUSEの"Overnight Sensation"がカバーされていました。やはり人気曲だったのですね。

私も彼らの楽曲で一番好きなのはその曲です。

한국인이 좋아하는 발라드는 마이너 코드의 곡이라는 이미지이므로(STRATOVARIUS의 "Forever"가 인기를 얻었다고 들었습니다), FIREHOUSE의 발라드는 맞지 않을지도 모르겠네요.

내가 가지고 있는 김경호라는 가수의 라이브 앨범에는 FIREHOUSE의 "Overnight Sensation"이 커버되어 있었습니다. 역시 인기곡이었지요.

저도 그들의 곡에서 제일 좋아하는 것은 그 곡입니다.

No title

上のコメントにも書きましたが、私が一番好きな彼らの曲は"Overnight Sensation"で、二番目は"All She Wrote"でした(笑)。お互いマイナー・キーの曲に弱いですね。

それらはFIREHOUSEとしてはやや異質な曲だったのかもしれませんが、素晴らしい曲でした。

>なな吉さん

私の母も癌で60代で亡くなったので、身体には気を付けたいと思っています。

人間ドックは毎年受けていますし、割と健康オタク寄りな生活をしているのにコレステロール値が高いのが悩みの種です(苦笑)。

>名無しのメタラーさん

あのジョイント・ライブのY&Tは凄まじかったですね。そんなに好きなバンドではないのに、デイヴ・メニケッティのパフォーマンスには度肝を抜かれました。

FIREHOUSEは作を追うごとにつまらなくなっていった印象なので、新譜を出したとて…だったかもしれませんが、やはり惜しまれますね。

『Frontiers Music』の小遣い稼ぎプロジェクトでもいいから、もっとメロディックな曲を歌うC.J.スネアの歌声を聴きたかったものです。

やっぱり悲しいですね・・・

FIREHOUSE といえば、バラードって感じがしなくもないですが、
私も、1st、2ndあたりの、エッジの効いた、All She Wrote、Overnight Sensation、Reach For The Sky、Hold Your Fire あたりがめちゃくちゃ好きでしたね。

当時、When I Look Into Your Eyes を結婚式で流すってな人が多数いたような記憶が・・・(私ではないですよ)
今後もこういった訃報によって、過去の名作を聞き返すことになるんでしょうね・・・

>papadon1966さん

"When I Look Into Your Eyes"が結婚式にピッタリ、というのはB!誌の広瀬編集長も言っていましたね(笑)。

歌詞タイトル的には"Love Of A Lifetime"の方が結婚の趣旨にはピッタリな気がしますが、よりドラマティックな曲調なので、ハマりがいいのかもしれません。

「好きだけど、定期的に聴くほどではない」というアーティストの曲は訃報をきっかけに聴き直すことが多くなってしまいますね。もっといいきっかけで聴き返したいものですが…。