BURRN!11年4月号の感想

burrn1103.jpg

表紙はデイヴィッド・カヴァデールで、巻頭はWHITESNAKEのロング・インタビュー。
アルバムは買おうかな、と思ってますが、正直こんな長い記事を読もうと思うほどには…です。

表2の広告はロードランナーで、キングが降りた今となってはこのレーベルがレギュラーで入るべきかもなあ、などと思ったり。

今月号の目玉(?)は何と言っても読者人気投票結果発表。

まあ、概ね「予想通り」な結果ではあります。
ヴォーカリスト部門がロニー・ジェイムズ・ディオになることは100%確実だろうと思っていましたが案の定でした。

ベスト・アルバムがMR.BIGになるであろうことも、まあ予想通りというか(苦笑)。
グループ部門も含め、IRON MAIDENよりMR.BIGが上位に来るメタル雑誌というのは世界中でBURRN!だけでしょうね。別にそれが悪いとは言いませんが。

A7Xの「Nightmare」がベスト・チューンというのは少々意外でしたね…。
あのアルバム内だけでももっと他にいい曲があるような気はしますが、昨年はメジャー系のアーティストに「これぞ!」という名曲がなかった年かもしれません。

アルバム部門でもA7Xが2位でBFMVが3位と、多少「若返り」があったのはいいことなんじゃないですかね。

一方でまさかかつてMR.BIGに次ぐ「ビッグ・イン・ジャパン」で知られていたイングヴェイ様のアルバムがEXODUSやOVERKILL以下の順位とは…これもまた時の流れですねえ。

アルバム部門でGALNERYUSが5位、ソングライター部門でトビアス・サメットが1位というのもある意味驚きでした。

しかし最大の謎はグループ部門13位のHEAD PHONES PRESIDENT。
アルバム部門5位のGALNERYUSやブライテスト・ホープに輝いた話題のALDIOUS、そしてANTHEMやOUTRAGEといったベテランを押しのけて国産バンド最高位ですよ。

前田記者がファンなのは嫌というほど知っていますが、逆に前田氏以外に好きという人を見たことがなく、特にBURRN!誌読者ウケするサウンドとも思えないだけに、全く実感のわかない順位ですわ。

各編集部員のチョイスについては、各人2、3枚ずつ私のセレクトと被っている感じ。
しかしまさか藤木記者とGALNERYUSはともかくVERSAILLESまで被るとは…。しかもNEGATIVEのアルバムからの選曲まで被ってる。

奥野記者の「曲単位でCD/レコードを聴く習慣はあまりないので」という言い草には失笑。
例えアルバム単位で聴いていても好きな曲、そうでもない曲の判別くらいつくでしょうに。

まあこの人は膨大な数の古いアナログ盤を聴き漁っているようですから、新譜は1回流し聴きして終わりなのかもしれませんが。
いずれにせよアティテュード表明というか、ポーズ作りお疲れ様です。

ページを捲ると、前回のエントリーで取り上げたDRAGONFORCEの新ヴォーカリストの件が報じられている。
この号に掲載が間に合っているというのことは、少なくとも2週間以上前に決定していて、リリースのタイミングを待っていたということですね。

「今月のおすすめ」で広瀬編集長はIRON MAIDENは1stか3rdから聴いてみよう、という「指導」をしていますが、個人的には最近の若い人にはその2枚は古臭いんじゃないかなあ、と思います。

ぶっちゃけ、私も今でこそ両方とも大好きですが、高校時代に初めて聴いたときには「古臭い音だなあ」と感じました。
80年代後半以降のハイファイな音に慣れている人には6th「SOMEWHERE IN TIME」か9th「FEAR OF THE DARK」の方がすんなり入れると思うのですが、どうでしょう。

まあ普通にベスト盤とか、あるいは「FLIGHT666」のような映像作品から入るという方が正攻法かもしれませんが。

SYMFONIAのティモ・トルキ&アンドレ・マトスのインタビューは、まあ予想通りの内容というか。レビューを読む限りでも「予想通りの音」らしいですが、まあこちらとしても「予想通りの音」を求めているので別段問題はなく。

アルバム4枚の契約、云々に関してはREVOLUTION RENAISSANCEの時にも同じようなことを言っていたので、あまり真に受けない方がいいでしょう(笑)。

WITHIN TEMPTATIONは、写真だけ見るとどうしちゃったの? という感じ。
あまり柄でもないようなことはやらないほうがいいと思うのですが、まあアルバムを聴いて判断しますか。

後半、MY CHEMICAL ROMANCE、HEAD PHONES PRESIDENT、LIV MOONと、それぞれ大野記者、前田記者、藤木記者という編集者の趣味でカラー見開き掲載されていると思しき面々を「この雑誌にしては新鮮味がある」と解釈するか、「編集者の趣味出し過ぎ」と解釈するかは読み手次第、でしょうかね。

とりあえず今月個人的に一番の収穫(?)は、ずっと疑問に思っていた「BURRN!にたまに付いてくるステッカーに、なぜ切れ目が入っていないか」という長年の謎が編集後記で明らかにされたことです(笑)。

◆発行元であるシンコー・ミュージックのWebサイト
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=2175011104
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大ティモ「ハグしてもいいか」 小ティモ「(いやマジ勘弁)握手で」

WITHIN TEMPTATIONには私も驚きです(ちょいとイメージが変わった)。でもどんなアルバムになるかちょっと楽しみ。
個人的には、「編集者の趣味出し過ぎ」の感。
もっと取り上げてほしいと思うバンドは正直たくさんありますし。
3/9はW・S、M・H、SODOM(日本盤)、PASTOREが出るのでいきなりクライマックスを迎えそうです。
今月唯一90点のパストーレ、実際どうなんでしょう、ちょっと期待。
SYMFONIA、DIVINEFIRE、ARTILLERY辺りには私もadoreさんと同じように「予想通りの音」を求めています(笑)。しかしD・F楽しみだな~(インタビューないのが残念でしたが、新曲7曲って、、、)

HEAD PHONES PRESIDENTの13位は自分も疑問に感じました。

普通の記事ならともかく、読者参加型の投票でこういう事をされてしまうと、正直あまりいい気分がしません。

HEAD PHONES PRESIDENTというバンドに対しても、悪い印象を持ってしまう読者の方が出てくるんじゃないでしょうか?

「だったらBURRN!なんて読まなければいいだろ!」と言われてしまえば何も言い返せないのですが・・・(苦笑)。

今月はかなり辛い・・・

SYMFONIA、ARTILLERY、DIVINEFIRE、VICIOUS RUMORSが気になりますね。レビューにはないですが、9日にSTORMWARRIORやシュラプネル再発も出ますし。
PASTOREは何曲か聴き、Voは良いが演奏が・・・といった感じです、広瀬(笑)
シンフォXはまたもや発売延期のよう。
読者投票は中堅・マイナーどころが好きな私にはあまり興味の引く選出はありませんでした。adoreさんやKohさんの方がピンときますね。

でもドラフォの新Voの記事で刺激を受けたアルバムが一枚残らず私が好きなアルバムだったところが嬉しかった。しかも好きなアルバムがAQUARIAの1stにミケーレ期VISION DIVINEって通すぎるセレクト(笑)いやー、こういう「メロスパーですが、何か?」って感じの人好きだ(笑)

HPPのゴリ押しっぷりにドン引きしました(笑)
色んなCDショップ見てますが、特に推してるのを見たことないし。

LIV MOONの広告にはドキッとしましたが(^^ゞ

SYMFONIAはとりあえず楽しみにしてます♪

それにしても藤木さん…GJでしたね(笑)

僕はバンドのCDを初めて聴くときに1stから手に取ることが多いのもあって、IRON MAIDENを初めて聴いた時は1st~3rdをレンタルで借りて聴きました^^
その時の印象が『エッジが聴いててカッコいい。音質なんて気にならないくらい!!』って感じだったので、それからしばらくIRON MAIDENを聴き漁っていた時期があったのは良い思い出ですw

WITHIN TEMPTATIONのは正直気持ち悪かったですね・・男性陣がAV男優みたいやったw

それ言ったらLIVさんも相当ですけどねwまああっちはむしろ歓迎ですがねッ

HPPに関しては僕も違和感がしました。好きなバンドなんで余計残念です。

後はマリオ・パストーレのごつさ(特に腕)とハーマンのイケメン度に爆笑、と言ったとこですかねー

adoreさん、こんばんは。
こちらの記事を拝見して、HEAD PHONE PRESIDENTが
13位にいることに気づきました(笑)
(昨年の24位というのも驚きに値する順位ですね…。)
あと、BON JOVIのベストがアルバム部門で11位というのはどうなんでしょうか。
読者がガチで入れているなら、この雑誌(&日本のメタル業界)
の未来は暗いんじゃないかと、ちょっと不安になりました…。

IRON MAIDENはCATHEDRALよりも後に聴いた気がします。cthuです。

個人的に、メイデン初心者には「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」がオススメではないかと思います。近年の気取ったプログレッシブさがなく、スッキリしたサウンドなので。「FEAR OF THE DARK」はちょっとブルース・ディッキンソンが暑苦しすぎかな(笑)

一回、紙面の若返りを目指してブルデス・テクデス・デスコア系の特集を組んではどうだろう? と思う今日この頃です。でも、俺得にしかならなそう(笑) B!誌の読者の大半は読み飛ばしそうですし。

まあ、ACES HIGHがあるというのはデカイけど。

メイデン入門はほとんどのメタルファンが一時間以上語れる話題ですね、たぶん。

個人的には、やはりブルース期のアルバムを選ぶのがベタだと思いますが、よく勧められる3rdや5thはアルバム全体の完成度としてはそんなに高くないと思うので、「サムウェア・イン・タイム」を勧めることにしてますね。
このアルバムはメロスピ的な分かりやすいカッコよさを持った曲が多いですし(もちろん、真の理由は、僕がこのアルバムが一番好きだからです(笑))。

アンセムのアニバーサリーライブが素晴らしかったので、もうちょっと投票してやってほしかったんですが、残念。

僕はメタルの聴き始めにMAIDENの3rd、その後5thでしたが問題なかったです。Invaders , 審判の日にヤラれました。

ちなみにX JAPANとかからメタルに移ったときにプリーストのPainkillerに手を出しましたが、あの衝撃は今でも忘れられません。
なんだあのヴォーカルって(笑)

謎!

ずっと疑問に思っていた「BURRN!にたまに付いてくるステッカーに、なぜ切れ目が入っていないか」という長年の謎…これ、以前からすご~く気になっていたのです!
こっそり教えてください。。。(笑)

お初です。
今月のB!読者ランキングの首位には納得ですw
メタリカ最高!
ヘッドフォンにの順位にはそんなに驚きはないですよ。
タワレコで押してるの見た事ありますよ。かなりでかい看板と洋楽コーナーで大きく展開されてましたよ。ちなみに俺も1枚音源持ってますw アゴニストの来日の時ゲストで出てて良かったから財布のヒモゆるめましたw 結構ファンいるバンドだと思いましたけど。
ステッカー俺もずっと謎でしたw

まとめてお返事

すごいコメント数…さすがみんな大好きBURRN!の記事。

>フィンさん
PASTORE、ちょっと試聴した感じではPRIMAL FEARみたいですね。Voのルックスも(主に髪型的な意味で)ラルフ・シーパースにそっくりですし。
ただ、リリース元のハイドラントは新興ながら毎月キッチリ2ページのカラー広告を入れているので広瀬編集長の評価は甘くなっているのではないかと疑っています(笑)。

DIVINEFIREは、復活の早さといい、新曲の少なさといい、なんかちょっと微妙な雰囲気を感じます…。


>名も無きメタラーさん
「こういうことをされてしまうと」って、すっかり捏造扱いですね(笑)。
もしかするとファンが組織票を投じたのかもしれないじゃないですか(あまりフォローになってませんが)。


>学生メタラーさん
読者投票は人気投票ですから、ある程度確立された個人の嗜好にマッチした結果にはなりませんよ。

DRAGONFORCEの新Voの好きなアルバムのチョイスはガチでしたね。
BEATLESが、とかLED ZEPPELINが、みたいな見栄を張らないあたりが潔くていいですね(笑)。


>珍獣メガネコアラさん
LIV MOONの広告は、単なるジャケ写ですが、目を引きましたね。
思わずページを捲る手が止まりました(笑)。

藤木氏のあの編集後記コメントはこれまでで一番有意義なコメントだったかもしれません(笑)。


>yu-kiさん
1stから手に取るなんて律儀なんですねー。私はメチャクチャな順番で聴いた気がします。
まあ、ということは広瀬編集長の薦め方もあながち間違いではないんですねえ。


>まっつんさん
AV男優って(笑)。まあでもなんとなくわかる気がします。なんか微妙にチープなんですよね。

しかし初めて前田記者以外でHPPが好きだという人に会いました(笑)。そんな好きな人にさえ違和感を覚えさせるというのもどうなの、って感じですが…。


>marochikuwaさん
たしかに昨年は私も気づきませんでした(笑)。しかし13位まで上がって来られるとさすがに目につくというか(苦笑)。

BON JOVIのベストが11位ってのはたしかにアレですよね(苦笑)。
でも私は真面目な話、BON JOVI以外HR/HMを聴かない、BON JOVIが載っているときだけ買うBURRN!読者というのは実在すると思っています…。
投票ハガキの付いていた号にもBON JOVIの記事がありましたしね…。


>cthuさん
「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」はたしかに聴きやすいですが、逆にクリーン過ぎてメイデンの本質を伝えられないような気がするんですよね(笑)。

デスコアの特集は昨年か一昨年くらいにあった気がしますが、ブルデスやテクデスは確かにないですね。目玉になるような人気バンドが出てくればやりやすいのでしょうけど…。


>伊豆さん
私も「SOMEWHERE IN TIME」が一番好きですが、今回のツアーではこのアルバムからは1曲もチョイスされてないんですよねー(苦笑)。

ライヴはどんなに良くても行った人数が限られているので、その年にアルバムを出してないアーティストは投票ではキツいんじゃないですかねー。


>naokiさん
音質が気にならなければ全く問題はないですね(笑)。実際3rdは名盤ですし。

「PAINKILLER」は初めて聴くと衝撃的ですよね。人によってはトラウマになりかねないほどに…(笑)。


>ヴィクトリアさん
今書店で売っている号に書いてあるんですから立ち読みしてくればいいのに…と羞恥プレイ(?)を強いるのも大人げないのでこっそり教えると、店頭で自分の好きなバンドのステッカーだけ剥がして持っていくセコいプチ窃盗犯への対策だそうです。


>メタ嬢さん
初めまして。嬢と名乗りつつ一人称が俺…少なくとも心は男性ですよね(笑)。

METALLICAが1位であることに疑問がある人はほとんどいないと思います(笑)。

ただHPPに関してはTHE AGONISTが全くランクインしないのに前座(?)のHPPがランクインしているという時点で個人的には不自然さを感じるのですが(笑)、そもそもあの手の音楽性のバンドのファンがBURRN!の人気投票ハガキをせっせと書いている姿が想像できないのです(笑)。

今年に入ってからもずっと聴いているヴィンス・ニールのソロはランクインしてませんでした。カヴァーアルバムですしそんなものですかね。
CATHEDRALはアルバムジャケット部門のみか…連載を持っているリー・ドリアンの心境やいかに。
NEGATIVEも、読者投票では影も形も無し。WARNERと契約した勝負作でしたがアメリカでは売れたのかな。

IRON MAIDENについては、ライブ映像を見るのが入口としては手っ取り早いと思います。「最高峰のライヴ・バンド」「肉体派っぷり」「理屈じゃなく身体で感じるもの」などと言うのなら尚更。
というか編集長自身がまさに「書斎派」じゃないのという気もするのですが。

あとステッカーに切れ目を入れなくなった理由は、以前にも何回か誌面に出ていたように思います。海外のメタル誌には企画CDが付いたりするのに比べてこちらはステッカー…。
まあCDを付けたりすると値段も上がるでしょうし、かさばりもしますし良いことばかりではありませんけど。

初めまして。
いつもブログとサイトを拝見しています。
メタルを聞き始めて1年半の初心者メタラーに、このサイトはとても勉強になります

burrn!を読んでいて気になったんですが、レビュアー(編集部員)の方々の嗜好や、傾向ってわかりますか?
いちおう信頼している人は、同郷の伊藤さんです。 

これからもサイトや、ブログの更新頑張ってください!

連投申し訳ない

>>「広瀬編集長の評価は甘くなっているのではないかと疑っています」
いやぁ、そうなんですよね。表向きには「期待」と言ってはみたものの、私も4曲くらい視聴してたんですが、ぶっちゃけ一曲目の 「The Price for the Human Sins」はインパクトが強く、よかったんですが、それ以外はメロ含め、正直ぱっとしない感じで、、、
(勿論全曲視聴したわけではありませんし、私個人の主観なのでなんともいえませんが、ただし90点は、、、)
adoreさんの意見を聞いてやっぱりかと(笑)。
そういうわけで、まだ買っていません。ドリーム・シェイドが想定外に良かったのでそちらを現在聴いています。同じ時期に出たダーケスト・アワーよりもいいかもしれません。
ソドムは発売が4月になったみたいですね。
こんなに延びたら私以外は輸入盤買うでしょう。

みんな大好きBURRN!!(笑)

4月号といえば人気投票結果発表!

VO部門のR.J.DIOは当然(COZYのときもそうだった)ですが、G部門が王者YNGWIEでは無いのは時代を感じさせます。

MR.BIGが強いのはBURRN!!の顏だから当たり前か(笑)。

子供騙しのステッカーはもう良いのではないかと思いますがどうですかね?

SYMPONIAはレビューを読む限り、こてこてのメロスピが期待が持てそう。

そしてSYMPONIAもそうですが、VICIOUS RUMORSのALBUMジャケもまた良い感じですね。

最後に私はLED ZEPPELINの良さは20代半ば、THE BEATLESの良さは30代半ばを過ぎてから判るようになりました(笑)。

まとめてお返事2

>OBさん
ヴィンスのソロ、聴いた人の評判は結構いいみたいですね。
やはりカヴァー・アルバムというのが今ひとつ興味を引かなかったんじゃないでしょうか。

リー・ドリアンは素人による「人気投票」などを気にする人ではないでしょう。

NEGATIVEが売れたという話は全く聴かないので、きっと売れなかったんだと思います…残念ながら。

ステッカーの切れ目の理由、出ていたんですか。
ちゃんと隅々まで読んでいないことがバレバレですね(笑)。

広瀬編集長の「書斎派」云々の話は私も苦笑しました。
アンタ以前自分で「ライヴに行くより家でレコードを聴いているほうが好き」って誌面でハッキリ書いてたじゃん、と。

海外のメタル雑誌はサンプラーCDが付いていても安いんですよね。
CDのプレス代が日本より安いんでしょうか。


>burrn!創刊時、母が13歳 さん
はじめまして。HNは…要は若いぞ、ってことですか?(笑)

B!のレビュアーの傾向や嗜好については、ある程度の期間読んでいる方なら皆ある程度感じ取っているんじゃないですか?

私は私なりに「この人はこういう人だろう」と思って読んでいますが、それについて詳しく書こうとするとブログの記事が1本書けてしまうので、ちょっとここでは書きにくいです(笑)。

今月号の年間ランキングにおける各レビュアーさんのセレクトを見ればある程度傾向がわかるんじゃないですか?

伊藤政則氏は大御所ですし、知識の豊富さ、経験の長さなど信頼に値する方かもしれませんが、音楽の感性については本当に人それぞれなので、「信頼」はほどほどに、「参考」にするのがいいと思いますよ。「だまされた!」なんて逆恨みをすることにならないためにも…(苦笑)。


>フィンさん
と言いつつ、なぜか買ってしまいました。PASTORE。
まだ未開封ですが…。

DREAMSHADE、B!の輸入盤チャートで1位になっていたくらいですから、きっと良いんでしょうね。


>ゆうていさん
嫌い嫌いも好きのうち。

BURRN!のステッカーの必要性については、このブログで何度も疑問を呈してきました。

まあでも中には「自分は切って使っている」という方もいらっしゃったので、別にいいんじゃないですか、あっても。
無くなってもそれほど抗議は来ないような気もしますが…(苦笑)。

HN変えました。若さ自慢のつもりじゃなかったんです(汗)不愉快でしたらすいません。
でも、母はHELLOWEEN/STRATOVARIUSの仙台公演に行った一応メタラーです。ラウドネスを昔聞いてたみたいで、僕のメタルの入り口もXとラウドネスです。

メイデンのお話に首を突っ込むと、僕らはROCK IN RIOのDVDをみてメイデンに目覚めました。何万人の観客、ブルース、ハリスのアクションに圧倒されました。

編集後記を書いてらっしゃる人達はなんとなく分かるんですけど、買おうと思っているLIV MOONのレビューされてる人とかは、未熟者には読めないんです(苦笑)

連投失礼します

メイデンを1st~3rdで知りました。なので、今回の編集長のコラムには悔しくも(?)共感(笑)特に“Prowler”は洋楽メタルに目覚めるキッカケとなった一曲です。
私はレビュワーでメロパワを支持しているのが藤木氏と羽田氏だけなのが少し残念。優れた作品でもその他の人は良くて80点代前半という感じで・・・。もうちょいメロディ派の若い人入れてほしい。

以前から気になっていたのですが、CELESTYの2009年作はレビューされないのですか?一皮むけた印象の良作だと思いましたが。

>B!13さん

全然不愉快じゃないですよ(笑)。自分より若い人(というか自分と世代の違う人)に読んでもらえるのは嬉しいです。

「ROCK IN RIO」のDVDには圧倒されますね。あれを観てもらえばメイデンの凄さは一発で伝わるでしょう。

とはいえ、まあ普通の人にとっては「お試し」でいきなりDVD、ってのはちょっとハードル高いでしょうね。
私自身「最初に買った一枚」がいきなり映像作品だったアーティストというのはほとんど皆無ですし(笑)。

LIV MOONのレビューをされている土屋さんは、V系を含む日本のHR/HMに好意的な人だな、という印象ですが、たしかに音自体の好みは読み取りにくいですね。

>学生メタラーさん

私よりお若いようなのに洋楽メタルに目覚めるきっかけがIRON MAIDENの1stとはなかなかのサラブレッドですね(笑)。

BURRN!編集部は人件費的にもうこれ以上人は増やせないでしょう。誰か辞めない限り…。

藤木氏にせよ羽田氏にせよ、メロスピに理解はありますが、メロスピが一番好きというタイプではなさそうですし、そういう「メロスパー」なライターさんは編集方針として意図的に起用していないのではないかと思っています。

CELESTYの最新作、以前良い作品だからレビューしてくれというメールももらったことがあるような記憶が…。
なんか「買い時」を逃しちゃうとそのままスルーしちゃうんですよね…なんせ聴きたい新譜が次々とリリースされるので…。

機会があれば聴いてみます。