DREAM THEATERからマイク・ポートノイが脱退

これはかなりビッグニュースですね。
これだけあっと言う間に広がったメタル関連のメンバー・チェンジに関するニュースも最近そんなにないのではないでしょうか。
Twitter時代ならではの広がりの速さ、という感じでした。

マイク・ポートノイがDREAM THEATERを脱退…。
気分としては「BON JOVIからジョン・ボン・ジョヴィが脱退」ってのは言い過ぎにしても、「IRON MAIDENからスティーヴ・ハリスが脱退」てな感じに近いですね。

なにせマイク・ポートノイはバンド創立の中心メンバーで、バンドのコンセプト・メーカーであり、かつスポークスマンでしたからね。

当初詳しい情報もなく脱退という事実だけ聞いたときには、てっきりゲストで参加したAVENGED SEVENFOLDのアルバムが全米No.1とか獲っちゃって、「俺、A7Xに正式加入すれば若い女の子にキャーキャー言われて毎晩凄いことになるんじゃね?」みたいなスケベ心で脱退したのか、と妄想してしまいました(笑)。

そういう妄想をした人が私以外にもいたのか、「AVENGED SEVENFOLDは無関係だから責めないで!」という声明をfacebook上で出していますが。

まあ一応声明を聞いてみると、25年間DREAM THEATERに全力投球してきて、ちょっと他のプロジェクトをやることの方が心地よくなった、という話は理解できなくはないです。人間いつまでも全力疾走はできないですし、「充実しているけどハードで責任の重い仕事」より、「責任が軽くて気楽な仕事」が魅力的に思えることは誰しもあるでしょう。

しかしマイクの「しばらく休ませてくれ」というオファーに対して「じゃあバイバイ」っていうメンバーの反応は、正直バンド内での人望はなかったんじゃないかって気がしなくもないですね。まあ、傍目から見てもマイクは「独裁者」でしたし、他のメンバーが彼の押し付けるビジョンに対してうんざりしていたとしても不思議はありませんが…。

マイクは確かに類い稀なテクニシャンですが、おそらくアメリカにはマイクと同等のテクニックを持つドラマーなんて本気で探せばゴロゴロいるんだろうと思います。スタジオ・ミュージシャン系、ジャズ/フュージョン畑、あるいはプログレ界隈には特に。

メタルのフィールドだと誰かなー。ヴァージル・ドナティとか、マイク・マンジーニあたり? 

HR/HMアルバムへの参加経験があるという意味ではヴィニー・カリウタとかテリー・ボジオみたいなザッパ門下生なんかもなくはない…けど、まあバンドのパーマネントなメンバーになるような人たちじゃないな。

いずれにせよマイクの今後と、来年早々にも新作のレコーディングを開始するというDREAM THEATERのこれからに注目ですね。

実は個人的にはDREAM THEATERの今後には一種の期待感があったりしますね。
アンドレ・マトスの抜けたANGRA、ティモ・トルキの抜けたSTRATOVARIUSなど、不可欠の中心人物と思われたメンバーが抜けたバンドでも、他のメンバーのミュージシャンシップが高いバンドはちゃんと「再生」してますし(後者はまだちょっと「再生」と断じるには時期尚早かもですが…)。

トレンドに敏感でヘヴィ志向をバンドに持ち込んだ張本人と思われるマイク・ポートノイが抜けることで意外と私好みのメロディアスな方向性に向かったりする可能性もあるような気がしますしね(て言うかこれは願望か:笑)。

しかし、今思うと先日のサマソニがマイク在籍時のラスト・ライヴだったのかな? そう考えるとなんか観といてよかったって感じ。
意外と引きが強いな自分。いいライヴだったし。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=145749

※上記の日本語版
http://www.barks.jp/news/?id=1000064065

しかし全てがマイク・ポートノイの仕組んだお芝居で、こうして話題性を作っておいて数年息抜きしつつ、頃合を見計らって劇的復帰!→話題沸騰の復活作で遂に全米No.1!みたいな筋書を思い描いていても、私は驚かない。マイクは策士だ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりでございます。

私もこのニュースは非常にショッキングでした。
個人的にマイク・ポートノイのスネアの音がとても好きでして、それがDTを好むひとつとなっておりました。

勝手に代わりに挙げるなら私もマイク・マンジーニかなと…


そして私ももう少しメロディアスになっていただけたらなと密かに思っています!

adoreさん以外に"そういう妄想"をした一人です。
タイミング的にもA7Xへの参加が関係していると思っても無理はないですよね。

いずれにせよ、Dream Theater、マイク自身ともに今後が気になります。

いやーショック!
技術的な代役なら確かに結構居ますがねぇ・・うぅマイキー・・・

しかし私も何年かしたらひょっこり戻るのではないかと期待しております。

あの鬱陶しいラップがないのも少し寂しい

 率直に言って「ありえない」と感じましたよ。LaBrie が抜けるのならともかく(というのは失礼か)。
 彼のプレイはもちろん、要塞のような大量のセットも、メンバーのみてくれが地味目なDREAM THEATERではかなり映えていたのでちょっとショックです。
 もう何年も前に「脱退を考えたこともあった」と語っていたこともあったので、やはりメンバー間の軋轢もなんだかんだであったんでしょうか。
 作詞はほぼ Petrucci が担当しているので、影響はないと言えばないかもですが(作曲のほうは殆ど共作みたいなので分からない)。

まとめてお返事

>0427さん
お久しぶりです。
気が合いますね。私もDTが今後もメタリックなサウンドを追求していくならマイク・マンジーニがベストだと思います。

その気になれば「いいメロディ」はいくらでも作れる人たちだと思うので、変にプログレな方向に進まないでくれればいいな、と思います。


>クラウザーさん
あのタイミングだと絶対誤解を招きますよね(笑)。
Twitter上には"A7X Fu○k!"の響きが満ちていたみたいですし(笑)。


>darklordさん
時期はともあれ、将来的な復帰の可能性は極めて高いと思います。
特に根拠はありませんが(笑)。


>ノームさん
鬱陶しいのか寂しいのか、どちらかハッキリしてください(笑)。
マイクは個々の楽曲の作曲に逐一関わるというよりは、音楽性やアルバムの方向付けをするタイプと推測されるので、それがなくなることでどうなるか、興味深いですね。