寄稿してみました

音楽好き、ロック好きの間では良くも悪しくもかなり知られているArcRyte Onlineの「2007年十選」に、私が依頼を受けて寄稿した文章も掲載されています。

ページを開いて10秒もせずに挫折する方も多いかと思いますので(笑)、どこに書いてあるかまで説明しておくと、上から7アーティスト目(相当スクロールしないと読めません:笑)にあるCIRCUS MAXIMUSの項です。

以前からMETALGATEのレビューやこのブログの文章を時々掲載していただいていたので、たぶんこのブログを読んでいる方の中にはこのArcRyte OnlineがきっかけでこのブログやMETALGATEというサイトを知った人も多いと思われます。

正直ArcRyte Onlineにはかなり批評性の高い文章が集まっていて、批評というよりは小学生の感想文と同次元の文章を書いている自分の文がそこに並ぶのはバカっぽくて気恥ずかしくもありますが、逆にそういう衒いのない文がひとつくらいあってもいいのではないかと思うことにしています。

実際のところ僕はポップ・ミュージックに過剰な理論武装や意味性の追求はナンセンスと思っているので、「ロッキン・オン」(特にJAPAN)とか読んでて苦痛というか苦笑してしまうのですが、ArcRyte Onlineで紹介されている数々の文章を読んでいると、本当にみんなよく感じているし、考えているなあと感心してしまいます。いやイヤミじゃなく本当に。

まあ、僕は脳みその使いどころについては別のフィールドを見出しているので、音楽については進歩がなかろうと単純にカッコいいと思えて、聴いてて気持ちいいサウンドに時間をお金を費やす快楽主義者でありたいと考えております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント