BURRN!10年4月号の感想

burrn1003.jpg

表紙&巻頭インタビューはなぜかフィリップ・アンセルモ(Vo:元PANTERA、現DOWN)。

写真は昨年11月に撮り下ろされた、とあるので、恐らくネタのない号に備えてストックしてあったものであろうと推察します。

PANTERAが90年代のメタルにとって最も重要なバンドのひとつだったとはいえ、現在のフィルにBURRN!の表紙を飾るほどの存在感があるとは思えないのですが、まあその辺は私の感覚とは異なる方がたくさんいるということなのでしょう。

フィルが「テカテカの紙の、ぼったくり雑誌の活字からでは、他人への評価は下せない」と言っているのはBURRN!の紙質の良さに対するイヤミでしょうか?(笑)


年間投票の結果は、予想通りMEGADETHがベスト・バンド&ベスト・アルバム。

あとはBON JOVI、SLAYER、DREAM THEATERといった大御所が順当に上位にいて、プレイヤー部門とライヴ部門で再結成したMR.BIGの面々がランクイン、というとってもBURRN!らしいランキング。

もうこういうバンドに票を投じる人しか投票してないのかもしれませんね。
今やコアな趣味はネットで披露したほうがリアクションを感じられる時代ですし。

バンドで4位、アルバムとチューンで3位のOUTRAGEは組織票でもあったのかと思うほどの健闘ですね。
個人的にはバンド部門でHIBRIA(11位)がFAIR WARNING(15位)より上、ってのにも驚きましたが。


IN FLAMESが「Embody The Invisible」を演ったというのを知り、TASTE OF CHAOSを観に行けばよかったなー、と思いました。
ATREYUとCKYもちょっと興味あったし。


インタビューは、個人的にはジェフ・スコット・ソートのものが興味深かった。

読んでいて面白いのはJURASSIC JADEかな。音楽的には正直興味ないのですが、キャリアのある日本のバンドなので、様々なエピソードが語られていて楽しい。

あと、OVERKILLのインタビューを読むとボビー“ブリッツ”エルズワースはいわゆる「好漢」だなあ、と感じます。
これはOVERKILLにほとんど関心のない私がインタビューを読むたびに毎回感じていることなので、彼が「いい人間」なのはきっと間違いないと思います。

マイク・ポートノイ(Dr:DREAM THEATER)が絶賛するBIG ELFの欧州ツアーレポートがカラーで掲載されているのは、来月の日本デビューにあたってカラーの1ページ広告がちゃんと出稿されていることと無関係ではないでしょう。

そしてスラッシュのソロ・アルバムの高得点(広瀬96点、大野97点、幅95点)に私の眉は唾まみれ。


◆発行元であるシンコー・ミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011004


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

D・Tと言えば、、、

お久しぶりです、フィン(finn・againwake)です。
「PANTERA」のBESTって今や廃盤なんですね。ちょっと残念。
それと「AC/DC」のコンサートお疲れ様です。
私も「AC/DC」の熱心なファンではないため、コメント欄はこちらにしました。
しかし恒例のライブレポを見るにつけ、うらやましいな~と思います。
北海道では、私の好みであるメロスピ、エクストリーム勢は、なかなかお目にかかれません。
でも、ライブよりアルバムとしての作品的価値観を重視するタイプの私としては、それほど打撃ではないかも(メタルファンでは珍しいタイプですが)

記事で目に付いたのはやはり「BLACKSABBATH」でしょうか。
デビュー・アルバムは史上初のへヴィー・メタル作品として、どうやら音楽史的にも認知されているようですね。
「メタルの発明者」であると言い切っていますが、そこらへんの定義は難しいですが、サバスの音楽が好きな私にとっては好感の持てる記事でした(黒魔術に傾倒していたのはマジだったとか、、、今ではちょっと微笑ましいです)。

ランキングで、唯一関心がもてたのは、奥野氏のランキングくらいかな、「CANDLEMASS」が1位、アルバムの解説でも絶賛していたので(実際本当にすばらしい作品でした)、彼と小澤氏の迎合しない姿勢に共感が持てますね(スラッシュのアルバム評でも唯一の80点台だし)。
あと「OVERKILL」の新作はかなり良かったですよ。
前号でジャンルは違えど、カルマのアルバムが90点以上だったのですが、聞き比べると正直「OVERKILL」のほうが、よかったな、ハッキリ言って(カルマも良かったけど)。

発売時期的なものなのか、「AVANTASIA」の情報が、
マーキーの広告のみというのも残念でした(ある意味一番期待していたのに、、、情報出すの遅すぎ)。
またあれだけ以前は酷評されていた「REINXEED」が88点取ったのは笑った(北井さん、こういうの好きですね)
個人的に期待のD・T(ダーク・トランキュリティ)が複数レビューというのも嬉しいですわ。
このバンドも聴く人によってはマンネリズムなんでしょうけど、、、
いいものはいいと言ってあげないとね(85点くらい)。
年間ランキングでの、D・Tといえば、「DREAMTHEATER」、、、たしかにドリムシの新アルバムも良かったけど、「DARKTRANQUILLITY」にも負けずにがんばってもらいたいですね~。

ところで「ORDENOGAN」って非常に気になるのですが、adoreさんは、買いますか?

僕は、一昨年のラウドパークで話題になっていた、構想十年のブラガの二枚組み「指輪物語」アルバムがなかったことになっているらしきことを知り、(コケずに済みそうで)嬉しいやら(バカなアルバムが聞けなさそうで)悲しいやらです。

Amberian Dawnってバンドはあまり有名じゃないんですか?
昨年発売された「The Clouds of Northland Thunder」というアルバムは、かなりいい出来だと思うのですが。

人気投票

こんにちは。
B!の年間投票は相変わらずといった感じですね。
毎年GROUPとALBUMは的中させる自信があります。
その中でもHIBRIAの11位は異彩を放っていましたが。
や,勿論良いバンドなのは分かっているんですけどね(苦笑)。

>フィンさん

北海道だとなかなか来日公演を観るのもラクじゃないですよね。
ただ、私もライヴよりアルバムの出来を重視するタイプですし、そういう人は決して少数派じゃないと思っています。

AVANTASIAについては多分、レビューにサンプルが間に合わなかったのでしょう。
たまに意図的に発売前にレビューさせてないのでは、と勘繰ってしまうケースもありますが(笑)。

ORDENOGANは、興味はありますがちょっと様子見モードです。

>私はカイになりたい さん

AMBERIAN DAWNは女性Voメタルのマニアの間ではそこそこ知られていると思いますが、残念ながら有名とは言えないでしょうね…。

NIGHTWISH系が好きな人にはウケる音だと思いますが、日本ではNIGHTWISH自体もイマイチですからね…。

>伊豆略さん

たしかにBLIND GUARDIANは大作主義に走りすぎると空回りするような印象がありますね(苦笑)。

まあ、ドイツ本国では売れているから、本人たちはそうは思っていないのでしょうけど。

>森山樹さん

たしかにここ数年はベストグループとベストアルバムは全て「想定の範囲内」ですね(苦笑)。

HIBRIAの健闘は全メロスパーが総力を挙げて組織票でも投じたのでしょうか(笑:それで11位というのも微妙ですが)。

なんだか唐突にブラガの話題を出した感じになってますが、BURRNの情報欄を読んでこう思ったよ、という話です。
変な書き方をしてすいません・・・

>伊豆略さん

いや、私も、「あ、ブラガ本当に今年新作出すんだ」と思ったので別に唐突とは思いませんでしたよ。

そんな細かいこと気にせずどんどん書き込んでください(笑)。

ブラガと言えば、今私がやってる「sacred 2」とゆうゲームの主題歌を歌ってますよ。これがなかなかブラガにぴったりな世界観のゲームで・・ライブムービーもあってとても嬉しくなりました。

困ってたみたいなので助けたら楽器までもらってしまいました。

>darklordさん

そういえば以前ゲームの主題歌を作ったとインタビューで言っていたような。オンラインRPGでしたっけ?

最初にブラガの存在を知ったとき(かれこれ15年以上前ですが)、RPGみたいなジャケットのバンドだなぁ、と思った記憶があるので、ファンタジー系RPGであれば違和感はなさそうですね。

楽器をもらった、ということはキャラとしても登場しているんですか?