ヨルン・ランデがロニー・ジェイムズ・ディオに捧げるアルバムを発表

先日、復帰したMASTERPLANのアルバムがリリースされたばかりのヨルン・ランデ(Vo)が、自身のソロ・プロジェクトであるJORN名義で、先日亡くなったロニー・ジェイムズ・ディオに捧げるアルバム、その名も「DIO」を発表するそうです。

欧州では7月2日のリリースということで、随分早いな、と思いましたが、トリビュートの企画自体は2008年からあり、2009年から制作に取り掛かっていたとのこと。

まさかロニーが亡くなり、話題が最大化するタイミングを見計らってスタンバっていたのでは…という邪推をしてしまうのは私の心がEvilだからでしょうか。

…と思ったら海外のニュースサイトのコメントでも「便乗商法」と叩かれてますね(苦笑)。

曲目は以下の通り(カッコ内はオリジナル)。

01.Song For Ronnie James [New Song]
02.Invisible (DIO / HOLY DIVER)
03.Shame on the Night (DIO / HOLY DIVER)
04.Push (DIO / KILLING THE DRAGON)
05.Stand Up And Shout (DIO / HOLY DIVER)
06.Don't Talk to Strangers (DIO / HOLY DIVER)
07.Lord Of The Last Day (DIO / MAGICA)
08.Night People (DIO / DREAM EVIL)
09.Sacred Heart (DIO / SACRED HEART)
10.Sunset Superman (DIO / DREAM EVIL)
11.Lonely Is The Word / Letters From Earth [2010 version](BLACK SABBATH / HEAVEN & HELL,DEHUMANIZER)
12.Kill The King (RAINBOW / LONG LIVE ROCK N' ROLL)
13.Straight Through The Heart [Live] (DIO / HOLY DIVER)
14.Song for Ronnie James [Videoclip]

結構渋めの選曲だと思うのは私が日本人だからでしょうか?
それとも単にヨルンがマニアなだけでしょうか。

まさかRAINBOWの「RISING」やDIOの「THE LAST IN LINE」から1曲もなく、「MAGICA」や「KILLING THE DRAGON」から持ってくるとは…。

しかもちゃっかりロニーに捧げるオリジナルまで収録しちゃってます↓(YouTube)


曲がディオっぽいかどうかは微妙な所ですが、歌詞にはDIO関連ワードが随所にちりばめられていることが私の貧弱な英語力でもわかりました。

それ風なジャケットも既に…
jorn_dio2010.jpg


しかしこの人は既にデイヴィッド・カヴァデールでも同じ企画を用意していそうで怖いです(笑)。
まあ、前回の来日公演を観る限りカヴァデールはまだまだ大丈夫そうな感じでしたけどね。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=140470
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

選曲が微妙・・・

仕事が早いというか、商魂たくましいというか、すごいタイミングですね・・・(苦笑)。

ちょっとこのタイミングだと、ロニー・ジェイムズ・ディオ・のファンはもとより、自分のファンからも顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうんじゃないでしょうか?

THE SNAKESの「ONCE BITTEN...」を作った彼ならば、デイヴィッド・カヴァデールのトリビュートアルバムを作ることぐらい、朝飯前でしょう(笑)。

>私はカイになりたい さん

どう考えてもロニーが死ぬ方に賭けていたとしか思えないタイムリーさですよね(苦笑)。
実際BLABBERMOUTH.NETなどのコメントを読むとかなり顰蹙を買っているようです。

こうなるとPV中の謎のウインクも「買ってね(はぁと)」と言っているように見えてしまう…。

カヴァデールのトリビュート作も既に録音済みかもしれませんね(笑)。