BLOOD STAIN CHILD/MOZAIQのレビュー

というわけでBLOOD STAIN CHILDの新作、「MOZAIQ」をレビューしました。

個人的には今年屈指の期待タイトルで、発売前日(首都圏のCD屋への入荷日)に、たまたま営業で新宿にあるクライアントに行ったついでにディスクユニオン新宿HR/HM館で購入。

その日は珍しく日付が変わる前に帰れたので、早速iTunesに取り込もうとしたが、データがない(苦笑)。

今日び少なくともアーティスト関係者の誰かが入力しているはずで、実際HEAVY METAL VIBEの荒れ騎士さんも私より先にデータを入力・送信していたことをブログに書いていましたが、数時間では反映されないものなのでしょうか?

それとも公式な発売日前には反映されない、とかそういう律儀な仕様だとしたら納得せざるを得ないが、とりあえず初めて自分で楽曲データを入力してみたりしちゃいました。

感想はまあレビューにある通りで、クオリティは高く、充分楽しめましたが、前作のような予想外の成長というか変貌による驚きがなかった分インパクトは弱かったかも。

ちなみにディスクユニオンオリジナル特典のDVDは、誰でも手軽に映像を撮れるようになった時代ならではの、かなり赤裸々なオフショット&メイキング映像で、仮にもアーティストがここまで素の映像を世に出していいものかと思ってしまいました。

なんかこう、大学の音楽サークルの若者たちみたいで。
親しみがわくといえばそうですが、音楽が結構カリズマティックなだけに、いかがなものかと(苦笑)。

あと、余計なお世話ですが、割とストリート系っぽいVo、B、Drと、明らかに文科系というかオタクっぽいGとKeyが仲良くやっていけてるのか、ちょっと心配です(笑)。

来月から始まるツアーの東京公演はウチの近所(多分歩いて10分もかからないくらい)でやるみたいなので、観に行ってみようかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント