GOTTHARDのスティーヴ・リーが事故死

スイスを代表するハード・ロック・バンド、GOTTHARDのヴォーカリスト、スティーヴ・リーが交通事故で死亡したそうです。

ガールフレンドや、GOTTHARDのベーシストであるマーク・リンを含む友人たちとアメリカをバイクで旅していた折、雨が降ってきたので路肩で雨具を着ていたら雨でスリップしたトラックが突っ込んできたそうです。

ハーレーでアメリカを旅することが長年の夢だったそうですが、その夢がまさかこんな結果を生むとは誰が想像したでしょうか…。

他の友人たちに大きな怪我はなく、スティーヴだけが天に召されたそうです。享年47歳でした。
スティーヴだけが不運だった、というのではなく、スティーヴが友人たちを護ったのだと考えたいですね。

昨年のLOUD PARKでの素晴らしいパフォーマンスが今でも鮮明に思い出されるだけに、ちょっと信じられない気持ちでいっぱいです。

ていうか、先日のロニー・ジェイムズ・ディオといい、A7Xのレヴといい、SLIPKNOTのポール・グレイといい、この1年ほどの間にLOUD PARKで観たことのある人たちが次々と他界しているんですが…。もしかして呪われたフェス?

スイスでは最新作を含め、ここ11作連続(!)でチャートの1位に輝いているという文字通り国民的バンドだっただけに地元のショックは大きいでしょうねえ…。

古くはクリス・オリヴァ(SAVATAGE)やカール・アルバート(VICIOUS RUMORS)などの例もありますが、交通事故による死はやはり一番理不尽なものを感じてしまいますね。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=147231
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

悲しくて

涙が止まりません。
ラウパーで初めて見たのですがあの年のベストパフォーマンスでした。

なんだかロニーの時よりショックです。
ラウパーは一年休んでお祓いすべきですね。



こんにちは。ご無沙汰しております。
今回の件はあまりに突然すぎて放心状態になってしまいました。事故で亡くなってしまったこともさることながら、スイスの国民的バンドのシンガーとして走り続けてきたSteveがようやく休みを取って長年の夢だったバイク旅行中にこんなことになってしまったその経緯が悲し過ぎます。今日はHeavenを聴きながら彼の冥福を祈りたいと思います。

すっげーショックです。ロニーと違い若いってのもありますし、いまだ全盛期ですもん。GOTTHARDって作品の平均点で行けばBON JOVI以上ですし、もしアメリカのバンドやったらもっと売れてましたよね。

お久しぶりに失礼させて頂きます。

メロディアスHRというジャンルそのものが氷河期に突入した90年代に
日本でそのジャンルを支えてくれたのは、FAIR WARNING、HAREM SCAREM、
TEN、TERRA NOVAにGOTTHARDの5バンドだったと思います。

その中でも最もコンスタントに地に足のついた活動をして、実績を残してきた
GOTTHARDのフロントマンの彼が突然このような形で去ってしまうなんて・・・

突然過ぎる悲報に正直やりきれない思いですが、
彼のOne Life One Soulに、只只感謝と敬意を表したいと思います。

>ラウリさん

ロニーより20歳も若いですからね…。

LPのあのライヴ・パフォーマンスはたしかにベストといっていい素晴らしさでした。彼らの音楽が必ずしもど真ん中ストライクではない私でさえそう感じました。

1年休むかどうかはともかく、マジでお祓いはした方がいいかもしれませんね。

>よしよさん

お久しぶりです。
よしよさんのブログに書き込みをしようとすると必ずNGが出てしまうためご無沙汰しております(苦笑)。

普段暮らす地元での事故ならともかく、たまたまアメリカに来ていての事故、それも長年の夢だったバイク旅行で、というのがやるせないですよね…。

私は「Let It Rain」を聴きながらご冥福を祈ることにします。

>naokiさん

マジレスすると、GOTTHARDがデビューした時期というのはアメリカではHR/HMの人気が下り坂だった時期なので、アメリカで活動していたら苦戦していたと思います。

ただ、BON JOVIと同じ時期にアメリカでデビューしていたら、あるいは現在BON JOVIクラスの存在になっていたかもしれないとは思います。

本当に惜しい人を亡くしました。

>ロンサムさん

お久しぶりです。

たしかに挙げていただいた5バンドが90年代、メロディアスなハード・ロックを愛した人たちの「最後の砦」でしたね。

この中で唯一「ビッグ・イン・ジャパン」ではなく母国でも成功していたのがGOTTHARDだったのですが…。

この記事を見て本当に数秒固まりました。
私はバラードベストしか持っていませんが、スティーヴの歌はかなり好きでした。
めちゃくちゃ上手いヴォーカリストが、しかもその実力を残したままこんな亡くなり方をしたのが残念でなりません。

 引退状態であったとか、老齢であったとかではなくて、現役の方が唐突に亡くなるというのは、それほど聴いていない僕でもかなり衝撃です……。本当に力強く、ソウルフルなシンガーでした。

>minさん

まさに脂が乗り切った、今後もソロ的なものも含めて大きな可能性のあった人だけに、本当に惜しいとしか言えませんね…。

死んだ人間の才能は美化されがちなものですが、ここ1、2年のうちに亡くなったHR/HM界隈の人間は本当に才能のある人たちばかりで、死というものの理不尽さを感じずにはいられません。

>ノームさん

>  引退状態であったとか、老齢であったとかではなくて、現役の方が唐突に亡くなる

最近のHR/HM界隈の死はそんなケースばかりで本当にやるせない気分になりますね…。

遅くなりましたが

本当に驚きました、残念でなりません。去年のラウドパークでのパフォーマンスもとても素晴らしく心に残っています。
パワフルでソウルフルな素晴らしいシンガーでした。

>darklordさん

彼のライヴ・パフォーマンスを観たことがある人であれば惜しい人を亡くしたと10人が10人思うでしょうね。
稀有な才能を持ったシンガーであり、フロントマンでした。