SONATA ARCTICA 「 THE DAYS OF GRAYS」のチャート・アクション

ここ日本では賛否両論渦巻くSONATA ARCTICAのニュー・アルバム「THE DAYS OF GRAYS」の各国チャート・アクションは以下の通り。

フィンランド:2位
ドイツ:24位
スウェーデン:31位
日本:40位
ノルウェー:46位
オランダ:50位

本国フィンランドでは既にゴールド(15,000枚セールス)を獲得しているそうですが、これまで1位が当たり前だっただけにちょっと人気に翳りが出ているのでしょうか。

まあ、1位はLAURI TAHKA & ELONKERJUUなる現地のアーティストなので、どの程度勢いのある存在なのかわからず、もし彼ら(?)がフィンランドにおける「嵐」のような存在だとしたら「不可抗力」というか発売日設定のミス、という話かもしれませんが。

日本におけるランキングも全盛期に比べるとかなり微妙な感じで、上記は9月28日付オリコンチャートのものですが、洋楽ランキングに絞っても16位です。

まあ、この9月はビートルズのリマスター再発という一般洋楽アーティストにとっては「事故」あるいは「天災」のようなイベントがあり、SONATA ARCTICAの上に7枚ものビートルズ関連CDが並んでいて、実質的には全体で33位、洋楽チャート9位なのですが。

一方、欧州最大の市場であるドイツで24位まで上がっているというのはそれなりの成果なのではないでしょうか。

「原点回帰」するのはもう少し落ち目になってからかな(笑)。


◆ニュースソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=127816
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント