『TV Bros』で再びメタル特集

tvbros101027.jpg

昨年に引き続き、LOUD PARK明けのこの時期、10月30日>11月12日号で再びHEAVY METAL特集が掲載されました。
どうやら昨年のメタル特集号は売上低迷号にはならなかったようで、ひと安心(笑)。

昨年は店頭での不意打ちだったので驚愕しましたが、今年は事前に情報が出ていたので、むしろ朝イチで通勤途中のコンビニに立ち寄り購入。

そして電車の中で広げて数分後に失望。

「内容がなさすぎる…」

表紙を飾るオジーのインタビューの内容が薄いのはしゃあない。2ページしかないし。

オジーが「後世に残るような名曲」の例として挙げているのがBON JOVIの「Livin' On A Prayer」にALICE COOPERの「Poison」と、どちらもデズモンド・チャイルドの曲だったのはちょっと興味深かったけど。

しかし、レミー(MOTORHEAD)のインタビューをドタキャンされたからってレミーの名言と平野レミの迷言の紹介記事に振り替えってのはあんまりじゃねーの? 大学の雑誌出版サークル並のセンスだぞそれ。

普通に12月公開の映画『極悪レミー』の紹介記事を増やせばよかったのに、くだらないことしやがって…。

LOUD PARKのレポートは昨年も内容薄かったので期待はしていなかったが、ライターである掟ポルシェが冒頭から「息子の子守りのために2日目の遅い時間しか間に合わなかったぜ!」てなことをぬけぬけと書いているあたりで不快感MAX。

LOUD PARKの魅力は遅い時間に出てくる単独公演もあるようなバンドではなく、こういうフェスでしか来日できないようなバンドを観られることにこそあるのに、実質オジーのレポートしかない記事にLOUD PARK 10のレポートを銘打つのは詐欺だ。

そしてROLLYやTHE 冠、つるの剛士などによるBURRN!の編集後記風「これぞメタルな10曲」の選出で今回の「HEAVY METAL特集」は終了。

薄すぎる。前回に企画の質も量も全く及んでいない。
『TV Bros』の公式サイトによると「来年もメタル特集があるか?」は、皆様のご反響次第となっております(切実)、とのことだが、こんな内容ならもう結構だ。

ちなみに7人の著名人(?)が選ぶ「これぞメタルな10曲」において、BLACK SABBATHやJUDAS PRIEST、IRON MAIDENやMETALLICAなどは色々な人に挙げられているが意外にも楽曲の被りはほとんどなく、唯一複数の人が同時に選出した曲はTHE 冠氏とミドリのHAJIME氏が選んだMANOWARの「Hail And Kill」の一曲のみ。この事実は結構アツいですね(笑)。

ROLLYがTNTの「Intuition」を選んでいたのは意外だったし、IMPELLITTERIの「The Future Is Black」やらRHAPSODYの「Emerald Sword」といったおよそこういう場ではなかなか挙がりにくい名前が挙がっていたり、イングヴェイで唯一挙げられている曲がバラードの「Save Our Love」1曲だけだったりというのも「個人のチョイス」ならではで興味深い…かな。

◆これぞメタルな1曲:MANOWAR「Hail And Kill」(YouTube)


劇的かつ攻撃的、たしかにメタルの魅力が凝縮された曲で、MANOWARの生み出した最強の名曲ですね。
中間部の「Hail! Hail! Hail and Kill!!」のコーラスが最高にアツい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

同感

時々お邪魔しています…
はじめまして!
メタルの勉強にきております~これからもよろしくお願いします!

私もブロス読んで 肩が落ちました(一般受けはするんですかね~)
オジーは日本のカレー好き!いろいろなとこに載ってますね
よほど好きなんですね!

>GONさん

はじめまして。
このサイト/ブログで勉強になるかどうかは微妙ですが(笑)、こちらこそよろしくお願いします。

メタルに対する愛があればあるほど肩を落としたくなる内容ですよね。笑える人は笑えるのかもしれませんが、一般の方にとっては何がなんだか? でしょう(苦笑)。

オジーのカレー愛は有名ですよね。今回の来日でも週刊文春など色々な所で語っていましたが…。

ひょっとすると日本について語ることはもはやカレーしかないのかもしれませんが…(苦笑)。

いつも楽しみに拝見させていただいております。僕はIRONMAIDENのsomewhere in time がMEIDENの中で一番理解できないアルバムなのですが、聴く人によってはMAIDENの最高傑作らしいですね。ちなみに僕の中では一番好きなMAIDENアルバムは、piese of Mindです。でもsomewhere in timeも好きになりたいのですが、どうやったら好きになれるでしょうか?(笑)

METALの一般化?

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
最近はMETALファンじゃなくても、オジーやメタリカは知っているみたいですよね。
あとクイーンも。でも必ずしもそのアーチストの音楽が好きな訳ではなくて、
フレディがゲイだったとかオジーの奇行の話で盛り上がってたり、
曲やアルバムを聴き込んだりしていないような…。
身近にMETALはどうも好きになれないと言いつつ、ガルネリウスのファンと言っている人がいるのですが、
???です。
一般的な雑誌に取り上げられていても、内容がちょっと???なのは残念ですよね。

>YOUさん

はじめまして。
当サイトのレビューをご覧になった上でおっしゃっているのかどうかわかりませんが、私もまたIRON MAIDENのアルバムでは「SOMEWHERE IN TIME」が一番好きというクチです。

もちろん「PIECE OF MIND」も大好きですが。

とはいえ限りある人生の中で理解できない音楽を無理して聴くなどというのは時間の無駄だと思うので、理解できないものは無理に理解しなくてもいいんじゃないでしょうか。

私もここ2作ほどのIRON MAIDENのアルバムの魅力を無理に理解したいとは思っていません(笑)。

>MEGUMIさん

はじめまして。
オジーやメタリカであれば名前くらい知っている方は多いですね。
個人的に最近のオジーやメタリカが最高のメタルを演っているとは思わないだけに、現在の彼らの音楽によってメタルという音楽を評価されるのはあまり好ましくないとも思っていますが(笑)。

あれだけコテコテのメタルを奏でているGANLERYUSのファンなのにメタルが好きになれないというのも確かに妙な話ですね。

ただ、私の周囲にも「メタルはメロディがないもの」という固定観念を持っていて、メロディアスなメタル・バンドの音楽に対して「これはメタルじゃない」と言い張る人間はいましたが…。

こんにちは!

いやー、もう勘弁して欲しいですね。ライター自身が若いバンドに興味がないなら、他のもっと音楽好きなライターさんに仕事譲ればいいんですよ。ベビーブームの大人がそんなんじゃ、音楽売れないのは当たり前ですよね。

おひさしぶりです。
個人的に、自分の好きなものをこの手のサブカル連中にいじくられることがそもそも嫌なのですが、それに加えてこの内容の薄さでは厳しいですね。
そういえば、さっき週刊プレイボーイを立ち読みしてたらBURRN!の編集長がお奨めの噺家を紹介してました。
落語好きからはどう見られているのだろう…

>【S】さん

まったくおっしゃる通りです。
前回はメタル系サイトを運営していた経験のあるライターさんを起用していたようですが、今回はほとんどメタルに詳しい人が関わった形跡がないのが腹立たしい限りですね。

>OBさん

お久しぶりです。
まあ、広告屋としては商業ベースに乗っているものは「いじられてナンボ」という思いもあるのですが、このいじられ方ではメタルになんのプラスもなさそうです(強いていうなら平野レミにだけプラスがあったかもしれません:苦笑)。

週刊プレイボーイでメタル雑誌の編集長が落語の話。
…誰得なんですかね(苦笑)。