FINLAND FEST 2010 @ LIQUIDROOM

恵比寿のリキッドルームで行なわれたFINLAND FEST 2010-METAL ATTACK-に行ってきました。
FINLAND FEST、何気に2005年以来だなぁ(当時はFINNISH MUSIC DAYS IN TOKYOという呼び名でしたが)。

先週けっこう忙しかったため(徹夜は1回で済んだが)疲れがたまっていたのか、起きたら既に15時。

おいおい、開場16時なのにチケットすら引き取ってないよ。

とりあえず身支度をして、近所のファミリーマートでチケットを引き取り、恵比寿へ向かう。
都心に住んでいるので遅刻はないが、悠長に恵比寿でサク飯など食べていたら開演15分前くらいに到着。

今年はけっこう早めにソールドアウトになっており、場内は満員。
と言ってもすし詰め状態ではないので、場内後ろのバーカウンターの前あたりに陣取る。

私の前には女性しか立っていなかったため、結構観やすい。

前に立っている女の子二人のうち一人は金髪で、単に染めているのかと思ったが、途中話しかけてきた外人と英語ではない耳慣れない異国語で会話していたので、場所柄フィンランド人だったのかも(でも、連れの女の子とは日本語で話していたので、ハーフなのかな)。

とまあ私の周りはたまたま女性が多かったが、場内全体で考えると恐らく9割がた男だったと思われます。
TURISAS風のウォーペイントをした人たちも数名いました(笑)。

ポジションを決めてほどなく、ほぼ17時きっかりに開演。

BEFORE THE DAWN

ゴシック系にありがちな、「CDはいいけど、ライヴだとイマイチ」なタイプだろうと高を括っていたが、なかなかどうしてカッコいい。

スクリームとクリーン・ヴォーカルのコンビネーションはむしろメタルコアっぽいもので、アグレッシヴなサウンドに乗せて一部ではモッシュなども起きていた。

そしてクリーン・ヴォーカルの歌うメロディにはゴシック系ならではのメランコリックな魅力があり、楽曲の質が平均的に高いのがマル。「キメ曲」が作れれば日本でもかなりイケるんじゃないかな。

マッチョないい身体したスクリーム・ヴォーカルも堂に入ったものだったし、ベースが歌うクリーン・ヴォーカルもちゃんとメロディを追う以上の説得力があった。

扇風機ヘドバンを連発するギタリストや、アクションの大きいドラムなど、意外なほどライヴ慣れした「魅せる」パフォーマンスができていて、(実は結成10年目の結構なベテランらしい)1バンド目だというのに場内はなかなか盛り上がっていた。


TURISAS

色物寸前のルックスと熱い音楽性で熱心なファンを多く持つバンドなので盛り上がるだろうとは思っていたが、やはり大盛り上がりでした。

入念なサウンドチェック(ヴァイオリンやアコーディオンなど、楽器が多いので通常より調整が大変なのだろう)の間にも「Batte! Metal!」コールが。

そして始まってみると当然ながらみなあのウォーペイント。体格のいいVoの人は身に着けた防具なども含め「北斗の拳」に登場していそうです(笑)。まずビジュアルインパクトで勝負あり。

ウォーペイントを施したファンの方は剣?や斧?風のものまで持ち込んでいましたが、オーディエンス全体の盛り上がりが凄かったため、多分本人が意図したほど目立っていませんでした(笑)。

正直私はこのバンドの曲はそれほど良いとは思っておらず、その印象は今日も変わらなかったが、ショウとしては非常に楽しいものだった。

宴会ソング「One More」の前にはビールについて熱くMCでトークした後ビールを飲んでプレイし、途中では「サケ!」と言いつつメンバー全員で日本酒(らしきもの)を飲むパフォーマンスも。

それ以外の曲ではミネラルウォーターを飲んでいたような気がしますが(笑)。

紅一点であるアコーディオンのネッタ嬢も、思いのほか短いスカートに、背中のバックリ開いたノースリーヴと何気に露出度の高い格好でメタル紳士たちの「萌え」を誘っており、「ええい、その胸を覆い隠すアコーディオンが邪魔だ!」と思った方も結構多いのでは(笑)。

ラストの「Battle Metal」は当然の大合唱。バンド名のコールもぶっちゃけ今日一番でした(響きが呼びやすい、ってのもあるけど)。

今年の末にまた来るぜ、的なことを言ってたけど年末ってことはLOUD PARKではなく新作を出しての単独かな?


TAROT

TURISUSの後だと厳しいだろうな~と思っていたけど、やっぱ厳しかった(苦笑)。

もちろんTAROTはSTRATOVARIUSや、現CHILDREN OF BODOMのローペ・ラトヴァラがかつて在籍していたSTONEと並ぶ、80年代、まだフィンランドにメタルのシーンが存在しない頃から活動してきた大ベテラン。

中心人物のマルコ・ヒエタラは今をときめくNIGHTWISHのメンバーということで現役としての大物感もちゃんとある。

が、やはり曲が地味過ぎ。

90年代、ゼロ・コーポレーションからリリースされていたアルバムを聴いたときも「方向性は正統派でイイんだけど、曲が地味だな~」と思っていましたが、本日プレイされた曲もテンポの速い遅いを問わずもれなく地味でした。

たしかにベテランらしい安定感のあるパフォーマンスだったが、直前に「凄いもの」を観てしまっただけにどうしてもインパクトに欠けるのは否めない。

観客も、彼らのキャリアに敬意を表してそれなりに暖かく拍手や歓声を送っていましたが、前のTURISAS、後のPOISONBLACKの6割くらいの盛り上がりでした。

私が彼らのアルバムを聴かなくなってから加入したサンプラー担当(ここまであからさまにMacがステージ上に置いてあるのを初めて見た)のトミ・サルメラなる人物が思いのほかリードで歌いまくっていて、「俺はマルコの歌を聴きたいんだが」とちょっとウザったく思ってしまったのもマイナスポイント。


POISONBLACK

開演から約3時間が経ち、TAROTが地味だったことで疲労感がドッと出てきたため、バーカウンターでドリンクチケットを渡してアルコールを注文。

メニューにZIMAがあり、「そういえば久しく飲んでないな」と思ったのでZIMAを注文。飲みやすい。

飲んでいる間、TAROTもそうだったが、POISONBLACKもサウンドチェックの時点でメンバー本人が出てきてしまうのがプロっぽくない感じ。本国では結構売れてるはずだけど、フィンランドのミュージック・ビジネスの規模を考えるとやっぱりそんなものなのかな。

そしてPOISONBLACKの演奏が開始。
たしかにSENTENCEDとは違う。しかし文句なしにカッコいい。

というかむしろこちらのほうが大衆的というかキャッチーで、ライヴでは盛り上がりやすいのではないか。

実際観客もさっきのTAROTよりはるかに盛り上がっており、TAROTでのおとなしさが必ずしも「TURISAS疲れ」によるものではないことが図らずも露呈してしまった(笑)。

BEFORE THE DAWNでの盛り上がりなども考えると、今日は結構ゴシック系が好きな人たちが集まっていたのかな。

ヴィレ・レイヒアラ(Vo, G)は背の高さもあって存在感抜群。カリスマ性のようなものさえ感じました。
何気にギターもかなり上手い。フライングVでいい音鳴らしてた。

MCなどは簡潔に、次々と曲を叩きつけてくるライヴ運びも含めてカッコよかった。
トリだけに、彼らだけはアンコールがありました。


以上4バンド、TAROTはちょっと地味でしたが、チケット代をはるかに超える満足感のあるイベントでした。
やっぱりフィンランドは層が厚いなあ。別にこいつらがベスト4バンドって訳じゃないわけだし。

てかTAROT以外の3バンドはLOUD PARKでもイケるよ。というか、この3バンドのライヴはこんな限られたフィンランド・マニアに独占させておくにはもったいないと本気で思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 こんにちは
 POISONBLACKのライヴは僕も見に行きたかったですね。最新作は今のところ今年のベストです。
 ゴシックというより「ハード・ロック」と表現したくなるアルバムで、僕は元々そっち出身なだけに(さらに歌詞も最高にいいのだから)たまりません。

僕はTarot目当てで行きましたが、生のPoisonblackが予想以上にかっこよかったですね。PVだけで満足してましたが、ちゃんとアルバムを聴かねば。

人気も盛り上がりもやはりPoisonblackのほうが上手でした。本国と外国では受け入れられ方が違うのが明らかになったという意味では貿易的な目的があるこの催しには価値があるのかも?
とか言ったりして。

ついに

こんにちわ。私も昨日行きました。モッシュピットちょっと後ろでしたが、周りに余裕がありました。


SENTENSEDが死ぬほど好きなので、今になってのヴィレ来日には納得行きませんが恐ろしくかっこよかった!

タロットはフィンランドで見ましたがあちらでも観客はあんな乗りでしたよ

いやーTURISAS最高!!熱かったですねー異常でした。

やはりTAROTは少し地味でPOISONBLACKは単純にカッコよかった印象でした。

ネッタたん可愛かったー

>コメントくださった皆様

>ノームさん
POISONBLACKの最新作、今年は買いたいCDが多すぎてパスしちゃってるんですよね。
ライヴがとても良かったので、買いたいCDがあまり出ない月にでも買ってみようかと思います。


>Aiさん
TAROT目当て! 渋いですねー(笑)。
たしかにフィンランドのチャートを見るとPOISONBLACKよりTAROTの新作の方が上でしたが、どちらもTOP10圏内なので実際には大きな差はないのではという気がします。

そもそもTAROTは日本盤すら出ていない状況ですが…。


>ラウリさん
まさかFINLAND FESTでモッシュが起こるとは予想外でした。
しかもBTDはともかくPOISONBLACKでモッシュとは…。
たしかにカッコよかったですが。

TAROTは現地だとTAROTの音楽自体にはさほど興味のないNIGHTWISHファンが多そうなので、盛り上がりは微妙になりそうですね。


>darklordさん
TURISASは盛り上がりましたねー。
ひょっとするとこういう濃いめのイベントで小さめのハコだったからこそここまで熱く盛り上がったのかもしれませんが。

ネッタ嬢は激萌えでしたね。遠くから見ると昔のメグ・ライアンみたいに見えました(笑)。

よい祭りでした

いい位置でご覧になってたんですね。

Poisonblack、評判いいですね。これで日本でもっと盛り上がるでしょうか。

私はTurisas狙いでいってマルコさんに萌えてきました。
Turisasはほんと、お祭り向きですね。
Loud Parkにも来てにぎわしてほしいなぁ。

…fc2とseesaaって相性が悪いみたいで、トラックバックさせていただこうと思ったのにできませんでした(^^;

>ねこまたぎさん

会場の一番後ろを「いい位置」というかどうかは微妙ですが、ステージ全体が良く見えるという意味ではそうかもしれませんね(笑)。

例えそのバンドに大して興味がなくても行ける限り前に突進していった学生時代の熱き血潮はどこへ行ってしまったのか(笑)。

TURISASは楽しかったですねー。
彼らを観るためだけに足を運んだ人も結構多いんじゃないでしょうか。