PATHFINDER / BEYOND THE SPACE, BEYOND THE TIME

pathfinder01.jpg

ポーランド出身の6人組シンフォニック・パワー・メタル・バンドのデビュー・アルバム。
ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館で凄い勢いでプッシュされていたので、つい乗せられて買ってしまいました(笑)。

パッと聴きの印象はRHAPSODY OF FIRE+DRAGONFORCEといった感じで、この形容だけ聞くと興味を持つ方も多いかもしれない。

何しろRHAPSODY OF FIREはシンフォニックで大仰なメタルという意味では極北の存在であり、一方DRAGONFORCEはメロディック・スピード・メタルの極北と言っていい存在。その融合はカレーと牛丼を一皿に盛るという荒業に近い。

しかし、所詮カレギュウ(別名あいがけカレー)が単品の牛丼やカレーに及ばないのと同様、彼らのサウンドもRHAPSODY OF FIREやDRAGONFORCEを超えてはいない。

ぶっちゃけシンフォニック・メタルの重厚なドラマ性にDRAGONFORCE的なピロピロ・ギターはちょっと軽薄で、ベスト・マッチとは言い難いのだ。

ハンズィ・キアシュ(BLIND GUARDIAN)とダニエル・ハイメン(元LOST HORIZON)を足して3で割ったような一見パワフル系のVoから時折ヘナチョコな弱さが垣間見えてしまうのと、ドラムがちょっと力不足(プロダクションのイマイチさもその印象を強めてしまっている)なのもB級っぽさを醸し出している観は否めない。

前述したRHAPSODY OF FIREやDRAGONFORCEだけではなく、KAMELOTやらNIGHTWISHやら、どこかで聴いたようなアレンジが頻出するし、女性ソプラノ歌手からブラック・メタル風のデス声まで取り入れ、アルバムトータル80分近い大作にしてしまった辺り「好きなものをとりあえず全部ブッ込んでみました!」的若気の至りを感じるし、個々の楽曲もちょっと未整理で、もう少しコンパクトにした方が作品が引き締まったような気がする。

とはいえ、Keyによる大仰かつシンフォニックなアレンジに彩られたドラマティックなパワー・メタル・サウンドにピロピロと弾きまくりのギターがフィーチュアされ、時に強力な疾走を聴かせる様は多くの好き者を悶絶させること必至で、ディスクユニオンでプッシュしたくなる気持ちもわからないではない。

中心人物であるベースのアルカディウス・E・ルースは元々映画やテレビ、ゲーム音楽などを手掛ける作曲家として活動していたというだけあって、楽曲のクオリティはおしなべて高く、タイトル曲のような10分を超える大作でも飽きさせずに聴かせる力量がある。

東欧というとVADERやBEHEMOTHといったエクストリーム系バンドの知名度が高いが、近年はSYMPHONITYCRYSTAL VIPEREMIR HOTなどメロディック・メタルのファンにも評価されるバンド /アーティストが続々と登場し、マニアの注目を集めている。そしてこのバンドも間違いなく注目株の一つだろう。10年代は東欧が来るかもね。

ちなみに本作にはロベルト・ティランティ(Vo:LABYRINTH)、マティアス・クピアイネン(G:STRATOVARIUS)、ボブ・カティオニス(Key:FIREWIND)などがゲスト参加している。

ディスクユニオンのオリジナル特典CD-Rに収められたマイク・オールドフィールドのヒット曲「Moonlight Shadow」のカヴァーは、そんなに褒められた出来ではないけど、とりあえず彼らが同じ曲をカヴァーしたことがあるSKYLARKより高いポテンシャルを持っていることは充分伝わる仕上がり(笑)。【81点】

◆PATHFINDERのMySpace
http://www.myspace.com/pathfinderband


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

PATHFINDER に関しては一回通しで聴いて、それ以降聴いていないので今日再度聴き返そうと思っています。
個人的にはドラゴン・フォースのイメージがあまり無かったので、
ちょっと真剣?に聴いてみようかなと(笑)、、、
本文にあったSYMPHONITYやCRYSTAL VIPER、EMIR HOT、それにVADERやBEHEMOTHはかなり好きですね。
話は変わりますが、最近行きつけのCD-SHOPの洋楽ROCKの新譜棚が縮小!!勘弁してくれー。その代わりブルーレイの売り場が拡大、時代ですな。そのため一部流通の少ないCDはamazonでということになってしまった。
札幌にも規模の大きいCDショップはたくさんありますが、会社帰りによるのもめんどくさいし、ディスクユニオン程の規模のショップが無いので、ある意味微妙なんです。
逆にいうと行きつけの店に置いていないCDは買わないで貯金という方法もあるのだが、却って買えないCDほど欲しくなるのが、メタラーの性。というわけでエクスキャリオンやブラック・マジェスティ、ブレインドリルは検討中です。

>フィンさん

まあ、DRAGONFORCEっぽいのは主にギター・パートだけですからね。そう思わない人がいてもおかしくないです。

最近CDを売るスペースは縮小の一途ですね。
東京でもHMVの旗艦店が閉店したりと寂しいかぎりです。

> 行きつけの店に置いていないCDは買わないで貯金

これはかなり斬新かつ効果的な貯金法ですね!
奥さんがいらっしゃるなら泣いて喜ぶんじゃないですか?(笑)

連続でコメントしてすいません

個人的にこのアルバムはかなり気に入ってるんですよね~
何回聞いても飽きないこのクオリティ!
まぁ印象に残る曲が少ないってのは確かなんですが(笑)

しかしテビューアルバムでこの出来は素晴らしいと思いました

今後に期待ですね

Moonlight Shadowのカヴァーも聞いてみたい・・・
まぁSKYLARKのあのカヴァーと比べたら誰でも上になるかと(笑)

>へこたれ受験生さん

B級(失礼)好きにとってはなかなか魅力的なサウンドですよね。
一流のプロデューサーに磨かれれば化けそうなポテンシャルを感じます。

「Moonlight Shadow」のカヴァーは記事の最後にリンクしてあるMySpaceで試聴できますよ。

No title

【81点】ですか?
低すぎませか?
最低1000回聴くべきでしょ
2017年現地点で最強アルバムのはずですが・・

>名無しのメタラーさん

好きなので結果的に1000回聴くことはあっても、無理に好きになるために1000回聴くことはないですね…。
悪いアルバムだとは思ってないですが、個人的に最強とまでは思えませんでした。耳が悪くてすみません。