REVOLUTION RENAISSANCEにボブ・カティオニスが加入

ティモ・トルキ(G:元STRATOVARIUS)率いるREVOLUTION RENAISSANCEに、昨年秋にクビになったマイク・カーリロフの後任キーボーディストとしてFIREWINDのボブ・カティオニスが加入したそうです。

先日はやはりクビになった前ベーシストの後任として元HAMMERFALLのマグナス・ローゼンの加入が報じられましたし、何気にメンバーが豪華になってきていますね。

ボブ・カティオニスがこのバンドに入ったのは、やはりガス・GがOZZY OSBOURNEに加入してFIREWINDの活動がしばらくお休みになってしまうから、ということなのでしょうか。

前作がかなり良かっただけに、FIREWINDの新作も楽しみなのですが。

ボブ・カティオニスは優れたキーボーディストであると同時に優れたギタリストでもあり、FIREWINDのライヴでも時々ギターをプレイしていただけに、このREVOLUTION RENAISSANCEでもその気になればツイン・ギターによるアレンジが可能になりますね。

もっとも、ティモ・トルキが自分以外の人間にギターを弾かせるかどうかはわかりませんが…(笑)。

バンドのサード・アルバムとなる新作「TRINITY」は今年の秋に発売予定だそうです。
ちょっとだけ期待。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=140565
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

adoreさん、こんばんは。
私もFIREWINDの前作を気に入っていたので、バンドが休止状態
になっているのは大いに不満です。ドラマーが抜けたあたりから
「空中分解しないだろうか…」と心配していたのですが、今回の
ボブの動きもとても気になります。

>marochikuwaさん

お久しぶりです。
FIREWINDはギリシャでは相当人気があるみたいなので、いつかは必ず戻ってくると思いますが、今はガス・Gにとって「勝負の時」だし、ギリシャ経済はひどい有様ですから、しばらく「お休み」なのかもしれませんね。

正直ボブ・カティオニスはRRにはもったいない人材だと思うのですが、まあそんなこと言ったらSTRATOVARIUSの時ももったいないくらい優秀な人材に支えられて良い音楽を生み出していたと思うので、RRの次回作は期待できるかもしれませんね(笑)。

O・ヘンリー 最後の一枚?

RRは楽しみになって来ましたね~。でも「Age of ~」のようなアルバムは勘弁かな(でもタイトル曲はかなり好き)。

adoreさんには到底かなわないのですが、先月はたくさんCDを買ったので今月は抑え気味、
しかしそれ以前にラウドネス(かなり良かった)やカテドラル、ソウルフライ、アナイアレイター、マスタープラン等購入済み。来月までは自重を決意。今日は最後の一枚を買うつもりでCD-SHOPへ、
このサイトでも取り上げていたWHITEWIZARDを買うか、DELIRIONにすべきか悩む(両方買えよ)。
WHITE~はVoが結構タイプの声質で買いたかったのだが、前評判が高かった?のか店頭では数が多い、ということはいつでも買えるのでは、、、と考え流通の少ないDEL~を買いました。
結果オーライ(古いか)。田舎臭さが減り、少し洗練された印象、これは聴けると思いましたわ。
WHITE~は来月かな。
しかも来月はRETURN TO HEAVEN DENIED PART 2が出ますね。あの興奮が蘇るのか。
びっくりしたのは、ANGRAに復帰したリカルド・コンフェッソーリが「SHAMAN」でもアルバムを出すんですね。確かにあのバンドは休止するにはあまりにもったいないので嬉しいのですが、、、

また最近でもないかも知れませんが、注目株のバンドのアルバムはDVDが付いてきて(場合によっては通常盤よりボートラを更に追加とか期間限定Verとか、そりゃ一択だろっていうような)しかも余分に値が張るのは痛い、まぁピックが付いて来て3200円って微妙に高くない?って感じるよりはいいのでしょうが(笑)

>フィンさん

マグナス・ローゼンにボブ・カティオニスがいて「AGE OF~」のような作風は避けて欲しいですね(笑)。

私はこんなサイト(ブログ)をやっているわりには大してCDは買ってないほうですよ。多分フィンさんのほうが沢山買っているのではないでしょうか。

それでも全然レビューが追いつきませんが…。

私はDELIRIONは行きつけのCDショップに売ってなかったので、素直にWHITE WIZZARDと、TREATを買いました。

DVD付きCDは確かに食指をそそられますが、何度も観るような内容のものは少ないですね…。