GALNERYUS / BEGINNING OF THE RESURRECTION -Digital EP-

galneryus_ep05.jpg

6月23日発売予定の、小野正利を含む新ラインナップによる初めてのフル・アルバム「RESURRECTION」に先駆けて、配信限定でリリースされる3曲入り先行EP。

前作からのシングル「Shining Moments」も配信オンリーでしたが、きっとこのクラスのアルバム・オリエンテッドなアーティストだと、もはやシングルに関してはCDをプレスしていたら利益が出ないんでしょうね。淋しい世の中です。

1曲目「Destiny(MV MIX)」は小野正利のハイトーンが存分にフィーチュアされたメロディック・パワー・メタル・チューンで、随所にテクニカルなプレイが詰め込まれ、間奏などはプログレ・メタルさながらにスリリングという、「歌がめちゃくちゃキャッチーで、演奏パートがめちゃくちゃ充実している」というSyu(G)がGALNERYUSの音楽を説明するときに使用する表現そのままの曲。

新生GALNERYUSのポテンシャルを証明するに充分な密度の濃い曲で、ここ2作ほどの彼らのアルバムが気に入っている向きにとってはたまらない一曲だろう。

2曲目は小野正利の加入を知ったときから絶対やるだろうと思っていた小野正利の代表曲「You're The Only...」のカバーで、「You're The Only...2010」。
ギターのフィーチュア度が上がり、間奏も長くなっているが、思いのほかオリジナルに忠実なアレンジ。

かつてミリオンセラーを記録し、紅白歌合戦でも歌われた大ヒット曲だけに、私のようなアラサー世代以上の人間にとっては「嫌でも耳に入ってきた」レベルの曲なので、私などには良いとか悪いとか言う以前に、「懐かしい」という感情が先立つ。

ただ、オリジナルを知らないような若いメタル・ファンにとってどう響くのかにはちょっと興味があるな。
やはり単なるJ-POPに聴こえてしまうのか、良質のパワー・バラードとして響くのか。

3曲目は日本テレビ系アニメ『RAINBOW -二舎六房の七人-』エンディング・テーマとして使用されている「A Far-Off Distance (RAINBOW MIX)」。

アニメの内容を知らないので作品に合っているのかどうかはわからないが、バラード系の明るめな曲で、キャッチーといえばキャッチーだが、正直メタル・ファンにはヌルい。

アニメ・ファンとメロディック・パワー・メタルは相性がいいと言われるし、実際たまにアニソンで私の耳を引くような哀愁のある楽曲を耳にすることもあるので、もっとGALNERYUSらしい曲をぶつけても受け容れられるような気がするんですけどね。

それぞれの楽曲がそれぞれ異なる意味でシングルとして成立する豪華なEPで、だからこそあまり好きではないダウンロード購入をしたわけですが、個人的な満足度としてはちょっと微妙かな。

ま、とりあえずアルバムに期待、ということで。

◆GALNERYUS公式サイト
http://galneryusyumacher.com/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ストラト?

GALNERYUSの熱心なファンではないため、このサイトを見て、「Destiny(MV MIX)」を購入、
教えてくれてありがとう。
ストラトヴァリウスの「Destiny」が好きだったため、メタルでDestinyというと私的には彼らなのだが、
実際聴いて見ると素晴らしい、間奏の演奏パートがめちゃめちゃ、カッコイイな。
でも日本語の歌詞になった途端ポップスに聞こえてしまう、、、しかしさすが小野正利、ハイトーンが心地いい。
adoreさんとは同年代なため、アラサー世代以上の人間にとっては「嫌でも耳に入ってきた」レベルの曲You're The Onlyの内容には同感、思わずニヤリ。

話が変わりますが、ダーク・イリュージョンの新譜がかなりいいですね~。
ラプソディ、シークレット・スフィアの新譜よりもいいかも、、、
DOKKENですが、言われていたほどむごくないです。
っていうか、新曲の2曲がアップテンポなメタリック・チューンで良かったですよ。

>フィンさん

DARK ILLUSION、トーマス・ヴィクストロムは好きだし、気になってはいるのですが最近は気になるCDが多くて…。
忙しいこともあって「積みCD」がかなりの勢いで増えてます。

DOKKENが悪くなかったという話を聞くと、やはり現代のレコーディング技術って素晴らしいんだな、と思いますね(笑)。

ONE FOR ALL以来

 またもやお久しぶりのチャンです(汗)。

『ONE FOR ALL - ALL FOR ONE』以来手に取っていなかったGALNERYUSでしたが、小野正利加入ということに釣られて購入してしまいました(実は配信購入も初体験)。 
 3部作でGALNERYUSを刻まれたので『ONE FOR ALL(略)』に「あら?」となってたんですが……いや、「Destiny」いいですねー^^

 小野正利氏はここ十年ほどゲームの主題歌等をずっと愛聴していたので現役なのは知ってましたし、HR/HMに縁があるのも知ってましたが、まさかここでGALNERYUSとは思いませんでした。なんかメタル以外の視点で見てた人がいきなりこっちに来て不思議な気分です(笑)。

 メタル歴もまだ3.4年の若輩者のため、もちろん「You're The Only」もリアルタイムではないです(チラっと調べたら発表当時、私3歳ですorz そりゃ知るはずない)。
 ただ前述のゲーム関連で興味をそそられベストアルバムは持っていたので、曲自体は知ってました。一応原曲知っているだけに、もうちょっと弾けてくれた方が面白かったな-、というのが正直なところ(笑)。

 本線とは関係ありませんが、個人的に小野正利(芸能人?時代)は「You're The Only」より「もう一度 君が欲しい」派です。

 なんか久しぶりにコメント書くとだらだら長くなっちゃって申し訳ないですね(汗)。
 ではでは、今日はこれで失礼します-^^;

>チャンさん

お久しぶりです。
「You're The Only...」がリリースされたとき3歳…(遠い目)。
いや、そんな若い方にも読んでいただけてるというのは非常に嬉しいですね。

私にとってこの曲以降の小野正利は屍忌蛇のアルバムで歌っていたSCORPIONSのカヴァーや、コージー・パウエルのトリビュート・アルバムでのBLACK SABBATHカヴァーしか聴いていなかったので、メタルな印象しかなかったですね。むしろゲームの主題歌を歌っていたことは知りませんでした。