メロディック・パワー・メタル・ファン注目のプロジェクト“SYMFONIA”

私のようなメロディック・パワー・メタル・ファンには見逃せない新プロジェクト(バンド?)が誕生しました。

その名もSYMFONIA(シンフォニア)。
スペルは変えているとはいえ、ベタベタなネーミングセンスですね(苦笑)。

メンバーは以下の通り。

 アンドレ・マトス(Vo:元VIPER, ANGRA, SHAMAN)
 ティモ・トルキ(G:元STRATOVARIUS, REVOLUTION RENAISSANCE)
 ヤリ・カイヌライネン(B:元STRATOVARIUS)
 ミッコ・ハルキン(Key:元KENZINER, SONATA ARCTICA, KOTIPELTO)
 ウリ・カッシュ(Dr:元GAMMA RAY, HELLOWEEN, MASTERPLAN)

このサイト/ブログを定期的にご覧になっているような方でしたらきっと全員見覚えのある名前ですよね。

このプロジェクトは来年2011年2月18日にフィンランドの首都ヘルシンキで行なわれる「ヘルシンキ・メタル・ミーティング」というイベントの一部である「Finnish Metal Expo」にてワールド・プレミアとなるデビュー・ライヴを行ない、来春にデビュー・アルバムをリリースするそうです。

どうも首謀者はティモ・トルキみたいなんですよね。
プロジェクトの公式サイトでも彼の名前が一番前に来ているし。
そもそも公式サイトのドメインがフィンランドだし。

先日REVOLUTION RENAISSANCEを解散させたのはこういうわけか…。
あのバンドはあのバンドで何気に豪華なメンバーが揃いつつあったのに。

どうやら日本ではAVALON/MARQUEEとの契約も既に済ませているようです。
まあ、特に日本ではこのメンツだったらとりあえず買ってみようかという人も多そうですね。

…誰ですか、メロスピ界の落ち目オールスターズなんて思っているのは?(笑)

◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=149046

◆SYMFONIA公式サイト
http://www.symfonia.fi/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

確かにメロスピ界の落ち目オールスターですね(笑)。
自分は結構期待しているのですが、こういうプロジェクト物って当たり外れが大きいですからね・・・。
まだ音源は試聴できないのかな?

どうでもいい事ですが、バンド名がSYMPHONITY(旧名NEMESIS チェコのメタルバンド)に似てませんか?






こういうスーパーグループって箱を開けば案外微妙なことが・・・ゲフンゲフン

買います

しかしトルキはドイツ人ドラマーが好きですね。

ヤリ・カイヌライネンが参加してるあたり、例のProject Stratoの流れがここに来たのでしょうか?(妄想が一部現実に…みたいな)

とりあえず当たってもハズレてもいい。
買います!

むしろ僕的には豪華メンツすぎるオールスターズなくらいですよ^^
ティモ・トルキが作る音楽は独特の哀愁メロディなんでツボなんですよね~
これをマトスが歌い上げてくれるなら期待しない方がおかしいですよ~
ウリも好きなDrですし、楽しみでしかたないですね^^

ウリ・カッシュの経歴にride the skyも入れてあげてください・・・・・(泣)。

RRの3rdは個人的にはかなりお気に入りなので解散は残念、と思ったらこういうことですか。久しぶりに大ティモ独特の泣きメロ全開のメロスピが聴けることを祈るばかりです。

来年の楽しみがまたひとつ増えた!

とりあえずマトスが歌うのなら、何でも良いです(笑)
疾走感、サビのキャッチーさ、メロディのクサさ、ネオクラ・ギターソロ、そしてアルバム全体のバランスの良さ、この辺りが日本人の心をつかむポイントかと(笑)
良いプロジェクトになるといいですね。

今年は(広義の意味での)パワーメタル豊作の年でしたが、来年もそうなることを祈っています。

びっくりしました

Revolution Renaissanceの1作目は結構好きだったので、これも期待してます。
うまくいきますように。

しかし、日本のレコード会社のほうが気合いは行っているような気もしないでもないですけど…。

まとめてお返事

こんなにコメントが。反響大きいですねえ。まさにティモ・トルキの思う壺?

>私はカイになりたい さん
まだ音源は出ていませんね。
音源が出ないまま空中分解とかありそうで怖いのですが(笑)。

バンド名自体に「シンフォ」とつけるとどうしても字面と響きは似ますよね。音楽性はイメージしやすいですが。


>まっつんさん
まあ、少なくとも5人の有名人が揃えば5倍良くなる、ってことはないでしょうからね。
期待値が上がる分、それに応えきれないとより大きな失望につながりますね。


>クラウザーさん
クラウザーさんのような人がかなりの数いそうなので日本でのレコード契約が率先して契約しているんでしょうね(笑))。

PROJECT STRATOのときにはヤリは「もう何ヶ月もトルキとは話をしてないぞ」と言っていたらしいのに今回参加しているのは意外ですね。


>yu-kiさん
ティモの哀愁センスは私も好きなので、そのセンスがストレートに表れた作品になることを期待したいですね。


>rassieさん
RIDE THE SKYは実績とスペースの都合で割愛させていただきました。もうひと枠スペースがあってもHOLY MOSESかMEKONG DELTAを入れたような気がします(笑)。

私もなんだかんだ言ってティモの哀愁センスに期待しているのですが、果たしてそれがアンドレの個性と馴染むのかどうかがポイントかな、と思っています。


>学生メタラーさん
学生メタラーさんはアンドレ派なんですね。
成功のポイントの中でも「ちゃんと疾走しているか」は特に日本では大きなポイントになるでしょうね。変にプログレに走るとヤバいかもしれません。

たしかに今年は豊作でした。来年もこうなるといいのですが。


>ねこまたぎさん
確かに日本のレコード会社が一番力が入っているように見えますね。
CAIN'S OFFERINGのように日本企画なのかとさえ思えてしまいます。

びっくり!

まったく予想していなかった形でティモ・トルキが復活(?)したので驚きました。
なんだかRRのメンバーは使い捨てにされたみたいで気の毒ですが・・・・・・。
本当に素晴らしいメンバーが揃っているので、曲作りにしても何にしても、ティモ・トルキ1人が牛耳るという形態だけは勘弁してほしいです。

大ティモが作る楽曲を、アンドレ・マトスが唄う!しかもウリがドラム!これは楽しみですね(^^♪
個人的にはヤリのベースは好きです!

とりあえず早いところ、音源が聴きたいですね!

>ジンさん

たしかにRRのメンバーは気の毒ですよね。
アンドレ・マトスやウリ・カッシュがおとなしくティモ・トルキに牛耳られるとも思えないので、その点は大丈夫じゃないですか。

衝突して空中分解する恐れはありますが(笑)。

>珍獣メガネコアラさん

個々のプレイヤーのアビリティが十全に発揮されれば相当いいものになりそうですよね。

音源が発表されない所に一抹の不安を感じたりもするのですが(笑)。

これは期待のプロジェクトですよね。
ただし多くの方が感じているように、即解散(企画倒れ?)に終わりそうで怖い…。
まあ1枚はアルバム出してくれると思いますが。
せっかくこれだけ実力のあるメンバーたちなので、うまく化学反応をおこして良い作品を作って欲しいですね。作曲は主にティモ・トルキがするんでしょうかね?アンドレやウリもいい曲を作るし、チームワークがうまく行けばかなりの名盤ができる可能性もあると思いますが…なぜか「期待するな」と心の声が(笑)

がんばれ、メロスピ界の落ち目オールスターズ!

>Endさん

化学反応を期待してうっかり共作などをしようとするとあっと言う間に爆発しそうな気がするので(爆発も化学反応の一種ですが:笑)、曲は各メンバー持ち寄りにして、センスあるプロデューサーに良い曲をピックアップしてもらう方がいいアルバムになりそうですね。

「期待するな」ではなく「期待しすぎるな」でしょうね、正確には(苦笑)。

ウリってHoly Mosesにもいましたよね?

>とある大学生さん

上のコメントのやりとりにもある通り、HOLY MOSESやRIDE THE SKY、MEKONG DELTAといった、ウリのキャリアにおける「メロスピ界の実績」と言えるような所属バンドはスペースの都合上割愛しております。