FORGOTTEN TALES / WE SHALL SEE THE LIGHT

forgottentales03.jpg

カナダにおけるメロディック・パワー・メタルのパイオニア、FORGOTTEN TALESの実に6年ぶりとなるサード・アルバム。

何しろ6年、すっかり私の中では彼ら自体が「忘れられた物語」になっており、てっきり解散したものと思っていた。

しかし、実態としては1年間のオフの後DrとKeyにメンバー・チェンジが発生し(その後Keyは出戻っている)、そして本作の曲作りにじっくりと時間をかけただけで、07年にはいくつかライヴもこなし、09年にはSTRATOVARIUSのカナダ公演のサポートなども務めていたようだ。

彼らについては「明朗なメロディック・パワー・メタル」というイメージを持っていたが、本作では冒頭からそのイメージを覆すヘヴィでダークなサウンドが展開される。

ジャケットのアートワークもダークな感じ(チープだが)になっているし、「しっかりもののお姉さん」という雰囲気だった赤毛の看板シンガー、ソニア・パインオールトがタトゥーだらけのSM女王様のようなルックスに変貌していることもそういう「変化」を象徴していると言えよう。

この作風には、前作リリースからの6年間、創作活動の行き詰まりやメンバー・チェンジなどに悩まされたことなども影響しているようで、本作のテーマは「ダークで邪悪なオカルトの世界」らしい(ジャケットもチープだがそんな感じだ)。

むろんダークでヘヴィとは言ってもコア系のバンドのようなそれではなく、あえて言うならKAMELOTやICED EARTHといったバンドの雰囲気に通じるドラマティックで充分にメロディックなもので、そういう意味で音楽の基本線に変更はない。

ただ、こういうダークな世界を描くには正直サウンド・プロダクションの軽さが音楽の説得力を大きく損なっていると言わざるを得ない。

イマイチな曲もあるが、#2「Guardian Angel」や、#5「Diviner」のような楽曲にはこれまでにはなかったスケール感・本格感を感じるし、より表現力を増したソニア・パインオールトの情念に満ちたヴォーカルは素晴らしいだけに、この音質のチープさは惜しまれる。

なお、どうでもいいことかもしれないがディスクユニオンのオリジナル特典でもらったDVD-Rの内容が当たり障りの無いメンバーの挨拶と、前作に収録されていたCDエクストラ映像をそのまま流用したお粗末な内容で怒り心頭。割引クーポンにしとけばよかった。【77点】

◆FORGOTTEN TALESのMySpace
http://www.myspace.com/forgottentales2004



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

DRAGONLANDも気になる。

FORGOTTEN TALES3連発。拝見させていただきました。
私も同じく「忘れられた物語」になっていました。
時々は思い出していましたが(CD収納している棚を開けた時、目に入ることが多々あり)、、、
その分新譜が出ると聞いて、楽しみにしていました。
個人的には2ndが一番好きですね。
2ndのような雰囲気を期待していたので、仰る通り一聴したとき、
ちょいダークなサウンドに?、が後半の印象が良かったので、最後まで楽しく聴けましたね。
メロパワでもある程度キャリアを経たバンドが、ダークな路線に走ることはよくあることだとは思うのですが、あまり成功したといえる事例は、個人的には無いですね。継続的な路線変更は別として。
この手の流れは、聴き手を満足させることが目的というよりかは、
ある意味バンド内のモチベーション維持、創作活動の停滞打破のためであることに起因しているのですかね(それが、すべてではないにしろ)。
たしかに赤毛のVoのタトゥー。印象が変わった。
そろそろ、他のバンドの新譜で、ANGRAの「REBIRTH」の時のような衝撃的な作品に出会いたいとも思う今日この頃。

今作、う~ん悪くないけど、GOODというほど冴えてる気はしませんね。#5「Diviner」のイントロはカッコいいけど。
このバンドは、ジャケットがどれもRPGっぽい世界観で、すごく期待してしまうんですが、なんか一線を越える突き抜ける良さがなくて、肩透かしな印象です。
1stの#1イントロとか凄くいいのに、#2でその良さが保ててないって感じがするんですよね。2ndもそんな印象でした。ラプソのエメソみたいにドーンと来るインパクトというかパワーが足りない気がします。
でも、そうは言っても、4thが出たら、きっとまたジャケットに騙されちゃうんだろうな~f(^_^;

>フィンさん

この3連発をまともに読んでくださる方がいたとは驚きです(笑)。

メロスピ系のバンドが方向転換してより良くなった例ってほとんど皆無かもしれませんね(苦笑)。
まあこのバンドの場合、方向転換と言うほどの変化ではないですが、確かに前作の方が完成度が高かったですね。

>ここみんさん

イントロが好き、って、ここみんさんは本当にシンフォニックな装飾がお好きなんですね。
ただ、このバンドにラプソ並のクオリティを期待するのはちょっと酷なような気がします…(苦笑)。

しかもジャケットにだまされるって、最近クオリティの高いジャケットが多いこの手のバンドの中では彼らのアートワークは相当チープな部類に入るような…(笑)。

買いました!

私も買いました。
良い曲もあればそれほどでもないのも・・・といった感じです。
「Diviner」のイントロと「Howling At The Moon」のギターソロにはオオッ!と思いました。「Guardian Angel」「Angel Eyes」のような王道チューンもあるのにいまいち燃えないのはどうしてだろう?
ヴォーカルが一本調子(存在感ありますがそう感じます)でバッキングが淡白だからか(笑)
カナダはKAMELOTやRHAPSODYが人気らしいので、INSTANZIA共々頑張って欲しいですね。

>学生メタラーさん

学生メタラーさんはまだ学生さんなのにこのクラスのバンドまで買えるなんてお金持ちですねー。

裕福なご家庭のご子息なのか、おいしいバイトでもやっていらっしゃるのか、いずれにせよ羨ましいですね(笑)。

Voは「いかにもボイトレしてます」って感じの「教科書どおりな熱唱型」なので、一本調子に聴こえるのかもしれませんね。
それでも前作までよりはエモーショナルになったような気がしますが…。

彼らのデビュー時に比べるとだいぶカナダでもメタルの人気が上がっていると思うので、こういう若い頃苦労したようなバンドも報われてほしいですね。

今後に期待…出来るかな?

このバンドを知ったのはこのアルバムで、Youtubeで何曲か動画(って言ってもジャケ写ですけど)を観ただけなのですが、「Guardian Angel」を聴いた感触は「Kamelotっぽいかも」って感じで、個人的にはかなりツボでした。

1st、2ndは知らないのですが、根っからのメタラーでない僕にはひょっとするとこの作風の方があっているかもしれないです。
「女声版Kamelot」に化けてくれることを密かに期待してたりします(無理かw)

>けー坊さん

本作はある意味彼らのカタログの中で一番「メタルっぽい」ですよ。実は自分で思っているよりもメタラーなのでは?(笑)

「Guardian Angel」は個人的にも本作中のキラー曲ですが、これくらいの曲を量産できるようになってさえKAMELOTのあの深みに達するのは難しいでしょうねえ…(笑)。

NEGATIVEの「NEON」イイですよね(ブログ拝見しました)。

「女性Voだけど抜群の歌唱力」ってのが気になって(私は女性Voに対しては否定的なので、逆に評価できる基準を定めておきたい、という動機もあります)、1STと2NDの中古品を漁ってみたのですが、どうやら私の活動範囲内には出回ってないようですねー…それだけマイナーだってことでしょうか。

まあ、Encyclopeadia Metallumにレビュー四件しかないって時点でマイナーなことは分かりますが(笑)
でもそれを言ったらElegyは二件しかレビューないんですよねー(笑) ひょっとするとElegyより知名度高いんでしょうかね、このバンド。

カナダはコア系は結構たくさんいるので、過度な期待を寄せたりはしませんが、ダサカッコいい(肯定的な意味で)パワーメタルバンドの裾野を広げてくれるなら、個人的には歓迎できます。もっとも、パワーメタルは最近DIVINEFIREぐらいしかマトモに聴いてませんが。

あんまり関係ないですが、ダーク路線への変更の成功例としてはADAGIOなんかが挙げられる気がします。やっぱりDIVINEFIRE型のバンドですけどね…(笑)

>cthuさん

最近のADAGIOやDIVINEFIREが好き、というご趣味からして女性Voがお好みでないというのはなんとなく理解できますし、わざわざ好きでないものに対して知見を深める必要はないんじゃないですか?

嫌いなものを評価する基準なんて得たところで誰も幸せにしないということをこういうサイト/ブログをやってあらためて感じている今日この頃です(笑)。

ELEGYはFORGOTTEN TALESよりは有名だと思いますよ。
ただ、Webが本格的に大衆化する前に活動停止してしまったことがWeb上における情報の過疎化を招いているだけだと思います。

>adoreさん

いやあ、いつまでも女性Voに対して偏見を持っていて、そのせいで凄くいいバンドを見逃しちゃったら惜しいじゃないですか(笑) IN FLAMESの「DEAD END」の女性Voなんかは気に入ったりしたので、それとはまた違った形でお気に入りがほしいわけです。
勝手な理屈かもしれませんが、メタルを聴き始めてようやく三年半を迎えそうなぐらいの若輩なので、もっと色んなものを聴きたい欲が強い、というのもあります(笑)

これがスラッシュ、デス、ブラックの女性デスVoについてだとあまり気にしてないんですけどね。メタル聴き始めのころにARCH ENEMYの「DOOMSDAY MACHINE」を聴き込んでたら耐性がついてしまいました。

ネットが普及する前に活動停止したバンドなら、確かに情報の蓄積量は少ないでしょうねえ……ELEGYは「FORBIDDEN FRUIT」が好きなんですけど、何故活動再開できないのか、惜しい気がします。主戦場である日本のファンに嫌われたのがちょっと影響したのかな、と推測してるんですが。

>cthuさん

もっと色んなものを聴きたい、というオープンな気持ちがあるなら色々聴いてみるのもいいかもしれませんね。

今はネットを通じて色々な音楽が聴けるから、私みたいな「色々聴きたい時期」にネットがなかった人間にとってはうらやましいです。

てかメタル歴3年半なのになんでELEGYなんか聴いたことあるんですか?(笑)