ファンタはメタル?

ファンタのCMにマーティ・フリードマンが出ていますね。

謎のロックバンド「FANTA」としてのティザーCMが2月から流れていましたが、メンバーを明らかにしての本格的なCMがこの3月11日からオンエアされていくそうです。

メンバーは以下の通り。

Friedman(マーティ・フリードマン:G)
Ayanocozey(綾小路翔 from 氣志団:B)
Nana(谷村奈南:Vo)
Takamiy(高見沢俊彦 from THE ALFEE:G)
Akebono(曙:Dr)

なんともイロモノ臭い顔合わせ(特にリズム隊)で、とてもシリアスなプロジェクトとは思えませんが、3月10日にHMV渋谷店で行なわれた「結成デビュー記念イベント」では報道陣からの「広告のためのバンドではないか」との質問に、高見沢は「非常に心外です。広告のために集まったバンドではなく、このバンドがあるから広告がある。『FANTA』ありきの『ファンタ』です」と断言した、とのこと(苦笑)。

HR/HMのファンには真面目な人が多いので、こういう話はネガティヴに受け止められがちだと思いますが、同じ広告業界で働く人間としてはこういう楽しそうなキャンペーンをやれるのは羨ましいな、と思います(笑)。人選とか楽しかったろうな。

以下はそのCM映像(YouTube)。



マーティがいるからか、ノリとしては結構メタルっぽいと思うんですよね。ロゴデザインとか、ステージングとか。

ちょっと前まではこの手の商業的な企画で「バンド」といえばパンクみたいな雰囲気に仕立てるのが世の中的には主流だったと思いますが、やっぱり最近メタル的なものが復活してきているような気がします。

もちろんエイベックス歌手の谷村奈南が歌ってる時点でメタルじゃねーだろ、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、先週末招待券をもらって観てきた「戦国武将祭」という微妙なイベントで披露された谷村奈南の新曲(コーエーの新作ゲーム『北斗無双』の主題歌)は、まるでゴシック・メタルのような曲でした。

まあ、それはただの偶然でしょうが、個人的にはパンクみたいな普段着感覚のロックより、こういうHR/HM的なケレン味のきいた「派手なロック」の方が趣味ですね。なんか世の中楽しくなりそうじゃないですか。

そしてファンタのメイン・ターゲットであるティーンエイジャー(私は高校生時代以来ファンタを飲んだ記憶がない)がこれをきっかけにマーティーに、引いてはHR/HMに興味を持ってくれたら個人的には万々歳です。


◆ニュースソース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/100310/msc1003101853000-n1.htm

◆FANTAオフィシャルサイト
http://fanta.jp/

※↓マーティ・フリードマンのことをよく知らない方はまずこのアルバムを聴いてみてください。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

マーティと高見沢氏、とは、個人的に食指の動く組み合わせです。

マーティ仕事選べよ!って毎回思いますね。ムス大佐どう思ってるんでしょう。 孤高な人(勝手なイメージ)ですからもうどうでもいいんでしょうかねw

>zkさん

高見沢が本気で書いた曲をマーティが本気で弾くなら、ちょっと聴いてみたいですね。

Voは100歩譲って我慢するとして、リズム隊はスタジオミュージシャンで録ってもらいたいですが(笑)。

ベースはMASAKIで、ドラムは長谷川浩二か、そうる透あたりですかね。2人の人脈的に。

>hmさん

マーティーは本当に仕事選びませんよね~(笑)。

いったいどこまで行ってしまうのか、他人事ながら心配になってしまいます。

マーティーのギターが活きるのはなんだかんだ言ってシリアスなメタルだと思うのですが。

こんばんは。
コレを見て、マーティさんがMEGADETHに復帰する可能性は
限りなくゼロに近いと思い知らされました。(笑)
エレフソンなんかよりもマーティが復帰するほうがどれだけ嬉しい事か…。

>marochikuwaさん

そうですね、もうマーティがMEGADETHに復帰する理由があるとしたら金銭的なものか単なるノスタルジーか、いずれにせよ長続きするものになるとは思えませんね~。

心なしかもはやMEGADETHのメンバーとは異なるオーラを花っているような気もしますし(苦笑)。

KISSを意識したんじゃないんですか?
デトロイト・ロック・シティに雰囲気が似てるのはパイロのせいでしょうか。

>ぬるま湯さん

たしかにロゴの雰囲気とかもKISSっぽいですね。
マーティもKISSファンだし、狙っているのかもしれませんね。