SONATA ARCTICA / UNIA のレビューとか

SONATA ARCTICAの新譜「UNIA」のレビューをUPしました(こちら

BURRN!のレビュー等から予測していた通りの微妙な仕上がりでした。
とはいえ私は彼らのメロディ・センスが好きなので、それなりに楽しめるのですが、レビューは厳しく行きました。
もっとわかりやすくていいのに彼らは。


イタリアの実力派プログレッシヴ・メタル・バンド、DGMのレビューも、新譜リリースに合わせてUPしました(こちら

この手のプログレッシヴ・メタル系バンドは本来私のストライクゾーンではないので、点数付けが難しいです。
その魅力や凄さはアタマではわかるだけになおさら。
ある意味好きなタイプの音楽より点数が甘めになるかも。


BLOODBOUNDの新譜もレビューしました(こちら

実は今回一番気に入ったのがこのアルバム。
やっぱりこういう適度にクサいキャッチーなメタルが最高ですよ。
相変わらずなんか胡散臭いというかB級っぽくて大絶賛も憚られるのですが(苦笑)、点数以上に気に入ってます。

ただ、Voは前任の方が好き。マイケル・ボーマンの方が上手いんだろうけど。

このバンドは私のサイトをチェックしているようなので(彼らの公式サイトでいろいろなサイトでのレビューの点数が引用されており、当サイトの点数も掲載されている)、前作の方がツボだということが伝わるような点数にしておきました(笑)。


つーか、やっぱり日付が変わってから帰宅するのが普通なサラリーマンメタラーに1週間に3枚のレビューはキツいな(苦笑)。もっと分散してリリースしてほしいです。
まあ、別にそんなすぐにレビューすることなんか誰も期待してないかもしれないけど。
速報性が売りのサイトじゃないしね。

あ、どのアルバムもちゃんと3回以上聴いてからレビューしてますよ☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント