08年2月 メタル系新譜チャート動向

かつてのメタル・バブルが弾けて以降、HR/HMファンにとっていわゆるヒット・チャートは縁遠いもので、100位に入ることさえ大変なことなんだ、という音楽業界の厳しさをミュージシャンでもないのに思い知らされてきましたが、ここに来てメタル系アーティストによるチャートへのランクインが目立ってきています。

■BULLET FOR MY VALENTINE/SCREAM AIM FIRE の例

ドイツ:3位
アメリカ:4位
オーストラリア:4位
イギリス:5位
日本:15位(洋楽チャート1位)

なんと言ってもイギリス出身の彼らがビルボード4位はビックリ!
同週の3位がTHE MARS VOLTAなのがメタル・ファンとしては微妙にくやしいですがw


■TOBIAS SAMMET's AVANTASIA/THE SCARECROW の例

チェコ:6位
ドイツ:8位
スウェーデン:10位
ハンガリー:10位
オーストリア:16位
スイス:17位
フィンランド:26位
スペイン:27位
ノルウェー:36位
日本:49位
ベルギー:50位
フランス:58位
オランダ:65位
イタリア:65位

これはまあ、ほぼ最近のEDGUYのチャート・アクションに準じた感じで、別に驚くには値しませんが、前作がドイツのチャートで17位だったことを考えると、確実に時代の動きを感じますね。


■AYREON/01011001 の例

オランダ:2位
ドイツ:18位
スウェーデン:54位
フランス:90位

いずれも過去最高位で、リリース元であるプログレ・メタル・ファンの間では有名な「Inside Out」のプロダクトではレーベル史上最高の成功だそうです。

しかし本国とはいえ、オランダの2位は凄いですね。WITHIN TEMPTATION並…というか彼らの成功でメタルファンの裾野が広がった結果、ということなのでしょうか。

先月号のBURRN!のインタビューでアルイエン・ルカッセンに「経済的には、自分のアルバムから得られる収入で充分やっていけてるんですか?」という失礼な質問をしていたが、この成功なら何の心配もいらなそうですね(とはいえ、このCDが売れないご時世、実売枚数なんて知れたものなのかもしれませんが)。


また、上記以外にも、ドイツを代表するメタルコア・バンドHEAVEN SHALL BURNのニューアルバムは本国のチャートで22位にランクインしたそうで、こちらも健闘といえるでしょう。

もちろん売れればいい、というものではありませんが、やはりHR/HM黄金時代を実体験せずに十年以上メタルを応援し続けてきた人間として感慨深いものがあることは事実です。ちょっと「報われた」感がありますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント