ティモ・トルキの新バンド?REVOLUTION RENAISSANCE

フィンランドの「Soundi」誌の最新号によると、ティモ・トルキ(G:STRATOVARIUS)が新たにREVOLUTION RENAISSANCEなるニュー・バンドを結成したそうです。

このレヴォリューション・ルネッサンスなる大仰な名前は、今年リリースされるはずだったSTRATOVARIUSのニュー・アルバムのワーキング・タイトルで、どうやらそれはSTRATOVARIUSのアルバムとしては発表されず、この新プロジェクトのアルバムとして世に出るようです。

ゲストにはマイケル・キスクやトビアス・サメット、そしてTHUNDERSTONEのメンバーなどが参加し、STRATOVARIUSの名盤「VISIONS」を思わせる所もある作品に仕上がっているそうです。

まあ、内容自体はなかなか期待できそうなのですが、元々STRATOVARIUSのアルバムになるはずだったものが別名義で出る、というのがどうにもキナ臭い。

しかも、ライヴではイェンス・ヨハンソン(Key:STRATOVARIUS)とラウリ・ポラー(B:STRATOVARIUS)に参加を呼びかける…というからキナ臭さに拍車がかかる。

以前、STRATOVARIUSの内部分裂が起きたときにティモ・トルキと決裂して出て行ったティモ・コティペルト(Vo)とヨルグ・マイケル(Dr)だけがこのバンドに関わらない、というのは偶然と考えるべきだろうか?

この新バンドのデビュー・アルバム「New Era」は早くも6月にはリリースされる運び(元々STRATOVARIUSのアルバムが今年の夏に出る、という話でしたからね)のようだが、また意味もなくファンをやきもきさせるような挙動は慎んでもらいたいというのがファンとしての本音。

本作をリリースするのはティモ・トルキのソロ・プロジェクトを巡ってもひと悶着あった「FRONTIERS」だそうだが、ここのレーベルのオーナーの仕事の進め方もかなり強引なようで、そういう人とティモ・トルキのような躁鬱病じみたアーティストが絡むと平地に乱を起こすというか、ロクなことにならないような気がする。

昨年観たライヴではバンドに安定感が戻ったように見えていたんですけどね…。
いっそSTRATOVARIUSからティモ・トルキを(以下ry

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=93720
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント