ドイツのデスメタラー教師、クビになる

トーマス・グラース氏(29)は、ドイツのシュトゥットガルトのハイスクールで倫理を教える教師でした。

彼にはもうひとつの顔があり、デスメタルバンド「DEBAUCHERY(ディボチェリー)」のヴォーカル「ブラッド・ビースト」として、ライヴのステージでは動物の血にまみれてグロウルを響かせていた。

この「もうひとつの顔」が生徒や学校にバレてしまい、教師としての仕事を取るかデスメタルを取るか迫られた結果、彼はデスメタルを選び、晴れて(?)教師をクビになったそうです。

※彼がVoを務めるDEBAUCHARYのPV映像



なんとなく、某クラウザーさんのバンドを彷彿させる話ですね(笑)。

いやしかしデスメタルのために教師という職を捨てるなんて筋金入りです。
まあ、このバンドは名門メタル・レーベル「AFM」に所属しているみたいですから、彼としてはこちらが「本業」なんでしょうけど。

個人的に興味深いのは、彼がどのような「倫理」の授業を行なっていたのか、ということと、彼がプレイしていたのがデスメタルではなく正統派やメロスピであればOKだったのかどうか、ということですね(笑)。

◆ニュースソース
http://garakuta.oops.jp/wordpress/?p=1941

◆DEBAUCHARYのMySpace
http://www.myspace.com/debaucheryband

◆DEBAUCHARYの公式サイト
http://www.debauchery.de/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

音楽はどうでもいいけど(失礼)PVは素晴らしいですね(笑)。

クビにされたのはちょっと気の毒な気もしますね。
案外、まじめな先生だったのかもしれませんね。

素晴らしいメタル魂ですね~
写真見ると、なんとなく目鼻立ちが、So What時代の冠さんみたいな顔に見えませんか?
HPを見ると、血まみれでチェーンソー持ってりゃ、そりゃ親なら心配になるわっていうのは、分からないでもないような気がしますね。

>私はカイになりたい さん

たしかにこのPVはおっぱい的に素晴らしいですね(笑)。

仮に勤務態度はまじめだったとしても、やはりこんなPVを作っている人に倫理を教わりたくないかもしれませんね(笑)。

そういえばラルフ・シーパースも本業・公務員だった時期がありましたね…(今もなのかな?)。

>私はカイになりたい さん

たしかにこのPVは男性本能的に素晴らしいですね(笑)。

仮に勤務態度はまじめだったとしても、やはりこんなPVを作っている人に倫理を教わりたくないかもしれませんね(笑)。

そういえばラルフ・シーパースも本業・公務員だった時期がありましたね…(今もなのかな?)。

>ここみんさん

「バカですね~」ではなく「素晴らしいメタル魂ですね~」と感じるあたり、ここみんさんもかなりイイ性格ですね(笑)。

冠氏はSo What時代はもう少し若々しい感じじゃなかったですか?
むしろこのデスメタル先生が長髪時代のPVを観ると「傷だらけのヘビーメタル」な感じでしたよ(笑)。

HELLOWEEN の Dani Loble や KISS の Gene Simmons など「元教師」ならいくらか思いつきますが、兼業となると珍しいですね。しかもデスメタルシンガーときてる。

「教師」「メタル」で僕が真っ先に思いついたのはもちろんダミアン様です。
結構いるんですねメタル教師。なんか理由があるのかしら?

関係ないですがGERARDの新譜はかなりメタラー向きで良いですよ!一緒に買ったラプソディーの新譜より良かったです(←今月いろんな所で使われそうな表現)

>ノームさん

ダニー・ルブレも教師だったんですか。それは知りませんでした。

B級バンドのメンバーの大半は何かしら収入上での「本業」を持っていますから兼業は珍しくないと思いますよ。

ただ、教師というのは聖職とまでは言わないにせよ、若い人生を預かる仕事であるからして全力投球して欲しいですけどね(笑)。

>伊豆略さん

あー、そういえばダミアン浜田も教師でしたね。
VOWWOWの人見元基も教師だし、メタラーと教師は親和性があるのかもしれませんね(?)。

もっとも2人ともバンドを諦めて教師になったわけで、バンド活動と完全に平行していたこのトーマス氏とはちょっと事情が違うかもしれませんが。