fc2ブログ

フィル・モグがUFOの終了を宣言

1970年にアルバム・デビューし、マイケル・シェンカー(G)が在籍していた70年代中期に人気と評価を高めたイギリスのベテラン・ハード・ロック・バンド、UFOの中心人物であるフィル・モグ(Vo)が『Ultimate Classic Rock』のインタビューにおいて、UFOに今後の予定があるかと訊かれ、「いや、ない。結論に達したと思う。新型コロナウイルスの直前、2019年に最後のイギリスツアーを行った。それで終わったようなもので、その時が来たんだ」と答え、バンドが既に終了したことを認めました。

本当は2022年に欧州全土を回るフェアウェル・ツアーが予定されていたようですが、2022年の8月にフィル・モグが心臓発作を起こし、医師にプレイすることを止められたことによって中止になってしまい、2022年7月16日にドイツで開かれた『Lieder am See 2022』フェスティバルへの出演が、UFO最後のライヴ・パフォーマンスになってしまいました。

UFOは全英チャートの最高位はマイケル・シェンカーの(初回)脱退直前の名演を捉えたライブ・アルバムの名作"STRANGERS IN THE NIGHT"(1979)の7位、全米チャートの最高位は"LIGHTS OUT"(1977)の23位と、商業的には「そこそこ」で、ゴールド・ディスクは一枚も獲っていないという意味では「ビッグなバンド」とは言い難く、レジェンド扱いされることもあまりないバンドです。

ただ、彼らの代表曲のひとつ"Doctor Doctor"をライブの定番SEとして使用しているIRON MAIDENをはじめ、JUDAS PRIEST、DEF LEPPARD、EUROPEといったクラシックなHR/HMバンドから、SLAYERやTESTAMENTのようなヘヴィなバンド、意外な所ではOFFSPRINGやALICE IN CHAINSのような90年代のバンドまで、幅広いアーティストが彼らからの影響を口にしており、そういう意味でHR/HM史における重要バンドであることは間違いありません。

実際の所、2019年にはポール・レイモンド(Key / G)が、そして2020年にはポール・チャップマン(G)とピート・ウェイ(B)というバンドのクラシック期を支えたメンバーが相次いで他界しており、そういう意味でもバンドの終わりが近そうな雰囲気は漂っていたわけですが、まさか正式なフェアウェル・ツアーさえ行なうことなく終焉を迎えるとは、何回も「フェアウェル・ツアー」をやっているバンドもいる中、ちょっと寂しい話ではあります。

とはいえ、実際の所華々しいフェアウェル・ツアーと共にキャリアを終えられるのは幸運なひと握りのレジェンド・バンドだけで、こういう「状況的な結果としてもう続けられないという判断になる」ケースというのが現実なのかもしれません。

※ニュースソース:フィル・モグ、UFOの終焉を認める(BARKS)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

どうも特に日本だと、マイケルシェンカーの存在が前に出過ぎて、バンドそのものが過少評価されている感が否めませんね。
実際のところ、名曲と呼んで良い曲は本当に沢山ありますし、キャリアでいったら日本でも人気のあるパープルやゼップと遜色ないだけに、扱いが小さいのは寂しい限りですね。(前述2バンドと比べ、メンバーが地味だからですかね?)
かくいう自分もシェンカー期のコンピくらいしか持ってないので偉そうな事は言えませんが、あまり売れずともコンスタントにアルバムを出し続けるバイタリティーは素晴らしいですし、Love To LoveやTry Me等の、フィルのボーカルとマイケルのギター、ロンネヴィソンのプロデュースあっての名曲が沢山あるので、今後もレガシーが潰えぬ事を願わずにはいられません。
マイケルがもうちょい大人になったら、またフィルとコラボしてほしいな()

いや~寂しいですね

フィル・モグもすっかりおじいちゃんとは言え、声自体にはまだパワーがあったので、さよなら公演すら開かれない最期は寂しいと言わざるを得ません。

心臓の手術の予後があんまり良くないのでしょうか?
まあ心臓疾患を持つ高齢者に、まだまだ働けと求めるのも下手したら虐待になっちゃいますし(笑)、異常に元気な一部のご老人を基準にいけませんね。

UFO

UFOのアルバムといえば、スタジオ・アルバムの最高傑作「Phenomenon(現象)」かベストアルバム的な選曲の「Strangers in the Night(UFOライヴ)」だそうですが、じつは私「HIGH STAKES & DANGEROUS MEN」という全然知られていない超マイナーな作品が好きだったりします。ギターはもちろんマイケル・シェンカーではありません。誰だっけかな?
ネットの評判見ても褒めている方を全く見かけませんが😭、ここMETALGATEの読者の中にはもしかしたらいるかも知れないと希望を抱いています…いるかな?

No title

私は十分にレジェンドアーティストの格はあると思っていましたが、現実的に考えるとそうではないのかもしれませんね。
シャンカーが辞めた後のアルバムも全てカッコいいし「メロディック」とは言わないまでも哀愁のある曲は多いのでみんな聴いて欲しいなあ・・・

>お目がさん

日本では正直「昔マイケル・シェンカーがいたバンド」というくらいの感覚ですよね。

もうちょい大人になったら、って、マイケルももう70歳目前ですよ(笑)。

>周蔵さん

もうフィルは後期高齢者ですし(イギリスにそんな区分はないかもしれませんが)、さすがにツアーをやるのはしんどいんじゃないですかね。

もっと大成功したバンドであれば、移動から何からホスピタリティ高くやれるのかもしれませんが、UFOだと普通にツアーバスで移動でしょうし。

>ゆうていさん

『暴発寸前!』ですか…。渋い趣味というか、世代的に一番最初に聴いたUFOのアルバム、とかですかね。

ギターはローレンス・アーチャーですね。

>名無しの方

UFO、哀愁のある曲はおっしゃる通り良いのですが、割とそうでない曲も多くて、個人的にはアルバムを通して聴くと退屈な曲が多い印象というのが正直な所です。

レジェンドか否かというのは主観なので、レジェンド認定する方がいても全然おかしくないと思いますよ。