CRAZY LIXX / NEW RELIGION

crazylixx02.jpg

BURRN!誌で92点を獲得した(評者は藤木氏)スウェーデンのCRAZY LIXXのセカンド・アルバム。

         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんな点数で俺様が釣られクマ――
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈         __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

マニアの間で話題となった08年のデビュー作発表後、ギタリストだったヴィック・ジーノが母国の先輩バンドであるHARDCORE SUPERSTARに引き抜かれてしまい、一部では「早くも終了?」などと囁かれていたが無事こうしてセカンドをリリース。

アルバム冒頭を飾る「Rock And A Hard Place」を聴いたときには「さすがに懐古趣味も度が過ぎるんじゃ…」と思った。

WIG WAMやPOODLES、そしてSTEEL PANTHERあたりがこういう音を出すのは「半分ネタ」だからわからないでもないけど、今このご時世に本気でこういう音を追求するのはどうなのよ…と思ってしまった私はやはり知らず知らずのうちに90年代的な価値観に染まってしまっていたのだろう(だって私の青春は90年代だったのだからしょうがない)。

2曲目のコーラスの厚さに「オッ、いいね」と思い、3曲目冒頭から飛び出すサビ・メロにすっかりヤられてしまいました。

さすが北欧のバンド、脳天気なパーティ・メタル・バンドとはメロディの質(というか湿度?)が違う。
続く4曲目も漂う哀愁に胸キュン、6曲目「Children Of The Cross」に至る頃には藤木氏が得意の(?)ガッツポーズをキメている姿がまざまざと浮かんできた。

先ほども申し上げたように私は何だかんだ言って90年代的な価値観に毒されているので、このバンドの音を「ちょっと古臭い」と感じてしまう部分はある。

しかしサビを中心としたメロディの充実、高揚感にはそんな思いを吹き飛ばすだけの説得力がある。
それでいて意外と北欧のバンドにありがちなイモ臭さも薄く、イイ感じにアメリカンなのだ。

ジャケットがちょっとダサいというかB級っぽいのが残念ですが…。

90年代の申し子である私の採点はこんなものだが、90年代的な価値観(80年代はダサい)から自由な若者、そしてもちろん80年代に青春を過ごした人にとってはプラス3~5点つけてもいいと思える出来なのではないだろうか。【85点】

◆CRAZY LIXXのMySpace
http://www.myspace.com/crazylixxmusic


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たしかに4曲目の「Blame It On Love」は胸がせつなくなりますね。

自分は今29歳なのですが、下の動画のカッコよさがいまいち理解できません。(もちろん曲のカッコよさは理解できます。)

http://www.youtube.com/watch?v=TopkgGxGzQs

リアルタイムで体験した人の目に、あのロボットはどう映ったのでしょうか?

それでも時間が経つにつれて、あんなにダサいと思っていたIRON MAIDENのマスコットキャラクターがカッコよく思えてくるので不思議なものです(笑)

>私はカイになりたい さん

「Blame It On Love」、イイですよね。

ジューダスにせよメイデンにせよ、今観るとセットはショボい、というかダサいですが、恐らく当時は「アリ」だったのだろうと信じています…確信は持てませんが(苦笑)。