THE CODEX / THE CODEX

codex01_1.jpg

マーク・ボールズ(Vo:元YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE~RING OF FIRE)とマグナス・カールソン(G:LAST TRIBE、ALLEN-LANDE、STARBREAKER他)のプロジェクト、THE CODEXのアルバムの日本盤がリリースされた。

基本的に正式メンバーとしてはマークとマグナスの2名のみのようだが、アルバムを通してドラムはMIND'S EYEやTEARS OF ANGERなどで知られるダニエル・フローレスが、ベースはライナス・アブラハムソンなる人物がプレイしている。

マーク・ボールズといえばイングヴェイの歴代Voの中でもトップ・クラスの声域を持つ名シンガーだし、私はマグナス・カールソンの才能を高く評価しているので、非常に楽しみにしていたのですが、結論から言うとやや不完全燃焼。

スタイルとしてはプログレッシヴ・メタル的な要素の強いメロディアス・ハードという感じで、テーマ・メロディやサビのコーラスはドラマティックかつメロディアスでなかなかいい感じである。

ただ、テクニカルでプログレッシヴなパートがあまり緊張感の演出に結び付いておらず、単に素直にメロディが展開していかないもどかしさを感じさせるだけになってしまっている上、全体的におとなしくてインパクトに欠けるというか。

#3のような比較的アグレッシヴな曲でもむしろ安定感さえ感じてしまう行儀のよさがHR/HMとしてはいささかスリルに乏しく、物足りない。

HR/HMとしてのスリルに欠けるという意味では、前年に発表されたトニー・オホーラのソロも、今年リリースされたALLEN/LANDEの新作もそんな感じだったので、ちょっと多作過ぎて粗製乱造気味?

プロジェクトの企画元である『Frontiers Records』のディレクションに従った結果なのかもしれないが、ちょっと考えすぎなんじゃないの、って感じもあるので、あんまりVoの個性とか尊重しないで好きなように曲を書いてみた方がいいのでは。

マーク・ボールズも期待していたような目の覚めるような歌唱を聴くことはできず、ちょっと無個性な普通の上手いVoって感じ。
非常に上質な音なので、流して聴いている分には心地いいんですけどね。【81点】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント