最近気になったニュース

移転後こんなエントリーばっかりで、ツイッターでつぶやいてろよ、と自分でも思います(笑)。

ただ、ツイッターは別な用途で使っており、個人的にはあまり使い勝手のいいもんじゃないな、と思っているので、現状このサイト/ブログの運営に絡ませる気はありません。

◆ラルフ・シーパース(元GAMMA RAY、現PRIMAL FEAR)がソロ・アルバムを制作中
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=135896

2011年の1月発表予定って、そりゃまた随分先のお話で…。
かつてGAMMA RAYで同じ釜の飯を食ったウリ・カッシュ(Dr)が関わっており、その他主だったゲストは既に決まっているとのこと。
リリースがイタリアの"Frontiers Records"ということで、変にメロハーな作品になってなきゃいいけど。


◆NIGHTWISHのアネット・オルツォンが妊娠
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=136092

子持ちで離婚経験者のアネットですが、ボーイフレンドであるスウェーデンのメタル・バンド、PAINのベーシストであるヨハン某(読めない)との間に授かってしまったそうです。

アラフォーであるアネットの年齢を考えると結構な高齢出産ですね。

おめでたい話ではあるものの、正直アネットには子供よりNIGHTWISHの新作を産み出してほしいというのが本音で、働く女性の出産の難しさを感じさせられます(大げさ)。


◆SAVATAGEの「Gutter Ballet」がブロードウェイ・ミュージカルの形式で再録音
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=136150

SAVATAGEの代表曲のひとつとして知られる名曲「Gutter Ballet」が、オリジナルのブロードウェイ・フォーマットで再録音されるそうです。

89年にSAVATAGEが発表したのは「ロック・バージョン」なのだそうで、本来はブロードウェイ用に書かれた曲なのだとか。ホンマかいな。

いずれにせよ、TRANS-SIBERIAN ORCHESTRAでしこたま儲けたポール・オニール(SAVATAGEのプロデューサー)は70年代以来の夢であったブロードウェイ形式での録音にとりかかっているそうで、ブルースやゴスペル、モータウン風の「本来のサウンド」になっていると聞くと、聴いてみたいような聴くのが怖いような。


※おまけ:SAVATAGE「Gutter Ballet」のPV(YouTube)



SAVATAGEは無骨で苦手という方もいらっしゃると思いますが、少なくともこの曲だけは「ドラマティックな音楽」が好きだと思っている全ての方に聴いてもらいたい名曲です。

当時メジャーの「Atlantic」から出ていただけあって、PV自体も結構お金かかってますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

> おめでたい話ではあるものの、正直アネットには子供よりNIGHTWISHの新作を産み出してほしいというのが本音

同感ですね。私も新作リリースというニュースが早く聞きたいです。もう『Dark Passion Play』がリリースされて早3年ですもんね。
それにしても、ターヤ時代と比べ、日本における人気はやや低迷しているように思えるのですが、こういったことでリリースが遅くなり更なるひきがねにならないかが心配です。

>ここみんさん

そうですね。欧州では彼らの人気は絶大なので、長いリリース間隔も大物ならでは、という感じに受け止められるのかもしれませんが、日本では単に存在感が薄くなるだけのような気もしますね。

このバンドの新譜は結構本気で楽しみにしているんですけどね。

PRIMAL FEARの重圧なパワー・メタルも素晴らしいのですが、
GAMMA RAYの「HEADING FOR TOMORROW」のような、聴いていて楽しくなるようなメロディック・スピード・メタル作品を作ってほしいですね。

マイケル・キスクのソロアルバムみたいだったりして・・・(苦笑)

>私はカイになりたい さん

マイケル・キスク状態になるくらいなら、メロハーの方がなんぼかマシですね~(苦笑)。

ラルフくらい典型的な金属声になると、やれる音楽の幅はそんなに広くないと思うのですが。