AVANTASIAの新作情報

この夏に発表される予定の、EDGUYのフロントマン、トビアス・サメットによるメタル・オペラ・プロジェクト「AVANTASIA」の3作目となる新作「SCARECRAW」に、アリス・クーパー、そしてルドルフ・シェンカー(G:SCORPIONS)とマイケル・シェンカー(G:M.S.G.)のシェンカー兄弟が参加していることが明らかになりました。

これまでもAVANTASIAプロジェクトは作品に豪華なゲストが参加してきましたが、いずれも欧州メロディック・メタル界隈の人間ばかりでした。

しかし、アリス・クーパーやシェンカー兄弟といえばHR/HMの世界ではアメリカを含む全世界で紛れもない大物であり、もはやドイツを代表するメタル・バンドとなったEDGUYのフロントマンのソロ・プロジェクトにはそうした大物に参加を決意させるだけのバリューがあるのでしょう。

本作はギターにサシャ・ピート(元HEAVENS GATE…というよりもはやプロデューサーとして有名か)、ベースにトビアス本人、ドラムにKISSのエリック・シンガーというメンツを基本メンバーに、作中の登場人物にそれぞれ異なるシンガーが割り当てられることになっており、既にヨルン・ランデ(元MASTERPLAN)やボブ・カトレイ(MAGNUM)などの参加が発表されています。

また、今回はクラシックなロックの要素も取り入れたポンプ・メタル(華麗なメタル?)作品となっており、ケルト音楽の要素を取り入れるため現地のオーケストラなども起用しているそうです。

これまでのAVANTASIAのアルバムについて、シンガーが違うだけでサウンドはEDGUYと変わらないことを若干不満に感じていた私としては、むしろどんな作品になるか楽しみになってきましたが、メロスピ原理主義な方々にとってはどうなんでしょうかね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント