OUTRAGE / THE FINAL DAY (1991)

outrage04.jpg

2010年「最後の日」に何を書こうかなと思ったとき、昨日からの流れ的にこのアルバムかな、と思いました(笑)。

本作は1991年に発表された、OUTRAGEの4thアルバム。

90年代初頭のこの時期は、80年代にスラッシュ・メタルをプレイしていたバンドたちの多くが「方向性の見直し」を行なった時期である。

METALLICAなどの成功によってメタル・シーンにスラッシュ・バンドが溢れ返り、粗製濫造とマンネリがシーンに蔓延してしまったことに対する反動である。

その結果、みな一様にスピードを落として「ヘヴィさ」を強調し始めたわけだが、その大半は単につまらなくなって文字通り失速し、そのまま消えてしまったバンドも多い。

逆に、そのスタイルの変更によって大成功を収めたバンドもいる。
言うまでもなく「ブラック・アルバム」を発表したMETALLICAであり、MEGADETHの「COUNTDOWN TO EXTINCTION」もシフトチェンジの成功例のひとつに数えてもいいと思う。

そして、OUTRAGEのこのアルバムも、その数少ない成功例のひとつに数えられるべき名盤である。

個人的には、OUTRAGEは「日本を代表するスラッシュ・メタル・バンド」と認識しており、デビュー作「BLACK CROUDS」は欧米の著名バンドの名盤に劣らない優れたスラッシュ・チューンの宝庫だと思うし、個人的に一番好きな曲は2nd「BLIND TO REALITY」のタイトル曲である。

普通、そういう素晴らしい過去のスタイルを変えることはあまり歓迎されることではない。

しかし、本作に関しては、そのような「過去のスタイルへの未練」など吹き飛ばしてしまうだけのパワーがある。

プロデューサーに元ACCEPTのステファン・カウフマンを迎え、バンド史上初となる海外レコーディングによって制作された本作は、その事実から想像される通り、世界進出を見据えて制作された渾身の一作。

ドラマティックなイントロから始まる、スラッシーな勢いと構築美を兼ね備えた名曲#1「My Final Day」からゾクゾクするほどエキサイティング。

そして続く#2「Madness」のノリは、これを聴いて暴れたくならない人間はいないのではないかという麻薬めいた危険な中毒性があり、もはやメタルだパンクだという枠を超え、全ての激しいロックを好む人であれば必聴の一曲。

その他にも静と動の対比があまりにも鮮やかな#7「Veiled Sky」や、黄泉の国へと還って行く人間に対する弔いの歌を思わせるバラード#8「River」などの名曲を収録しつつ、90年代のトレンドをしっかり押さえたへヴィでダークな楽曲、パンク/ハードコアのエッセンスを感じさせる楽曲も収めた本作は、もしアメリカのバンドがこれをリリースしていたら一大センセーションを巻きこしていたのではないかと思わせる驚異的な仕上がり。

さらに言うなら、もしクリフ・バートンが生きていれば、METALLICAのブラック・アルバムはこういうスタイルになっていたのではないか、なんて妄想してみたり。

大げさかもしれませんが、日本のHR/HMバンドが生み出した作品で「世界レベル」に達した作品は他にもいくつかあれど、(商業的成果はどうあれ)HR/HMシーンにおけるその時代の最先端といえる水準に達したアルバムは本作だけではないかと思っています。


それでは皆様よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんか凄く聴いてみたくなりました^^
adoreさんにとっても良い年になることを祈ってます^^

今年もThe Final Dayですね

素晴らしいアルバムですよね。海外の雑誌でも採り上げられたらしいです。
そういえば今年のツアーファイナルでも海外のジャーナリストさんが来てましたよ。
私も「Madness」のグルーヴ感が一番好きです。ANTHRAXやPANTERAに通じるものを感じます。

世界基準といえば日本のSABER TIGERが来年Voを下山さんに戻して新作を発表するらしいです。なんでも「本気で世界を狙いに行く」のだそうでこちらも楽しみです。
2011年もメタル当たり年でありますように・・・Stay Metal!

>yu-kiさん

ありがとうございます。
直接の面識のない方にそう言って頂ける事はこういうブログを運営する冥利に尽きますね。

yu-kiさんもよいお年をお迎えください。

>学生メタラーさん

SABER TIGERは世界を狙うには一度時期を失した感がありますが、ポテンシャルのある人たちですので頑張ってほしいですね。

Stay Heavy.