GALNELYUSのニュー・シングルを聴いて思うこと

GALNELYUSのニュー・シングル「ALSATIA/CAUSE DISARRAY」を買いました。

このシングルはスカパーのアニメ専門チャンネルAT-X10周年記念アニメ『Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-』のOP/ED曲だそうで、裏ジャケ側にそのアニメのものと思しきアニメのビジュアルが入っていて、CD屋のおねいさんに渡すときちょっと恥ずかしかった30歳の春。

内容については本サイトのレビューを参照していただければ幸いですが、本作を聴く限り彼らは世界のメタル・シーンで勝負するよりも「J-ROCK」としてやっていくことを選択したように思えるのが微妙に引っかかる所です。

まあ、このシングルはアルバムから独立したものらしいので、ひょっとしたらアルバムでは再び全曲英語詞の洋楽志向な楽曲をプレイしているかもしれませんが(多分そうならないような気がするけど)。

現状の彼らのポジションではスカパーのアニメくらいがタイアップの限界なのかもしれませんが、この後変にU局アニメとかの主題歌の常連になったりして妙な意味でマニアックな存在になってしまうのは勘弁して欲しい所です。

なまじオタク的な感性との相性が良さそうなバンドだけに、ハマってしまいそうなのが怖いですね(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント