ERIKA / COLD WINTER NIGHT

erika01.jpg

スウェーデン出身の女性シンガー、ERIKAことエリカ・ノーベリのデビュー・アルバム。
先日レビューしたISSAの「SIGN OF ANGELS」の引き合いに出されていて思い出しました。

#9「Emergency」にかのイングヴェイ・マルムスティーンがギター・ソロで参加して弾き倒しており、本作発表後イングヴェイと結婚したこともあって(のちに離婚)、当時北欧メタル・マニアの間でちょっとした話題になり、次作「IN THE ARM OF STRANGER」は同曲をボーナス・トラックに「エリカ・マルムスティーン」名義で日本盤がリリースされたりもしました。

本作で展開されている音楽はいわゆるハード・ポップ、それもかなり洗練されたもので、母国スウェーデンでは最高13位を記録し、ゴールド・ディスクに輝いたというのも納得のクオリティです。

エリカ自身の歌唱は可もなく不可もなく、といった程度で、ハードさという点ではHR/HMファンには物足りないかもしれませんが、哀愁を帯びつつもバラエティに富んだコンパクトな楽曲群のクオリティは非常に高く、どの曲もすぐにサビを覚えてしまうほどキャッチー。

タイトル曲#6におけるKeyの使い方なんかは北欧ハード・ポップ・ファンなら胸キュン間違いなし。

「Prelude」という小曲で始まり、「Postlude」という小曲で終わるという構成もHR/HMファン好みですね。#4の曲終わりにちょっとしたインストのジャムっぽい小曲(?)が隠しトラック的に挿入されているのも面白かったです。

本作自体は日本盤リリースされていないものの、BURRN!誌上で広瀬氏と藤木氏がことあるごとに本作を名盤として紹介してきたこともあり、日本のメロディアス系HR/HMマニアの間では伝説の名盤としてかなり知られている。

ぶっちゃけ私も高校時代そのBURRN!誌の北欧メタル特集で興味を持ったものの、地元埼玉のCD屋では発見できず、意を決して行ってみた(埼玉の田舎の高校生にとって渋谷に行くのはそれなりに「冒険」でした:照笑)渋谷のタワーレコードでも見つけられず、Amazonもない当時半ば諦めていました。

しかし、高三の頃通った御茶ノ水の駿台予備校の夏期講習の期間、人生初めて立ち寄ったディスクユニオンのハードロック・ヘヴィメタル館(今より見つけにくい場所にありました)では普通に置いてあり、「ユニオンすげえ!」と感激したことを今でもかなり鮮明に思い出します。青春の一枚ですね(笑)。【86点】


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

歴代の奥さまの中で、彼女が一番良かった気が・・・(笑)。って大きなお世話ですよね(苦笑)。

>私はカイになりたい さん

そういう声はよく聞きますね>エリカ最強説
ただ、エリカも本作が売れて有名になった後、母国スウェーデンではワーストドレッサー賞に輝くなど、あまりセンスのいい女性とは思われてなかったみたいです(まあイングヴェイと結婚したくらいですからね…:苦笑)。

本作の後のアルバムを聴いても、あんまりお上品な女性という感じはなく、本作ジャケの北欧美人なイメージに日本人が騙されているような気もします(笑)。

いずれにせよアンバーもエイプリルもお上品とは程遠いタイプの女性ですし、イングヴェイの趣味がビッチ系であることは間違いないでしょうね(笑)。

昔のディスクユニオンのハードロック・ヘヴィメタル館は、確かに見つけ辛い場所にありましたよね。
しかも、薄暗い奥地にあるから、今以上に入り辛い空気があったように思えます。
当時は、あんましHR/HMに興味がなかったのですが、兄に連れられて何度か入った記憶があります。その頃は、この店に今後自ら入ることはないんだろうな~と思っていましたが…人生って分かんないものですね。
あ、ERIKA関係なくてすいませんm(_ _)m

>ここみんさん

たしかに女の子が入るような雰囲気の場所ではありませんでしたよね(笑)。
まあ、今も女性が入りやすい店とは言い難いですが…。

しかしHR/HMに興味のない妹をあんな場所にまで連れ回すとは、よほどメタルと妹が大好きなお兄さんなんですね(微笑)。

77分

近くにユニオンあったら破産していますね。
行きつけのCD-SHOPには最近スピリチュアルビーストの新譜があまり並ばなくなったが(泣)、
クリスタル・ヴァイパーはあったため購入、ボートラの一曲が一番秀逸でした。

最近は昔と違ってamazonの存在が大きいですね(輸入盤含めて)
メタルコア~スクリーモはほとんどがamazonです。
The Devil Wears Prada、Hopes Die Last、Dead by April、こいつらこれからかなり伸びそうな予感。

ところで本日発売のグレイヴ・ディガー、ダーク・ムーア、クレイドル~、マジック~まとめて購入。
BURRNのレビューではマジキンの新Voがラルフのような角張ったメタリック・ヴォイスと評していたので、結構楽しみにしていたが、蓋を開ければオラフ・ヘイヤーでした(えっ!!違う意味で驚き)
内容はかなり好印象、ネオクラ~メロパワの力作です。
鉄仮面の3rdより気に入りました(主観ですが)。

>フィンさん

今でこそそうでもないですが、大学生になって東京に毎日行くようになってからはユニオンにも簡単に行けるようになり、行く度に「鎮まれ!鎮まれ俺の物欲!」と自分に言い聞かせていましたね(笑)。

DEAD BY APRILのデビュー作は私も気に入っていますが、メイン・ソングライターだったギターが抜けてしまったのがちょっと不安ですね。

私はマジキン(この略称は一般的なんですか?:笑)のVoがオラフ・ヘイヤーだということは知っていて、むしろB!には何を今さら「ラルフ・シーパースのような」などとすっとぼけたこと言ってんだ?と思っていました。

私もまだサラッと1回聴いただけですが、イイ感じですね。
輸入盤は2枚組でさらに1曲多いみたいです。日本では2枚組だと売りにくいので強引に1枚にした結果77分になったようです(苦笑)。

探してみます

恥ずかしながら、初めて聞くアーティストです。
管理人さんが言うのだからきっと素晴らしい作品なのでしょう。
探してみようと思います。
私もマジック・キングダムは輸入盤(Limited Edition)を買いました。
特典が多い場合は国内盤とどっちにするか迷いますよね。

>学生メタラーさん

> 管理人さんが言うのだからきっと素晴らしい作品なのでしょう。

危険な考えですね(笑)。
いや、この作品はこの手の北欧ハード・ポップが好きな人にとっては名盤だと思いますが、OPERA MAGNAのようなパワー・メタルがお好みの学生メタラーさんにとっては…?

ましてや他人が「青春の音楽」なんて言っているアルバムは大方「思い出補正」で実際より良く聴こえているものですから、信用してはいけません(笑)。

私は基本的に国内盤派ですが、値段はともかくコンテンツの量自体が多いと輸入盤にも惹かれますね。
まあよほど好きなアーティストでない限りボーナストラックやメイキングDVDなんて必要ないのですが。

こんばんは。ISSAの引き合いとはいえ「COLD WINTER NIGHT」が注目されるのは嬉しいですね。それほど僕好みのアルバムなんです。ただ「COLD WINTER NIGHT」を期待して「SIGN OF ANGELS」の曲を試聴したらイメージと違ってたので「SIGN OF ANGELS」を買うべきか慎重になってますが。ISSAの注目度が高いせいか僕のブログで書いたERIKAの記事のアクセスが増えてるみたいです。
そしてadoreさんと「COLD WINTER NIGHT」との出会いが僕と似てて微笑ましかったです。僕は97年に中古でゲットしましたがAmazonもない当時、かなり探し回った思い出がよみがえりましたよ。僕が初めて足を踏み入れたB!に広告も出してるブルーベルレコードで「ブルーベルすげぇ!」と思ったものです。
余談ですがISSAとERIKAをAmazonで検索するとDA PUMPと沢尻エリカが出てくるんですよね(笑)

>よしよさん

このアルバムについてはそちらのブログで熱く語ってらっしゃいましたね(笑)。
ISSAのアルバムは、まあ「COLD WINTER NIGHT」そのものではありませんが、通じるものはなくもないですよ。よりギター・オリエンテッドでハードな作風ですが。

ブルーベルレコード、たしかにB!の広告で名前だけ知っています(笑)。さすがに行ったことはありませんが。

ISSAとERIKA、同名の日本人有名人がいるというのも共通点ですね(笑)。