POVERTIY'S NO CRIMEの新作

povertysnocrime06.jpg個人的にはVANDEN PLUSと同等の、ドイツ屈指のプログレッシヴ・メタル・バンドであると思っているPOVERTY'S NO CRIMEの新作「SAVE MY SOUL」がヨーロッパでは7月24日、アメリカでは9月25日に発売されるそうです。

日本では90年代前半のプチ・メタル・バブルの影響で、NOISEレーベル所属だった彼らの作品がリリースされていたものの、当時まだ彼ら自身アマチュア・レベルだったこともあり、その後日本盤のリリースは途絶えていました。

ところが、実は日本盤が出なくなってから彼らは飛躍的な成長を遂げ、前述したようにヨーロッパ屈指のプログレッシヴ・メタル・バンドへと進化していたという皮肉な現実。

彼らが成長した頃には日本でもメタルのマーケットが冷え込み、特にプログレッシヴ・メタルについてはほぼDREAM THEATERのひとり勝ちというか、それ以外のアーティストはさっぱり、という状況のため、一部のレビューサイト等では高く評価されながら(BURRN!誌の輸入盤レビューも高評価だった)、ほぼ黙殺に近い状況です。

ただ、彼らの場合不運なのは、欧州でもそんなに状況は良くないというか、VANDEN PLUSなどがかなりの人気を博しているのに比べれば、「その他大勢」的な扱いにとどまっていること。

まあ、バンド名がキャッチーじゃないし、特に強い個性もないと言ってしまえばそれまでなんだけど…。

誰もこんな記事注目しないと思うけど、実はかつて日本でリリースされていたアルバムも決して嫌いじゃなかったので、ちょっと紹介したくなって取り上げてみました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント