GLAMOUR OF THE KILL / THE SUMMONING

glamourofthekill01.jpg

ポストBULLET FOR MY VALENTINEの呼び声も高い、イギリス北部の都市ヨーク出身の4人組、GLAMOUR OF THE KILLのデビュー・フル・アルバム。

結成は2003年で、当初はTHE RED ROOM THEORYと名乗っていたそう。2007年に現在のバンド名に改名してリリースしたデモEPが『KERRANG!』誌で10点満点を獲得する好評を博して注目を浴びる。

私がこのバンドを知ったのは2008年、『KERRANG!』誌の付録として企画されたIRON MAIDENトリビュート・アルバム「MAIDEN HEAVEN」に彼らによる「2 Minutes To Midnight」が収録されていたためで、そのカヴァーの印象が良かったので本作も購入してみた。

私などより新しいバンドに敏感な人たちは同じ2008年に発売された彼らの正式なデビューEP、「GLAMOUR OF THE KILL」をいち早くチェックしたようで、同EPは輸入盤オンリーにもかかわらず日本だけで5,000枚を売ったらしい。このご時世では相当なセールスであり、彼らに対する期待の大きさが窺われます。

本作で聴けるサウンドは、よく比較されるBULLET FOR MY VALENTINEに近いが、あれほどメタリックではない。Voの声質もあって、BFMVが初期に持っていたエモ/スクリーモのようなポスト・ハードコアの要素を強く押し出しており、キャッチーな要素が強いこともあってより間口は広そう。

BFMVに比べるとキャッチーな曲とヘヴィな曲の落差が大きく、この辺は今後のトレンドの流れ如何によってどっちにでも方向性を振れるようにしているのでしょうか。

もちろん普通のエモ/スクリーモ・バンドに比べればメタリックな要素が強く、だからこそここで取り上げてみたわけですが、所々かなりイイ感じのツイン・リードのフレーズが出てきて(#5とか#9なんか特にいいですね)、個人的にはその辺が聴き所。

日本盤ボーナスの#12もメタリックな要素の強い佳曲で、輸入盤と迷っている方には日本盤がオススメです。

騒がれているだけあって、新人バンドにしては曲がよく練られているし、08年時点にマイスぺで試聴してみた頃に比べると「まんまBFMV」みたいな印象が薄れて個性も出てきている。

ただ、個人的には騒がれているほどに「持ってる」感じは受けなかったというのが正直な所ですが、ぶっちゃけ私が「可能性」を感じたバンドというのは必ずしもブレイクしていないので(苦笑)、ひょっとしたら今後大きく飛躍するかもしれません。

個人的にはもっとメタリックな要素を増強する方向で飛躍してくれることを希望します。【81点】

◆GLAMOUR OF THE KILLのMySpace
http://www.myspace.com/glamourofthekill

※リーダー・トラックである「Feeling Alive」のPV(YouTube)


サビの「Losing Our Mind」が「ルーシーおっぱい」に聴こえて仕方ない件。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

パワクエはそれなりに、テラプリマはgood。

年を越して、もう2月なんですね。早すぎです、仕事に疲れ気味はぁ~。
メタル界はニュー・ジェネが次々出てきますね(これはHR臭が強いですが)。今更冷静になって昨年を振り返ると、個人的ベタ(ー)5は、
エルベイティ「エブリシング・リメインズ」(エクリブリウムよりも良かった、、、と思う)
シャーマン「オリジンズ」(個人的にANGRAよりも良かった)
エインシェント・バーズ 「ジ・アライアンス・オヴ・ザ・キングス」
エクソダス「エキシビットB:ザ・ヒューマン・コンディション」(スラッシュでは群を抜いていた感がある、若手の台頭が著しい中で)
ダーク・トランキュリティ「WE ARE THE VOID」(ブラックメタルにも通じる冷たさが心地よい)でした。

他にもブラガ、ガルネリウス、キャメロット、グレイヴ・ディガー、NEVERMORE、RRのラストとなる作品「トリニティ」、マジック・キングダム等良作が多かったですね。
またGAMMARAYのBESTは凄かった。
時間が経ってもいいものはいいという、燃える作品2010の代表格となった。その真逆がDOKKEN。
期待のANGRA、HELLOWEENは楽曲のレベルは高いがいかんせん期待しすぎました。
エクストリーム系では、ダーク・フューネラル、NILE、ディム・ボガー、クレイドルオブ~、ドス、ブレイン・ドリル等が良かった。メジャー級では、
RATT、ALLTHATREMAINS、DISTURBED、IRONMAIDEN、KORN、MR.BIG、ACCEPT、SCORPIONS等
どれも素晴らしいが、ただしACCEPTが頭ひとつ抜け出していたと思います。
B級ではデリリオンとダーディアンとサウロロッドが良かった。
ラプソディ(復活)とラビリンス(原点回帰)は素直に高評価。
今年はどうなるんですかね、とりあえずこれからHIBRIA聴きます。

レ~セ~デ~ヴィステ~なんと~か~

ただの一つもエントリーに関係ないコメントで恐縮ですが、RECEDIVEのレビュー中の「Andu Ou Demon」は誤植では?

またこの手のバンドか。とPVを見て思ってしまったのが正直な感想ですね。
リスナーの拡大もいいですが、エモエモな情けない歌唱と全く印象に残らない歌メロを聴かされたり、そういうのを「期待の超大型新人」として売り出されたくはないです。
まあ、BFMVが受け入れられない人間の言うことですが……

確かにBFMVの影響がはっきりとわかりますね
しかし演奏のレベルに関してはまだまだ、といったところでしょうか・・・
ギターソロはハモリのメロディが始まり、これから本番か!?と思ったところで終わってしまうのが残念でした
ポストBULLET FOR MY VALENTINEになるには、もう少し演奏を充実させてほしいところです

まとめてお返事

>フィンさん
たしかにGAMMA RAYのベストはある意味今年の裏ベストだったかもしれません(笑)。
私も現在HIBRIA聴き込み中です。


>伊豆さん
ご指摘どうもありがとうございます。修正しておきました。


>cthuさん
90年代、メタル的な要素を持ったバンドがメインストリームから排除されていた時代に青春を過ごした者としては、こういう多少なりともメタル的なバンドがもてはやされるというのはそれだけで嬉しくなってしまうんですよね(苦笑)。


>名も無きメタラーさん
たしかに演奏は上手くありませんし(BFMVも決して上手くはありませんが)、BFMVよりあっさりしてますが、だからこそ一般人にはとっつきやすいかな、という気もします。

正直今のままでは世界的ブレイクには至らないとも思いますが…。

演奏技術が上手くないだのなんだのと
所詮聴くだけ、消費するだけの人間が偉そうに言うなよ。
音楽好きに多いが特にメタルを聴く奴
音楽聴いて作曲するのか?演奏するのか?
それとも評論家として飯を食うのか?
そうじゃないなら『音楽を聴く』行為は全く無意味
ただの娯楽に過ぎない。
それなのにこんな音楽を聴いてる、
評価できてる俺は凄い。なんて勘違いしてないか?
音楽を一万曲聴いた人間よりも、10の曲を作り、演奏し売り出すことのできる
人間が音楽が好きな人間としてどれだけ位が高いか
それを頭に入れとけ。
所詮聴くだけの人間。買って、聴いて、必要以上に褒めてりゃいいんだよ
上から目線の評価や、好き嫌いの御託はどーでもいいが
良し悪しを語れるほどの人間じゃないことに気づけ
ムカつく

結構好き

BFMVは好きなので、受け入れやすい音楽性ですし、より軽快でノリが良い印象で聴きやすくて結構気に入ってます。
ボーカルとってる2人は顔も良いし、こういうバンドがメタルのファン層を開拓してくれると嬉しいのですが、この手のバンドのファンがメロパワやゴシックなんかに興味を持ってはくれないんだろうなぁ…

>名無しさん

まったくおっしゃる通りですね。
何やら気分を害されたようですみませんでした。

>けー坊さん

キャッチーで聴きやすいですよね。

このバンドにハマった人がそのままメロパワやゴシックのファンになるかどうかは微妙ですが、こういうバンドが売れることでメタル(的な音楽)に対する興味を持ってくれる人を増やしてくれれば、中にはメロパワやゴシックにたどり着く人も出てくるんじゃないか、と期待していたりします。

私は「所詮聴くだけの人間」で、上から目線で評価しようとは思いませんが(笑)、こういう系の音楽は苦手だとはっきり気付きました。

かなり保守系なのかなぁ。ギターフレーズには「おっ」と身を乗り出す部分もありましたが、ボーカルがちょっと・・。

苦手なら偉そうにコメントするなって怒られますね(笑)

管理人さんのレビューはいつも参考にさせていただいています!これからも「人柱的」レポート期待してますね(笑)

今のところ今年はストラト、ヒブリアと個人的には2連敗といった感じです。これからに期待っす!

私には

あまり個性を感じられませんでしたが、これからが楽しみなバンドですね。
メタルへの入口…にはならない気がしますが…

私もBFMVが上手いとは思いませんし、
昨年のアルバムも個人的にはハマらなかったです。

この手のバンドに『上手い』というイメージは付かないのでは?


ショーケースに並べたものに
「良い良くない」「美味しい美味しくない」「上手い上手くない」はアリでは?
ただ創った人間(たち)の成熟さ、意向を理解(しようと)した中で…と、私は思ってますけど。

adoreさんは語っていい方だと思って拝見させてもらっています。

『ムカつく』からコメントを残すということをしたことが無かったので、私の『ムカつく』デビューです。
名無しさんのコメントに『ムカつき』ましたので。

人間に位(くらい?)などありません。

LIV MOONのアルバムの時にもコメントさせてもらいましたが
妄信的なファン、世評に流されず、これからも感想を書き続けてください。楽しみにしています。
(個人的にはアンヴィル以前の切り口に戻っていただいてもオッケーですけどね)

>black&greenさん

人にはそれぞれ好みがありますからこれ系の音がダメでも別に問題はないと思いますよ。
私はたまたまこれ系の音もイケるので取り上げてますが。

人柱…になるつもりは全くないんですけどね(苦笑)。
期待値を下回ることはあっても、そんなに大外れを引くことは最近はあまりない…はず(笑)。

>Johnさん

売れればメタルへの入り口になりえると思ってますが、まあ確かにこのバンドはBFMVなどに比べてメタル成分は低めですね。

私は曲の良し悪しを重視するので、演奏の上手い下手についてはそれほど問題にしていないのですが。

私が「語っていい」人間なのかどうか、そもそも娯楽について「語ってはいけない」人間なんているのかどうかということはさておき、暖かいコメントどうもありがとうございます。

「名無し」のコメントに頭にきた

プロ(スポーツ選手であろうが、ミュージシャンであろうが)はお客さん(消費者)に評価してもらってなんぼのもんでしょうが。
あなたは野球ファンやサッカーのサポーターにも「偉そうな口叩くなら自分でプレイしてから言え」と言うのですか?
評価されたくなかったら人前で演奏したり、作品を発表しなければ良いだけのこと。
私はこのサイトの幾分辛口?なレビューは好きだし、あくまで他人の意見として参考にさせて頂いてます。これからも無理せず、続けていってほしいです。

どうせ厨房か工房の2ちゃんねらーの仕業でしょう(笑)
そんなに我慢ならないのなら、◯mazonにカスタマー・レビューの廃止を訴える抗議の電話でも一本入れて下さい(笑)

>学生メタラーさん

あのコメントを残された方は当ブログの名無しデフォルト表記である「名無しのメタラーさん」からわざわざ「メタラー」の箇所を削除しているような方ですから、何かの拍子で本来見るはずではないページを運悪く開いてしまっただけだろうと思われます。

なので学生メタラーさんがいくら正論を書かれても残念ながら書いた当人はお読みにならないと思いますよ(苦笑)。

いずれにせよ、わざわざこのサイトのために憤っていただきありがとうございます。
ネガティヴなことを言われることもありますが、応援・擁護していただくことも多いので、これからもマイペースで続けていこうと思ってます。