BRAINSTORM / DOWNBURST

brainstorm07.jpg

30歳になっても自分の好きなタイプのメタルがBURRN!誌で90点以上を獲得すると買わずにはいられない学習能力のないヤツは、どこのどいつだーい?

…あたしだよっ!



…すんません、普通にレビューします。

ドイツの中堅メタル・バンド(近作は本国のチャートで70位台まで上昇しているようだ)の、BURRN!誌で90点を獲得した7作目のアルバム。

基本的な音楽性はこれまでと変化なく、絵に描いたような正統派パワー・メタルを貫いている。

骨太なパワー・メタルでありながら本作では決してパワーやスピード一辺倒ではないフックを備えた楽曲が揃っていることが高評価のポイントか。

痛みと悲しみに満ちた歌詞に相応しく、力強いサウンドの中にメランコリーと哀愁が漂っているのも良い。

KAMELOTやRHAPSODYを手掛けるサシャ・ピート&ミロのプロデュースならではのシンフォニックなアレンジが、控えめながら楽曲を効果的に引き立てている。

興味深いのがボーナス・トラックで、#11はSTATIC-Xなどを思わせるモダンかつグルーヴィなヘヴィ・ロック・チューンなのに対し、#12はそれまでのアルバムの流れからすると冗談かと思うほどドイツのバンドらしいメロディック・スピード・メタル・チューンであるなど、意外な振り幅の大きさを見せてくれる。

そして#13はハンガリーのシングル・チャートで1位を獲得した(!)という本作のリーダー・トラック#2のインダストリアル・リミックスで、メタルが市民権を確立した国ではこういうオールド・ファッションなバンドでもこんなことができるのね…と妙な感慨を覚えてしまった。

正直日本人にはちょっと愛嬌が足りないサウンドかもしれないが、こういう硬派なメタルが受け入れられる国っていうのが真の意味で「メタルが盛んな国」なのだと思う。【83点】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント