LOUD PARK 10 初日@さいたまスーパーアリーナ 2010/10/16

記念すべき5周年なのになぜかあまりそのことをアピールしていないLOUD PARKが今年もやって参りました。

遠足を待つ子供のようにワクワクしながら待ちたかったのですが、仕事に追われていつの間にか来てしまうというのが毎年恒例になっていて、大人ってイヤですね。

しかも本当は今日は結構重要な打ち合わせがあるにもかかわらず「ライフワークなのですみません」と謎の言い訳で上司に代わってもらったこともあり、罪悪感を胸にさいたまスーパーアリーナへ。

入場時に受け取るタイムテーブルがかつてないほどペラペラで安っぽい。スポンサーもなんか減ってる気がするし、こりゃ結構運営収支的には厳しいのか…? なんてことを感じさせられました。

◆HOLY GRAIL

すみません、寝坊&電車遅れのコンボで間に合いませんでした。


◆ENGEL

このバンドの2曲目から間に合いました。アルバムで聴くほど個性というか「世界観」を感じないが、悪くない。Voが必ずしもサークル向きではない曲でサークル・ピットを促し、ちゃんと2つのサークルが生まれていた。


◆CHTHONIC

今日一番の目当てでした。ここまで前方に突っ込んだのはいつ以来か。運良くドリス嬢をガン見できるポジションを確保できて満足。決して凄くスタイルがいいとか、超美人というわけではないのだが、フェロモンがあってやはり萌える。

パフォーマンスはまあ普通。アジアのバンドとしてはレベル高い方かな。ただ音の分離が悪くてシンフォ・アレンジが生きておらず、ドリス嬢の歌があまり聞こえなかったのも残念。JUDAS PRIESTの「Painkiller」のカヴァーは元曲の認知度が高いだけあって盛り上がりました。


◆AMON AMARTH

マニアの間での期待が高かったバンドで、実際その期待に応える熱演だったと言っていいと思う。パッと見、いかにもヴァイキングな荒くれ者という感じだが、その実とても純朴ないい奴ら、という感じで好感が持てる。

個人的にはちょっと楽曲にメリハリが足りないというか押しが強すぎて、前のCHTHONICで萌え尽き…もとい燃え尽きていたこともあり、後半ちょっと疲労を感じてウトウトしてしまいました。


◆EDGUY

躍動感と安定感を兼ね備えた演奏・パフォーマンスは良かったし、トビアス・サメット(Vo)の客煽りは本日で1、2を争うほど積極的だったと思うが、選曲がアカンよ。本日のメロスピ代表なのに疾走曲ゼロって…。この選曲では知らない人はただのキャッチーな(しかしちょっとセンスが田舎臭い)メタル・バンドにしか思えなかったのでは。

セットリストによると「Babylon」は予定されていたみたいなのになんでやらなかったんでしょう。ま、「Mysteria」が聴けただけでよしとするか。Voにちょっとフェイクが目立ったけど。


◆DIR EN GRAY

昼食タイム。バイト時代お世話になった人が来ていたので、合流して通路で食事。ほぼ毎年食べてる気がするケバブデラックス。食べ方を間違うと崩壊するので、食べている最中無言になってしまう。

通路のモニターで、当時椎名林檎にハマっていた私が、彼女の「ミュージック・ステーション」初出演ということで楽しみにしていた回で、こちらも初登場だったDir En Grayがお茶の間を凍りつかせた「残」をやっているのが確認できました。

食事を終えて場内に戻るとちょうど最後の曲だったのですが、06で観たときよりサウンド自体の迫力は増していた気がします。


◆HELLYEAH

肉食獣の音ですね。いろんな意味でアメリカっぽい音です。ヴィニー・ポールのドラムは流石でした。ただ、個人的にはメロディ的なフックが弱くて、食後でアルコールが入っていたこともあり、途中寝てしまいました…。


◆RATT

再結成アルバムが良かったので結構期待していたのですが、正直イマイチでした。サウンドが悪くて、元々起伏に富んでいるとは言いがたいRATTの曲がいっそうノッペリと平坦に聞こえてしまい、演奏も「リハ不足?」って感じに一体感がない。ドラムが下手だからというのを差し引いても…。

スティーヴン・パーシー(Vo)は昨年のドン・ドッケンよりは声が出ているが、何かやる気を感じない。「やらされ仕事」って感じで、オーディエンスを楽しませて掌握してやろう、という覇気を感じない。自然ショウ全体がグダグダでこれまた眠くなってしまいました。


◆ACCEPT

ここしばらく寝不足だったことを差し引いても年に一度のメタル祭りでこれだけ眠いなんて、自分はもうメタラー失格なのか? と自問し始めた私のメタル・ハートに喝を入れてくれたのがACCEPTでした。

1曲目の「Starlight」から激アツ。正直ウドのヒステリックな金切り声全開のこの曲では、新加入のマーク・トーニロが決してそれほどウドっぽいわけではないことがいきなり露呈してしまったが、やはり中間部のツイン・リードは燃える。

3曲目「Breaker」で完全にやられましたね。この超強力なパワー・メタル・チューンが30年前の曲だなんてとても信じられません。眠気が吹っ飛ぶどころか、アドレナリンが迸るのが自覚できました。

弦楽器隊のメンバーの背が高く、噂に聞いていた楽曲のキメにおける動きの統制の取れ方が観ていてすごく気持ちいい。やはりルーズで自然体なパフォーマンスよりこういうキッチリした動きのほうが私の感性にはフィットする。

「Metal Heart」もやっぱり名曲ですねえ。「めったるはー!」と叫ばずにいられませんよ。中間部の「エリーゼのために」では、周囲にいたあまり興味なさそうだった人たちもちょっとハッとしていたのが感じられました。

「Fast As A Shark」はもう狂乱の渦ですね。スタンド席さえかなり立っている人が目立ちました。ラストの「Balls To The Wall」では例の「オーオ、オーオオ、オーオオオー」のパートで見事なコーラスが場内に轟き渡り、楽曲が終わっても続く勢いでした(MCがカットインしてきて強制終了となりましたが)。

いやー、熱いライヴでした。期待はしていたけど、それ以上でした。会場内の熱気が曲を追うごとに上がっていったのが肌で感じられました。かつてトリ以外でここまでファンの熱気を感じたのはSAXONとMACHINE HEADくらい? 間違いなく今日イチです。最高。


◆STONE SOUR

ACCEPTの演奏中、反対側のステージ前にSTONE SOUR待ちのファンたちがスタンバっていたわけですが、ACCEPT側にいる人たちと年齢層・男女比が相当違っていて笑いました。

てか、若くて可愛い女の子たちはことごとくSTONE SOUR派で嫉妬さえ覚えていたのですが(笑)、このACCEPTの熱演の後じゃキツかろー、と「お手並み拝見」的なちょっと意地悪な視線で観ていました。

ところが思いの外いい。とてもエネルギッシュなパフォーマンスで、おさおさACCEPTのパワーに引けを取っていない。特にドラムがいいね。

しかもアメリカの若い軍人みたいなコリー・テイラー(Vo)がすげえサワヤカで、しかも腰が低く、日本語も積極的に口にしており、異常に好感度が高い(SLIPKNOTのときでさえそうでしたが)。こりゃモテるわ。

ただ、聴き進むと、楽曲に「このバンドならではの特別な何か」が感じられなくて(アルバムを聴いたときもそう感じましたが)、ちょっと退屈してきたのもまた事実。

小腹も空いてきたので、途中で外に出て夕食タイムにしてしまいました。


◆HALFORD

メタル・ゴッドとはいえ、近年は衰えを隠せないし、新譜もちょっと地味だったし、しかもACCEPTが抜群に良かっただけにちょっと観ていて痛々しいことになるかも…と心配していたが、なんのなんの。

オープニングの「Resurrection」で「そんな無理しなくても…」とハラハラしたが、伸びはともかく、高音自体はかなり出ている。続く「Made In Hell」も然り。

途中FIGHTの「Nailed To The Gun」もいいアクセントになっていたし、JUDAS PRIESTの「Jawbreaker」をやってくれたのは好きな曲なので単純に嬉しい。その「Jawbreaker」から「Cyber World」の流れがハイライトかな。

ロブ先生は相変わらず新しめの曲ではモニターに映し出される歌詞を追うためうつむきっぱなしなのがアレだが、個人的には昨年のJUDAS PRIESTのときよりだいぶ楽しめました。


◆KORN

これまでフロアはかなりギッチリ入っていたが、HALFORD終了と同時に案の定かなりの人数が場外へ流出。
MARILYN MANSONのときほどではないと思うが、一気にBIG ROCK STAGE側はスカスカに。

私も出ようかと思いましたが、いくつか好きな曲もあるし、アメリカで売れているバンドというのはたいがいライヴが良いことが多いので、ちょっとだけ期待して残りましたが、やっぱり個人的には退屈でした。

ジョナサンの独特なマイクスタンド使いやアクションは印象的でしたし、リズム隊のプレイも強力でしたが、楽曲がどうにも肌に合わず…。

明日もあるので、30分くらい観て出てしまいました。
一番聴きたい曲だった「Got The Life」をアンコールの最後にやったみたいで、それだけが残念です。


明日に続く…はず。


◆公式サイトのライヴ・レポート
http://www.loudpark.com/10/gallery/index.html

本日のセットリスト(Power Rock Todayの携帯サイト)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無念...

2日通し券入手していたのに諸事情で参戦出来ず...。
(余ってしまった券はYオクで適価で取引済み)
でもやっぱ行きたかったですぅ...。
RATTイマイチでしたか(笑)。ACCEPTは観たかったですねぇ。
かっこよかったんですね。HALFORDも頑張ったんですね。
客入りはそこそこ良かったのでしょうか?来年開催も大丈夫そうでした(笑)?
オジーの単独公演といい、後悔連続の日々です(苦笑)。
2日目レポも期待します!KUNIさん頑張れ!(笑)

いやいや生ドリス嬢見れて嬉しい限りです。あの胸元とベースで見え隠れする太股に萌え萌えでした。やはり「見えそうで見えない」が最高かと!!(笑)

念願の「AMON AMARTH」も最高でした。ガチムチな外見とは裏腹にとてもいい奴らでしたね、是非また観たいです。
EDGUYはとゆうかトビアスは本当盛り上げ上手ですね、観ていてとても楽しかったです。
ACCEPTはもう・・・胸が熱くなりました。まさに「ヘヴィメタル」!!!

選曲見てる限りでもACCEPTは凄いですね^^
30年前の曲でもやっぱり本物の曲ってのがあるんだからHMはいい音楽だと思います^^

行ってないのですが、HALFORDの選曲良いですね!!やっぱりRESSURECTION~MADE IN HELLやってくれたとは!!

まとめてお返事

>マジンガーZZさん
やむを得ない事情なのでしょうが、行けなくて残念でしたね…。2日とも楽しめましたよ。

KUNIさんは正直今ふたつでしたが…。


>darklordさん
ドリス嬢の太モモはそそりましたね(笑)。
ACCEPTは本当に熱かった!おっしゃる通りまさに「これぞヘヴィ・メタル」でした。


>yu-kiさん

いい音楽は歳月を経ても素晴らしい、というのはHR/HMに限らないというか、むしろHR/HMのように「激しさ」が求められる音楽は機材の発達などにも左右される分、他の音楽より古びやすいはずなのに古びていないというのが素晴らしいです。


>naokiさん
HALFORD、予想外に(と言ってはアレですが)良かったです。
ロブの調子が良かったのもさることながら、JPよりメンバーが若いのも良かったのかもしれません。

体が痛いです

2日目は行かないので、Ozzyの単独をとったのですが、
急遽諸事情で行けなくなり、観れずじまい。悔しいです。
単独とともに、良かったんですね。

1日目は、もろ自分の好みだったので、完全燃焼でした。
RATTは、あれでいつも通りなんじゃないかなあ。
パーシーもいつも通りだと思いました。
おっと...ってな場面が何回かありましたが、そこは愛嬌で(笑)。

ACCEPTを知らなかったんですが、気に入ってしまいました。やはり自分はあちらにいるべき人間なのに、ULTIMATEにいました(笑)。
STONE SOURやKORN待ちの若者達は寝ていました。
確かに右と左のファン層の違いがおもしろかったですね。

HALFORDも良かったですね。去年はまじかで観たのに
今年はスクリーンでメタルゴッドを見てましたが
体が動いちゃいますねー。

とりあえずACCEPTのCDを聴いてみようと思ってます。

>KYさん

お疲れ様でした。
今さら言われても後悔の念が深まるだけかもしれませんが、オジーはすごく良かったですよ(笑)。

ACCEPTはメッチャ良かったですよねぇ。正直期待を遥かに超えていました。

あの熱いライヴを聴いて全く無反応なSTONE SOUR待ちの方々とは同じメタルフェスに身を置いていても感性は全く違うんだろうな~なんて思ってしまいました。