噂のSTURM UND DRANG

strumunddrang01.jpg

K.K.ダウニング(JUDAS PRIEST)やウド・ダークシュナイダー(ACCEPT~U.D.O.)といったベテラン・ミュージシャンや、かの伊藤政則御大も絶賛、ということで話題を集めている、フィンランド出身、平均年齢16歳そこそこ(全員90年代生まれ!)の新人、STURM UND DRUNGのCDが近所のHMVの試聴機に入っていたので聴いてみました。

聴いた感想は、「普通に良い」です。いや、「かなり良い」、かな。

北欧らしい哀愁のあるメロディがキャッチーなHR/HMで、「70年代~80年代のハード・ロックを思わせる~」なんて形容がなされている割には思いのほかメロディック・パワー・メタル的な要素も強く、その若さもあってSONATA ARCTICAのデビュー時を思い出しました。

若さゆえに未熟な部分も耳につくけど、それを上回る気持ちよさがあって「こりゃ買いだな」と思えましたが、ここまで騒がれるのはやっぱり若さとルックスの良さでしょうね。彼らは北欧メタル界のHey!Say!JUMPだ!なんてね(笑)

この秋デビューするフィンランドの「メタル・アイドル」アリ・コイヴネンと共に、一般洋楽ファンにもアピールする存在、そしてメタルへの窓口となってほしいですね。

だって彼らの音楽が気に入る人なら、メタルも好きになるに決まってますから。

ちなみにドイツ語で「疾風怒濤」を意味するバンド名は、きっと「銀河英雄伝説」を読んだことがある人にはなじみのあるものだと思います(笑)。

■MySpace
http://www.myspace.com/sturmis

■公式サイト
http://sturmunddrang.fi/

◆本サイトのレビュー
http://www.metalgate.jp/R_sturmunddrang.htm

strumunddrang.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント