デトロイト・メタル・シティ トリビュートアルバム~生贄メタルMIX~

dmctribute.jpg

人気コミック「デトロイト・メタル・シティ」の映画化記念にリリースされた企画盤。正式タイトル(?)は「Detroit Metal City Tribute to Krauser II the metal mix」

「デトロイト・メタル・シティ」というコミック作品自体についても色々と思うことはあるのだが、それはまた別な機会に語るとして、サントラでもないこんな作品がリリースされるというのは珍しい。

レコード会社の担当者のモチベーションの高さか単なる商魂かは不明だが、そもそも音楽をDefSTARレーベルが手掛けるってのが意味不明。メタル色ゼロのレーベルじゃん。

そんなわけでこのコンピレーションも「metal mix」などと銘打っているもののHR/HM色は希薄(DefSTARの所属アーティストだけで構成されているわけではないけれども)。

以下、GWで時間があるので全曲にコメントしてみたり。


1. BEAT CRUSADERS / HIT IN THE D.M.C

彼らがHR/HMファン、というのはなんとなく知っていたが、音楽的には90年代型のパンク以外の何物でもない。Voの歌声が苦手なんですよね…。

2. 木村カエラ / リルラ リルハ~鋼鉄合体ロボミックス~Remixed by FOE

コミックのファンであることを広言している木村カエラのヒット曲のリミックス。
たしかにハードというかラウドなサウンドにはなっているが、その質感はHR/HMではなくガレージっぽいもの。メタルファンにとっては気持ちよくないし、カエラのファンにとっては「オリジナルの方がいい」と感じられてしまうのではないだろうか。
余談ですが彼女の「TREE CLIMBERS」という曲は好きです。

3.スチャダラパー with TUCKER伯爵 / 0718アニソロ(恐怖の大天才 再臨・TUCKER 公開処刑mix)

スチャダラパーというと未だに「和製DE LA SOUL」というイメージがあって、メタルなイメージは皆無だったのだが、意外なことにかなりメタリックなギターのサウンド、フレーズが飛び出してきてビックリ。"Heavy Metal Guitar"としてクレジットされているTUCKERって誰?

4.ミドリ / ロマンティック夏モード(ハジメタルDTミックス)

誰?その1。大阪のバンドらしく、この曲は彼らのファースト・アルバム収録曲のリミックスらしい。なんとなく黒夢の「Bad Speed Play」を思い出すようなローファイな音。中間にKey奏者によるクラウザーさん風の「語り」が入るが、素人丸出しで聞いてて恥ずかしい。せめてデーモン小暮のレベルに達してからこういうことはやって欲しい。


5.YUKI / JOY-METAL JOY REMIX-

個人的に「嫌いなタイプなのに惹かれてしまう女性No.1」であるYUKIのヒット曲のリミックス。曲自体が良いのでとりあえず聴けるが、オリジナルの世界観とは全くミスマッチなリミックスだ。むしろJUDY AND MARY時代の曲をメタリックにリメイクしてほしかった。「DAYDREAM」とかね。

6.monobright / WARP(Walking Metal Mix for DMC)

誰?その2。メジャー・デビューして間もない北海道のバンドらしい。
この曲は彼らのサード・シングルのリミックスで、THE KNACKの「My Sharona」そっくりのリフが「Metal Mix」なのか? とりあえず嫌いじゃない。

7.Tommy february6 / je t'aime ☆ je t'aime DMC用

爆笑。超高速な2バスベタ踏みのメロスピになってる。
メロスパーはこの1曲のためにこのCDをレンタルするくらいの価値があります(笑)。
「WHERE ARE YOU? "MY HERO"」なんかもHR/HMアレンジしやすそうなので、ぜひメタル・リミックス・アルバムを出してほしい(実はTommy好き)。

8.ムック / フライト Best Hold It Ver.

一昨年のLOUD PARKでちょっと観たような。こんなサワヤカなバンドだったっけ? あまりにもフツーのJ-ROCKでコメントしようがありません。

9.キングギドラ / 平成維新(地獄行きRemix メタル Ver.)

こういう妙に力の入ったラップって個人的にはちょっと笑ってしまう。でも、この世界を素直に受け止められる人にとってはカッコいいんじゃない?
とりあえずトラックにうっすらとHR/HM風のギターは鳴ってます。

10.Electric Eel Shock / アメリカ横断ウルトラメタル

日本のバンドながらニューヨークとロンドンに拠点を置き、SEPULTURAやHANOI ROCKSの前座も務めたことがあるというバンド。
純粋なメタル(って何だ?)ではないが、今回参加しているメンツの中では最も洋楽HR/HMのフィールドに近い所で活動しているバンドで、タイトルに反して、サウンドは一番ハードコアだ。

11.アナ / SHIFT ギ・MIX

誰?その3。福岡のバンドらしい。メランコリックなメロディがなかなか印象的で、個人的にはけっこう気に入った。

12.WAGDUG FUTURISTIC UNITY / IMGN×LOUD(×MOTOR)(COM.A doom step.mix)

THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONOのニュー・プロジェクトだそうで、そんな感じの音。悪かないし、ハードでもあるけど、DMCっぽいかというと…(そんなこと言ったらどの曲もそうだが)。

13.カヒミ・カリィ / Le cheval blanc(remix for D.M.C)

コミックで主人公が一番好きなアーティスト、という設定であるカヒミ・カリィの2006年のアルバム「NUNKI」収録曲のリミックス。全編に鳴り響くギターのフィードバック・ノイズが彼女にできる最大限の「作品への歩み寄り」なのだろうか。だとしたら歩み寄らなくていい。


まーこんな企画盤にいちいち青筋立てるのもナンだし、楽しんだ者勝ちって言やそうなんだろうけど、正直メタル・ファンはもちろん、各アーティストのファンにも、原作のファンにとっても今ひとつ面白くないという意味で不幸な企画なんじゃないかなー、というのが率直な感想です。

まあ、レコード会社的には新人のプロモーションとしてそれなりに意味があるのかな。結果的に知らないバンドを3つも知ってしまったしね。

はっきり言ってこっちの方が全然おもしろい。
「SATSUGAI」のリフは秀逸。「スラッシュキラー」もスリリング。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント