VERSAILLES / JUBILEE

velsailles03.jpg

一部のメタル・ファンの間でも高い人気を誇るヴィジュアル系バンドのメジャー・デビュー・アルバム。

私は中心人物であるVoのKAMIJOを、かつて所属していたLAREINEで知っていたが(アルバム持ってました…)、その歌唱力にはかなり疑問を抱いており、正直「ルックスだけの人」だと思っていた。

それだけに、数年前インディーズでこのバンドが話題になったとき、この人がもはやルックスでは勝負できない30代になって再び注目を集めているのを知って驚愕したが、プレイしている音楽を聴いてさらに驚いた。それは、「メタル風のヴィジュアル系」ではなく、「完璧にメタル(歌以外)」だったからだ。

それも、近年のV系に結構多いSLIPKNOTだのMARILYN MANSONだのといったアメリカのヘヴィ・ロックからの影響を感じさせるタイプではない、純度100%の欧州型メタル。

私はヴィジュアル系のルックスとクラシカルな欧州のメタル・サウンドはイメージ的に絶対相性がいいと思っていて、学生時代やりたいと思っていたのはそういうバンドだった。それだけにこのバンドには「ついに私の15年来のビジョンを実現するバンドが…」と感慨深いものがあった。

NIGHTWISHの「Wishmaster」のようなコーラスがイントロの10分を超える大作「God Palace –Method of Inheritance-」で幕を開ける本作でも、バックの演奏だけ聴けば欧州の一線級のバンドに引けをとらない高品質なメロディック・メタルが堪能できる。

シンフォニック・メタル的な大仰なサウンドを基本に、メロディック・パワー・メタルや、プログレッシヴ・メタル、ゴシック・メタルといった欧州型のメタルのエッセンスをちりばめた劇的な楽曲の数々はまさに私のツボ。

ちょっとどっかで聴いたような、ネタ元の割れる箇所もあるが、私は気にならない。むしろこういう人たちがこの手のバンドを聴いているということに一種の感銘を覚えてしまった。

もう一人の中心人物であるキャバ嬢のようなルックスのギタリスト・HIZAKIも構築感のあるテクニカルなギター・ソロを随所で披露しており、インスト・パートは実に素晴らしい。

しかし、やはりKAMIJOのヴォーカルは…。歌唱力はLAREINE時代よりちょっぴりマシになったような気もするが、この人はルックスに似合わず意外と声質に品がないというか、妙にオトコっぽい声で、この麗しきシンフォニック・メタル・サウンドには今ひとつフィットしていない。

そこさえ気にならければ、何の迷いもなく「シンフォニック・メタル・ファン必聴!」と声高に叫べるのだが。

真剣な提案として、KAMIJO氏にはプロデューサーとしてこのバンドに関わってもらうというのはいかがですかね? プロデューサーという呼称が俗っぽくてアレなら「指揮者」なんて肩書はどうです? たぶん世界観作りや作曲のセンスはある人だと思うので、そこで勝負したほうがいいと思うんですよマジで。

指揮者という肩書だったらステージ上でMCをやったり、インタビューでスポークスマンを務めたりしてもおかしくないと思うし。

指揮者がいるバンド、ってのもなかなか新しくていいと思うんだけどなあ。ダメですかねえ?【88点】

◆本作収録「Ascendead Master」のPV


◆Versailles-Philharmonic Quintet(彼らのアメリカでのバンド名)のMySpace
http://www.myspace.com/versaillesjp


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この前「shousa」という名前でコメントしたものです。

fc2でブログしています。
たいしたことは書いてませんが・・・・・

このバンドはちょっと前に名前を聞いたことがあるんですけど、曲自体は聴いたことがないんですよね。
正直、ヴィジュアル系はあまり好きではないですが、聴いてみます!!

どこかのインタビューによるとHIZAKIはRHAPSODY、Yngwie 、Steve Vai、DREAM THEATER、SYMPHONY X、hideあたりに影響を受けてるらしいですね。僕はギターソロなんかはXっぽいなーとか思いました。

KAMIJOのヴォーカルは成長は感じられますけどやっぱりこの手のメタルと合ってるとは言い難いですよね。

でもHIZAKIをはじめ楽器陣の実力は近年のV系とは一線を画してますしJASMINEの死を乗り越えてこれほどのアルバムを作ってくれたのは嬉しいです。

FFDPに続いて、最近ちょうど自分が買ったアルバムが連続でレビューされてたので驚いて思わずコメントしてしまいました。笑
すいません。

>リフティング人さん

ブログ拝見しました。本当にお若いんですね。
ヴィジュアル系が好きではないなら無理して聴く必要はないと思いますが、このバンドはシンフォニック・メタルとして聴けるバンドだと思います。

>LAMPSさん

なんで謝るんですか?(笑) コメントは大歓迎ですよ。

ベースのJASMINEが亡くなっても、「今が勝負時」であるために立ち止まることが許されないのが気の毒ですが、予想以上に充実した作品を作ってくれたと思います。

個人的には歌声を脳内でファビオ・リオネに変換して聴くようにしていますが(笑)。

おひさしでっす!移転後ではお初です。
移転したらずいぶんとシンプルになっちゃいましたね。
ちなみに、コメント欄は区切り線がなくて、1人1人の貴重なコメントがちょっと見づらいかもって気もしますよ~

私もVersaillesは、どーもこのVoが好きになれませんね。てゆーか、V系というのは、なぜこの歌唱法をしないとならないのかな~と疑問を感じています。クールだから???

見た目どおりの音楽をしているという意味では、確かに好感が持てますね。「By Sexual」や「かまいたち」とかって、なぜその音楽でその格好と思いましたし。LAメタルのV版?

本作、サシャピートがプロデュースしてくれればもっとよくなるかもな~と思ったり。彼の判断ならVoはクビかも…

>ここみんさん

基本的にシンプルなデザインが好きなのです。
ただ、たしかにこのコメント欄はフリーダム過ぎる感がありますね。
正直まだ試行錯誤の段階です。

V系の歌唱については、元々は声域の狭さや歌唱力をごまかすための歌い方だったのではないかと思っていますが、最近の若いバンドにとっては単に最初から「V系ならこう歌うべき」みたいな認識なのかもしれません。

BLOG移設おつかれさまでございます。

Versaillesは確かに音楽的にはメロディック・(シンフォニック)・メタルですよね。んでVocalに難あり、という感想もわかります。
いい曲あるのにもったいないと思ってしまいますよね。まあメタルファン以外にはKAMIJOのヴォーカルは受けそうですが。

しかしLAREINEのアルバムを持っていたとは…adoreさんがヴィジュアル系好きなのは今までの記事等から知っていましたが、結構筋金入りですね(笑)
僕も昔MALICE MIZERをメジャーデビュー前から買っていたくらいにはヴィジュアル系好きでした。
最近では摩天楼オペラがちょっと気に入っています。

>Endさん

当時は結構筋金入りだったかもしれませんね(笑)。
LAREINEは「Emeraude ~海に魅せられて~」というフラメンコっぽい曲が好きでした。

摩天楼オペラ、ディスクユニオンとかでもプッシュされてますね。
機会があったら聴いてみたいと思います。

BLOG移転お疲れ様です。

このバンド気になっていました。
来月近場でライヴもあるので少し聴いてみようと思います。
気に入ればライヴに参戦するのもいいかもしれません。
YoutubeでPV観ましたが確かにVo気になりますね。
いっそのことAKANE LIVに歌わせるのもありかなとか思ってしまいました。

>森山樹さん

いや、このバンドの音楽はなかなかどうしてイイですよ。
Voが弱点ですが、そのVoが中心人物というジレンマは海外のバンドにも実は結構多いような気がします(苦笑)。

ライヴに関しては興味本位で行かれるといろんな意味で凄いものを観てしまうかもしれません。
まあ、「ボンジュールハニー」と呼びかけられてみるのも一興でしょうかね(笑)。

はじめてコメントさせていただきます。
Xが解散してからメタルにはまり、いつもこのサイトを楽しく閲覧させていただいております。

レビューが私が感じたことと似ていることが多かったのですが、特にVersaillesのアルバムレビューがまったく同じ考えでしたのでついコメントしてしまいました。

Voには非常に疑問を感じざるを得ないですが…
それでもかなりうまくなったなと思いました(笑)

>0427さん

はじめまして。
このサイト/ブログを楽しめるということは、きっと私と感性が近いということなんでしょうね。今後ともよろしくお願いします。

KAMIJOはたしかに上手くなりましたが、年齢を考えると今後さらに劇的な向上は望みにくい気がするので、やはり指揮者に徹していただきたいんですけどね…(笑)。