GAMMA RAY / ALRIGHT!-20 YEARS OF UNIVERSE

gammaray_best02.jpg

ジャーマン・メタルのゴッドファーザー、カイ・ハンセン率いるGAMMA RAYのデビュー20周年を飾る日本限定ベスト・アルバム。

タイトルの「アーライ!」は日頃2chなどをご覧になっている方であればご存知の通り、カイ・ハンセンの異名というかなんというか…(苦笑)。

日本限定だけにこういうタイトルにすることができたのでしょうが、ちゃんとカイ本人にタイトルの由来は伝えているんですかね?(笑)。

個人的にはこういうネットスラングみたいなものを公の場に持ち出すことはあまり好ましいとは思わないタチで、今月の27日にリリースされるSKYLARKのベスト・アルバムのタイトルが「全部」というのもちょっと興醒めだったりして、当初こういうネタCDは買わないでおこう、と思っていました。

ましてや私はGAMMA RAYのアルバムは全部持っているし、オマケで付いてくるPV集も、ひと昔前であればともかく、YouTubeがある現在においては大してありがたみもなく実際の所このアルバムを買う理由はほとんどない。

しかし結果としてこうして買ってしまったのは、つい店頭の試聴機で聴いてしまい、居ても立ってもいられなくなってしまったためです(苦笑)。

やっぱいいわぁ、初期のGAMMA RAY。
私にとってはまさにこの音こそがメタルの「基準」なんですよね。これくらいのヘヴィさ、速さが一番心地いい。

初期に偏った選曲は日本ならではで、欧州のレコード会社が編集したらこうはならなかったはず。
ここ10年のGAMMA RAYのアルバムしか聴いたことがない、という人にはぜひこのアルバムを聴いてもらいたい。

「Welcome」で幕を開け、「Lust For Life」、「Man On A Mission」、「Tribute To The Past」というメロディック・パワー・メタルの大名曲が3連打された時点でK.O.ですよ…。黙ってレジに持って行き、お布施をしました(笑)。

彼らには2000年に発売された「BLAST FROM THE PAST」(2000)という2枚組のベストもあり、それも悪くないのですが、それは所謂リメイク・ベストで、ラルフ・シーパース在籍時の楽曲も、現在のメンバーで録り直されている。

ラルフ・シーパース(現PRIMAL FEAR)のメタル界でもトップ・クラスの強力なハイトーンと、3rd~4thで叩いていたトーマス・ナック(現IRON SAVIOR)のドラミングに思い入れのある身としては、その点がちょっと不満だった。

そもそも私はベスト・アルバムを入門者向けの商品と考えており、入門者にいきなり2枚組というのはちょっと敷居が高いと思ってます。

そういう意味で(DVDが付いていることを無視すれば)1枚モノのベスト・アルバムである本作をこそGAMMA RAY初心者には推したいですね。

DRAGON FORCEやSONATA ARCTICAは好きだけどGAMMA RAYってあんまりちゃんと聴いたことないなぁ…という2000年以降にメタル、特にメロディック・パワー・メタルを聴き始めたような人たちにこそ本作を薦めたい。これこそが原点であり、(個人的には)最高峰の音である。

「Man On A Mission」が1曲目に来ていたほうがタイトルの由来はわかりやすくてネタとしては徹底していると思うけど、あえて「Welcome」を1曲目に持ってきているのは良識と品性を感じますね(笑)。

そう、後付けみたいだけど彼らのほぼ全音源をコンプリートしている私のような人間にとって本作を購入する意義としてはこの「Man On A Mission」の、「LAND OF THE FREE」収録バージョンが「Fairytale」とクロスフェードしていない音源を入手できる、というのがありますね。

いや、この「アーライ!」で始まる「Man On A Mission」はネタ曲などではなく、メロディック・パワー・メタル史上に燦然と輝く超名曲なので聴かずに生きていては損です。マジで。

ああ、やっぱりこの音に対して客観的にはなれないわ(笑)。
とりあえずこのサイト/ブログの文章に信頼・共感を寄せてくださる方にはとにかく聴いてもらいたいですね。
あんまりこういう薦め方は好きじゃないけど、そう言いたくなるくらい私にとって「特別な音」です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

以前発売されている物より音が良くなっているのがうれしいですね。

曲順もよく考えられていて、「HEAVEN CAN WAIT」で最後を締めるところなんて、製作者の方の愛情が感じられます。

バッチリGAMMA RAYのアルバムは全部聴きました^^
僕的に、ラルフの声はメタルとしては完璧なんですけど、カイ・ハンセンのラフな歌い方の方が個性を感じて好きなんですよね^^;

まぁ人それぞれでしょうけど、僕はBLAST FROM THE PASTの方が熱いです^^
特にLAST BEFORE THE STORMとか

エニィホエア・イン・ザ・ギャラクシーがあればより最高。

私も当初、このBestは購入予定ではありませんでした。
しかし音が良くなっていると評判を聴いて、いてもたってもいられなくなり買ったくちです(笑)。
購入時のエピソードは以前コメントしたとおり(流暢な発音でガンマレイのDVDも薦められた)
当時から知るものとして、「Lust For Life」、「Man On A Mission」、「Tribute To The Past」の3連打は、
KOされますね。
ドラムの音が鮮明になった分、「Tribute To The Past」の
冒頭の軽快な一節が流れたときは鳥肌が立ちました。
「やっぱええな~」と。

adoreさん、こんばんは。
「Fairytale」とクロスフェードしていない音源→これ、私も欲しいかもっ、と思いました!

GAMMA RAYのアルバムでは3rdと4thがメチャクチャ好きなので、
(ラルフの歌&トーマスのドラム、いいですよね。)
そこがオミットされていないというのは嬉しい話デス。

まとめてお返事

>私はカイになりたい さん
音は良くなってますね。全体的に歯切れがよく、力強くなった気がします。

曲順もいいですよね。


>yu-kiさん
カイの歌の方が魅力的に聴こえるようになったらもう引き返せない所まで来ていますね(笑)。

「BLAST FROM THA PAST」は私もいいと思いますよ。ただ、初めての方が手に取るにはちょっとボリュームありすぎるかな、というだけで。


>フィンさん
このベストには人を居ても立ってもいられなくする何かがありますね(笑)。
まあ、この手のアルバムに「あの曲があれば…」みたいな話はどうしてもつきまとうので、その辺は諦めるしかないでしょうね。
それでも結構マシな選曲だと思いますが。


>marochikuwaさん
「Man On A MIssion」はお気に入りの1曲として色々な機会でピックアップしたいだけに、クロスフェードなしの音源は何気に重宝します。

しかしラルフのVoはともかくトーマスのDrの魅力に共感してくださる方は珍しいので嬉しいですね。